« 2011年03月 | Main | 2011年05月 »
大当たりの一週間
お疲れ様です 深澤です。
今週は本当に大当たりの一週間でした・・・・・

週の前半は阪神対巨人の熱戦が行われている甲子園へ
ららぽーと甲子園のリューアル後の対応で店舗に入ったのですが
前日に食べたホルモンか?その日の昼食の鶏肉にあたったのか
夕方まで、なんとか頑張ったのですが帰りの新幹線は悲惨な状態・・・・・・
何とか帰宅したものの、朝方まで・・・申し訳ありませんが・・・嘔吐 嘔吐 嘔吐・・・・・

翌日も大阪でT様のミィーティングだったのですが、
何とか駅まで向かうも 痙攣と発熱により大阪出張を断念し、事務所でスカイプミィーティングに切り替えていただきました。
申し訳ありません。

そして本日はJリーグの開幕戦
前回の投稿でも書きましたが、清水の日本平スタジアムでの飲食関連の仕事でフラフラになりながらもスタジアムへ

とりあえずゴールの直ぐ裏手で試合を観戦していたのですが
こんなフラフラの時に限って、ゴールの枠を捉えなかったシュートが私に向かって真っ直ぐに飛んでくるではありませんか!!
なんとか手で払うように押しよけたのですが、直後に激痛!!

それはプロのシュートですからね、手を見ると親指が真っ赤に腫上がってしまっています。
まさにコチラも大当たり。


手のひらで弾いたのですが、親指が変な方に向いてましたからね。

大雨の帰り道は食あたりによる発熱+2日間の絶食によるフラフラ+親指の打撲
もう車のKEYを回すのも苦痛な程 大当たりの一週間でした。

本当にあたる時はあたるものですね。

 2011/04/23 22:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
Jリーグのピッチから
いよいよJリーグが再開となります。

震災の影響で約一ヶ月遅れの開催となります。

実は今年から地元エスパルスのホームグランド

通称 アウスタにて飲食関係の販売に関わることになり

帰国早々にスタジアムに行ってきました。

アウスタは、5年連続のベストピッチ賞を受賞している日本で最も素晴らしい芝グランドです。



数種類の芝を混合させながら作られる芝生は実際に立ってみると、フカフカの絨毯の上に居るようです。

この日、インタヴューブースや



ロッカールーム、お立ち台などグランド内の施設も見学させていただき、

最後には、憧れのピッチシートにも座るコトが出来る感激のひと時でした。


今年のエスパルスは、後輩でもある伊藤輝選手をはじめ

主力選手が移籍し、小野選手を中心とした新チームとなります。

ここ数年の安定したチームから比べるとまだまだ不安はありますが

来週の土曜日 ホーム開幕からがんばります。

本当に盛り上げて行かなくてはなりませんね。

ではでは
 2011/04/18 13:48  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
150円の社食メニュー
中国から帰国しました。

現地では昨年以上に早くから半袖需要が活発になっており

これからの18週19週の中国の連休に向けて

さらにきめ細かい売場への指示が必要だと実感しました。

数字的に全体的に好調な状況ですが、

この、好調さをキープするにも、さらに成長するにも

求められるレベルが日本以上に激しい戦いになっています。


下の写真は、お客様の先の本社社食メニューです。

売場の戦いも劇的に変わって来ていますが

オフィスの環境も非常に変わってきおりまして


僕にとっては、昼食の内容向上が大変ありがたいのです。

写真は日本円で150円

勿論 ご飯は何杯でも無料でした。

 2011/04/18 13:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
想像力と伝わる力を問う旅
菅総理大臣と文部大臣から、この4月に全国の小学生に一枚の手紙が届けられました。

以下全文です。


みなさん、入学、進級おめでとうございます
 この4月から、また新しいお友達を作って下さい。

 皆さんはこの4月、希望に満ちた春をむかえるはずでした。
しかしこの春は私たちにとってとてもつらい春になりました。
ご存じのように、3月11日、あの大地震と津波が日本を襲ったのです。
皆さんの中にも、ご家族を亡くされたり、あるいは今も避難所から学校に通ったりしている人がいることでしょう。
避難所の中では、みなさんがお手伝いしたり、お年寄りや身体の不自由な人を助けて、掃除をしたり、食事の準備をしたりしてくれているという話をたくさん聞きました。
本当にありがとう。
いま、みなさんは、すべての悲しみや不安から逃れることはできないかもしれません。
でも、みなさんは、けっして一人ではありません。どうか、先生やお友達と助け合って、一日も早く、みんなが楽しく安心して学び、遊べる学校を取り戻しましょう。
私たちも全力で、みなさんと一緒にがんばります。

災害にあわなかった地域の児童の皆さんにもお願いがあります。
どうか、みなさんの学校にやってくる、避難してきた仲間たちを温かく迎えてあげて下さい。
すぐ近くに、そういったお友達がいなくても、遠く離れて不自由な生活をしている子供たち、あるいは、この震災で亡くなり、進学、進級を果たせなかった子供たちの事も、同じ仲間だと思って、祈りと励ましの声をかけて下さい。

小さいみなさんも、節電をしたり、おこづかいを貯めて募金をしたりしてくれているという話もたくさん聞きました。そして、私たちはとても誇らしい気持ちになりました。
みなさんのその思いがあれば、日本はきっと、もっともっと素晴らしい国になって、もう一度立ち上がります。

もっとも被害の大きかった東北地方にも、もう直ぐ春が訪れます。
みなさんは、『桜前線』という言葉を、先生からもう習いましたか?
桜の花が開く日を線で結んだものです。
日本の国土は縦に細長いために、沖縄では例年1月上旬に開花宣言が行われ、
その桜前線は、約半年をかけて、5月の下旬に北海道の北端に到達します。
自然がおりなす、素晴らしい命のリレーです。

自然は、今回の地震や津波のように、時に私たちに厳しい試練を与えます。しかし桜前線のように、私たちを優しく包んでくれるのも、また自然の力です。

みなさんも、どうか、思いやりのリレーのバトンを被害を受けた地域の仲間に届けてください。

電車の中でお年寄りに席を譲ること、身体の不自由な方たちの手助けをすること。そうした身近な人への思いやりが、きっと少しずつ広がって、桜前線と一緒に、被災地に届くことでしょう。

この思いやりのバトンは、世界中からも届けられました。世界中から、救助の人が来てくれたり、支援の品が届けられたりしました。
みなさんもたくさん勉強をして、今度はこのバトンを世界中の困っている人たちに返してあげれるような大人になって下さい。

原子力発電所の事故に対して、危険をかえりみずに立ち向かう消防士さんや自衛官、
電力会社の人たちの姿。各地の被災地で救命救急活動に当たった警察官やお医者さん、
看護師さん、そして何より、本当に命がけでみなさんを守ってくれた学校の先生たちの姿を忘れないでください。
みなさんも、もっともっと身体を鍛え、判断力を養い、やさしい心を育んで、他人のために働ける人になってください。

私たちも、全国の学校の先生方も、みなさんが笑顔で登校できるように、全力でみなさんを支えます。
日本の未来は、みなさんにかかっています。
みなさんの明るい笑顔で、日本を元気にしてください。

内閣総理大臣 菅 直人

この手紙を目にしたとき、正直涙が止まりませんでした。

素晴らしい言葉だと思いました。

ですが、何でこんなに素晴らしいメッセージを送れる人が
自らの口で伝えることをしなかったのか?

一国の首相が自らの口で伝えることで、子供達だけでなく、どれだけ沢山の大人も勇気付けられメッセージであったか・・・・・

そんなことも、想像できない人間に、こんな文章が本当に書けるのか?と思うと
その想像力の無さが、伝え伝わる力を欠落させるのだと改めて感じました。

ですが、このメッセージは本当に素晴らしい内容だと思います。

全ての日本国民に、伝え聞かせて欲しいリーダーのメッセージだと感じました。

明日から上海に出張で向かいます。

前を向いてがんばれる
日本人としてしっかりと仕事をしてまいります。






 2011/04/10 22:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
変わらない風景
お疲れ様です 深澤です。

打ち合わせの間に時間が出来たので、工事改装中の渋谷の宮下公園を眺めながら

早お昼をとっています。

本当に過ごしやすい春の天気ですね。

街を歩いている人も、上着を脱ぎ手に持ち出し始めています。

人は少ないのですが、本当に普段と変わらぬ風景です。

VMDの研修で、私が最も話すことがあるのですが、

それは、視覚からの情報は全て心理(心)を通じて処理されるという当たり前の話です。

美しいモノであっても、受け取る人の心理で汚いモノに見えてしまう人も沢山いるということです。

本当に春の心地よい一日の風景ですが

皆それぞれに、色んなコトを思い、そして行動にうつしている今

この一日の風景がそれぞれどのように写っているのかを考えると

やはり、中々明るい気持ちにはなれないのかも知れません。


しかし先日読んだアパログ内の記事にこんなことが書いてあることを思い出しました。

阪神大震災後、神戸大丸で最も売れた商品は

日用品ではなく、口紅である。

女性を中心に、百貨店の再開に際して期待していたことは、

誰よりも早く普段の日常に戻り、そしてお洒落を楽しみたいという願いだったということです。

何も考えずに、ただ光を輝かすのは美しい行動とは言えませんが

『そうなりたい』『こんな風になりたい』と思ってもらえる

明るい光は決して消してはいけないのですよね。

またまた思いつきの行動ですが

少しでも街が明るくなるように

今日は春のブラスを購入するのと一緒に、出来る限りの募金もしようと思います。

ではでは・・・・・・・衝動買いして失敗しないようにしなくてはですね・・・・・・


 2011/04/06 11:26  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード