« 2011年12月 | Main | 2012年02月 »
300と48
昨年、『300年のスタンス』という投稿で、ちょっと触れた内容ですが

2月1日から東京ビックサイトで開催される  第46回 スーパーマーケット トレードショー2012にて

今年で300周年を迎える 国内最大手の食品問屋 国分株式会社様の出展ブースに関する

クリエイティブとディレクションを担当させて頂きました。

300周年記念の最初のイベントとなる 今回の出店は

ブーズの大きさも約1,500uということで 実際のスーパーマーケットの大きさに近い巨大なブースものとなっておりますし

昨年からジックリ時間をかけて考えた展示内容には

アパレルのVP的な要素も取り入れた展示内容となっておりますので

お時間がある方は、是非ご来場ください。

明日の施工現場の状況も、了承を頂きましたのでUPしますね。

また、来月からはAKB48のオフィシャルショップとの取組が本格始動することが決定しました!!

今年もご協力いただいている皆さんのお陰で、お仕事の領域を

広げさせていただいております。

何だかどんどんファッション以外の領域に入り込んで行っているようですが

領域を広げれば、広げるほど俯瞰で小売業を見れる気がします。

これに関しては、今後少しずつお話ししていきますね。

とにもかくにも まずは感謝 感謝ですね。

ありがとうございます。

深澤 智浩









 
 2012/01/30 09:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
自分のお金で、自分の好きな店を見つけて、自分の欲しいものを買う


有楽町ルミネのPLAZAの店内陳列です。

凄ーーーく 楽しい商品が沢山あるように魅せることが出来ている陳列でしたので
紹介します!!




見ていただければ、お分かりになると思いますが

大きなサイズの商品が小さいサイズの商品よりも 高い位置にあったって

割れる可能性がある瓶を安定感の無い棚上に積み上げったて

楽しそう・美味しそう→欲しいが沢山ありそう!!

この演出が出来てるから素晴らしいんです!!

もし、『陳列の教科書』や『VMD 陳列』的な内容の本をお持ちなら

もう一回 広げてみてください。

上に書かれていることとは、全て反対のルールが記されていますから。

大事なことは

本を読む前に、自分のお金で、自分の好きな店を見つけて、自分の好きなモノを買う。

理論も大切ですが、心を動かす理由を形作る手本は

自分が感動できるモノにしかないんじゃないでしょうか?

ではでは


 2012/01/24 14:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
卓球に沸いた2日間
久々にゆっくりとした週末を過ごそうと

溜りに溜まったビデオを見ようかと思っていたんですが

見てしまいました卓球の 全日本選手権!!

実は私の従兄弟に卓球のオリンピック候補まで行った選手がいて 

少なからずの縁があり、小さいころから鍛えられましたし

私自身の実力も、学生時代 卓球部のエースに別の部活に入っていながら

何度も圧勝した経歴を持つほどですから、

卓球には結構自信もあり詳しんです。

さて

21日 土曜日 女子シングルス決勝 福原選手対石川選手

卓球少女として幼いころから国民の期待を背負ってきた愛ちゃん

13度目の全日本選手権出場でようやくの優勝!!

これまで、何度も優勝の可能性があったんですが、中々勝ちきれない・・・・・・

しかも、石川選手の登場以降実力派の若手の台頭により、もう愛ちゃんは全日本で

勝つことは難しいのではないかと誰もが思い始めていた・・・・そんな状況での

このオリンピックイヤーでの初優勝

本当に見ごたえのある試合内容も相まって感動しました!!

何だか親にでもなったかのように泣け泣けて ここ最近のストレスを全て流させて頂きました。

愛ちゃん おめでとう そしてありがとう!!

かわって昨日22日の男子決勝

こちらは5年連続全日本選手権を勝ち続けてきた水谷選手と

現役高校生 吉村選手との戦い。

吉村選手は準決勝でも 強豪 松平選手を破っての決勝進出ですから

運で勝ち上がってきたような選手じゃないことは明白です。

この吉村対水谷の男子決勝も 素晴らしかった!!

吉村が水谷に勝つのはサッカーの天皇杯で高校生チームが優勝するような感じだと思います。

とにかく事件でしたね。

現在の国内のスポーツ 特に球技は団体競技に人気が高く

個人戦の特に卓球は 不人気 暗い ダサい・・・・などというマイナスのイメージが強い

競技ですが、是非 そんなイメージを持っている方に見てもらいと、改めて思える内容でした。

サッカーのヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝に出場するのが ここ数年の日本人選手の海外での夢だと思うのですが

実は卓球では1999−2000シーズン 当時ドイツリーグに所属していた松下浩二選手所属したチームがヨーロッパチャンピオンズリーグで優勝もしてるんですよ。

『卓球だろ?』と思われるかもしれませんが

ヨーロッパでは結構人気のスポーツなんですよ。

スピード感  ラリーの緊張感  そして駆け引き

ジックリ見れば、必ず面白さが伝わるスポーツです!!!

何だか久々にゆっくりとした週末でしたが

卓球のおかげで、心高鳴る2日間になりましたので

ブログに投稿してみました。

ではでは




 2012/01/23 13:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
潔悪いんですが何か?
潔い
【意味】
思い切りがよい。未練がましくない。また、さっぱりとしていて小気味がよい。
道に反するところがない。潔白である。日本的な美意識を代表する言葉。

ということだそうです。

先日 昨年OPENしたメンズ商品だけを扱う都内の某百貨店を覗きに行ってみました。
気持ちよく仕事を終えた後ということもあり

『何なら良いものあれば、買っちゃいますよ〜』と意気込んでいったんですが
欲しいものが無い 
無いとなると 買いたいモノを探すように見て回るようになるんですが

あまりにも高額な商品か

ここまでの金額を払って購入するモノかと 悩んでしまう商品しか見つからない・・・・・

どうりで お客様もまばらな状態です。

館内を見終わって感じたことは、ある意味 高級を掲げて戦う百貨店の潔さのようなものでした。

ただ、そんな潔さがこの店に必要なのかどうか?

それは僕が決めることではありませんが

今の日本の市場で受けているモノって潔悪い考えから生まれてきたモノばっかりだと思いませんか?

現実の年齢を受け入れないように必死で、若返ろうとする女性や

PCにも電話にもどっちでも中途半端に使えそうな電話

中途半端な燃費の良さを売りにする、電気自動車でも純粋なガソリン車でもない車・・・・・・

製品や成り立ちから見たら、すごく潔悪いモノばっかりですよね。

でも、そんなモノや人が受けてる。

そうやって考えると、潔いって言葉は

思い切りがいいとか、未練がましくないとか 非常に耳触りのいい言葉にも聞こえますが

逆にヒネリが無いとか、工夫が無いとかにも聞こえます。


非常に否定的に聞こえたら申し訳ないんですが

潔悪い取組から新しいことが生まれるこっとって多いと思うんです。

僕自身 相当に潔悪い人間だと思いますし

潔悪いから、『どうにかしようと必死になる』
勿論 結果として出てしまったことは、受け入れなければなりませんし
これを 受け入れないのは 僕的には 潔悪いというより かっこ悪い。

だからこそ、かっこ悪い結果にならないように
目的に向かう取り組み方は、決して潔い取組なんて必要だとは思わないんです。

潔悪かろうが、未練がましくあろうが、思い切りが悪かろうが

道に反しようが※(これは反する度合いによりますよ)、 

どうにかして目的を果たしたいという取り組み方には

ドラマがあると思うし、必ず後から思い返してもストーリーになってることが多いんですよね。

潔い・・・・・日本の美意識を表す言葉としては美しい言葉だと思いますが

潔悪い・・・・・・これを必死さを表す美しい言葉にしたいと僕的には思うのです。

皆さんは潔く生きていますか?

それとも潔悪く生きていますか?

ではでは

 2012/01/22 17:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
無臭文化
お疲れ様です 深澤です。

コスメやスキンケア商材に関わるお仕事が年々多くなってきています。

そんな中 自分の加齢も本格的に気になってくる年齢になってしまったんですが

周りの方々やクライアントの皆さんも気にしてのことか、

それとも単純に『VMDとして取り扱う商品を先ずは試してみて』という心使いかなのか

それを考えると若干怖い部分もあるのですが

年末一か月間だけで



こんなに メンズ用の商品を頂きました。

僕自身は、あまりにも過度に加齢や体臭を気にする傾向は

いかがなものかと思うのですが

使ってみて、それこそイイ香りを体感してしまうと

もしや 日々知らずにご迷惑をかけているのでは・・・・・・・・????と

やはり、気になってしまうんですよね。

どうなんでしょうか?

 2012/01/15 09:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード