« 2011年02月 | Main | 2011年04月 »
10年目に向けて
4月で深澤企画コンサルティングオフィスも10年目に突入します

この10年間で本当に多くのお店、ブランド そしてスタッフの皆さんとお仕事をさせて頂きました。

ありがとうございます。

この震災を境に、世の中は大きく変わろうとしていますが

これからも、設立当初の現実・現物・現場主義を貫き

皆様にとっての愛すべき買い物環境の進化(深化)の役に立つ私達であります。


これからも商品とお店に魂を込めて、前進していきますので

今後ともよろしくお願い致します。


纏め始めたばかりなのでアパレルの売場写真が中心となっていますが

これまで携わったきた売場の写真の一部を少し(2006年〜2009年版)纏めてみました。



 2011/03/29 11:43  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
育ての親と生みの親
昨日は震災後から止まっていた関西の出張へようやく行くことが出来ました。

やはり東京比べると、地震影響が社会に及ぼす範囲は少ないのですが、

街や店舗では、募金活動やボランティア・災害支援物資の強力を呼びかける声が響いてきました。

夕方仕事を終え、梅田にあるクライアントの店舗を訪問すると店舗の店長が

まだ、営業は再開出来ていないのですが、地震直後から毎日崩れてしまった店舗に通い続け

店や商品を必死になって守り続けてくれている

仙台店のスタッフのことを気にかけ毎日メールをしたり、支援品を送る支度をしていることを熱心に話してくれました。

そして最後に

『彼らも毎日戦っているので、あの日以降僕らも これまで以上に必死で店頭に立っています』と凄く熱い一言を頂きました。

僕はデザイナーを中心とした企画や、生産スタッフの方々は商品の生みの親だと思っています。

それに対して、店舗スタッフやVMDスタッフと言うのは

商品にとっては、育ての親であるべきだと確信しています。


勿論 商品に愛情を込めて育ててる親もいれば、子である商品に対して何の愛情も持たずに無関心の親も沢山見てきました。

この梅田店のスタッフと仙台店のスタッフの話を聞いていると

本当に、本当に自分達の大切な子として、建物がボロボロになっても

商品がスプリンクラーの誤作動によってビショビショになってしまっても

変わらぬ愛情を持って商品、そしてブランドを育て守ろうという気持ちで繋がっているんだと感じ

本当に心が揺れ動くきました。

地震によってまだまだ営業再開の目処が立っていない店舗も沢山あると思いますが

今こそ、今日も営業出来ている店舗の皆さん 育ての親である僕らが子供たちをしっかり守り育て そしてお客様に繋いでいくこと がんばりたいですね!!!

僕も今日は店舗廻ります!!



 2011/03/26 10:23  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
衝動的にパーマをあてる旅
お疲れ様です 深澤です。

今週は中国への出張を取りやめたことで、我が町富士宮の地震で

散らかったままになっていた事務所の整理や

被害にあった友人宅の片付けなど、時間を見つけて手伝いに行ってます。

事務所自体は、デスクの棚上に飾られたガンダム・ザクなど数体のモビルスーツの破損と

同じく小物等の破損だけだったのですが

友人宅に行くと、まだ新築の建物内の荷物はぐちゃぐちゃで壁が剥がれ、庭は陥没状態。

また、地区によっては屋根等が崩壊している家々が沢山並んでいます。

地元がそんな状況ですから、微力ではありますがお手伝いに廻っています。

確かに東日本の状況と比べると・・・・・なんですが、やっぱり突きつけられる現実は

誰にとっても厳しいものがありますね。

そんなことを考えながら自宅に帰ろうと車に乗り込んだときに、自分がビックリするぐらい疲れた顔して

しかも 若干、髪も白くってなっていることに気づき、何だか自分に対して物凄い嫌気がさしてきて

そのまま美容院に直行し、パーマあててみました。

確かに、今の日本は本当に毎日予測不能な状況が続いていて

誰もが、この状況に胸を痛めたり、つらい思いをしたり

これからの先のことを危惧しています。

でも、だからこそ世の中を少しでも、明るくする為に

これまでと変わらずに動ける状況にある僕らは明るい顔をしていようと、

笑顔でがんばれる自分でいようと思い

節電するべき時に、間違った行動ですがクッルクルパーマをあてました。
※申し訳ありません・・・

美容室に向かったことに後悔はしていないのですが、

クッルクルパーマをあてた事に関しては、何かに思い立っても行動だけは冷静にすべきだと実感いたしました。

日々反省ですね。












 2011/03/24 21:30  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
キソチン 2 買い物アイドリングストップ
先月キソチンについて投稿したことがありました。

『基礎陳列』とは?
 〜ブランドの最も基礎的な陳列方法であり ブランドのアイデンティティーを表現できるIP アイテムプレゼンテーションの手法である。

もっと簡単に話すと、自店で最も売上げ構成比が高いアイテムを表現する、自店独自の表現方法です。

実は売り場作り、VMD的に言うと、どうしてもVPやPPといったディスプレイやデコレーション的要素にブランドアイデンティティーの表現を任せがちなんですが、

本来、商品そのモノの価値を的確に伝える視認性を重視する売り場作りを行うならば、
一品一品の商品の基礎陳列にこそ、こだわりや独自性を見出すべきであり

現状私が、お客様に評価を得ていると思っている店舗やブランドでは、
まさに店舗デザインでも、ロゴやVPイメージでもなく一品の陳列手法や1アイテムを訴求する什器開発で差別化を図っていると感じます。

と、そんなことを書いたのですが、それから什器の企画提案や作製依頼などのご相談を頂いております。

ご相談頂いたお客様は皆さん口々に、『ディスプレイや売り場の全体的なハードにはこだわっても、基礎陳列って意外と簡単に考えていたかも』と仰います。

凄く当たり前のことだと思うのですが、店舗内にある商品が果たしてどのようにお客様に伝わるべきか?

商品のディテールやタグの位置なども含めて、伝え方を今一度見つめなおす時期だと思います。
また、使いやすい什器や機能的な什器が欲しいと言われるのですが、これは、稼動や移動がしやすく、何にでも対応できる什器と考えられていますが、本来使いやすく機能的である什器とは、自店の商品を最も簡単に猿でも商品を美しく訴求出来るような機能が備わっている什器のことだと思うのです。



現状、食料品以外の商品を見ている日本人のお客様の脳は、買い物アイドリングストップと言って
物欲や購買意欲が停止している状態に近いことが、最近の調査結果から分かってきました。

伝え方・伝わり方に魂が入らない・・・
また、自ブランド、自店の主力商品を見て、何かその表現手法に独自性をお感じになられない
そんな時はいつでもご相談ください。

ではでは
 2011/03/23 11:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
真綿
新規開店準備等も19日の二子玉川ライズの開店が無事終わり一段落。

また1年に一度開催するセミナーも

このような状況の中、多くの参加者に支えられて18日に何とか開催するコトが出来ました。

協力頂いた皆様本当にありがとうございました。

終わってみると、まだまだもっと出来なかったのか?と自問自答を繰り返したりもするのですが

何なんでしょうかね

今、また独立当初のように、

何かを吸収したいという衝動に駆られております。

それは、単なる情報収集や、レベルアップするための知見の広がりを作ると言うことで無く

自分の立っている基礎から、屋台骨を組み替えて、新しい作物を作って行きたいと思うような衝動です。

きっとこれは良い傾向なんだと信じている自分がおりますので、とにかく突き進んでみます。

ではでは
 2011/03/22 09:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード