« 2011年01月 | Main | 2011年03月 »
基礎陳列での違いを作り続ける旅
お疲れ様です 深澤です。
3月に向けて、新規オープンのVMDやら環境提案、ディスプレイ提案など
続々と押しよせてくるご依頼に感謝しながら、若干 その数の多さに頭を抱えております。

上野のパンダより一日早く帰国してから、自宅に帰るまもなく新規出店現場へ

新規業態が並ぶ現場に入ると本当に実感することなんですが

正直 VPもPPも大事なんですが、コレクションブランドでも無いのに、VPを作る人、PPをつくる人が居て、現場レベルのスタイリングを作って終わり。

それでそんなに違いが出せますかzzzzzz?って聞きたくなる
例えば、地方の商店街のショップや、そもそもVP・PP等が存在する必要があるかどうか疑わしいリサイクルショップなどであれば、作ることで効果は得られるかもしれません・・・・

でも、都市部の立地条件のよい場所で
VP・PPをトルソーに着せこんである、ただそれだけの程度のモノでは、正直 その効果は一品の商品力によりものが大きいですよねってことになりませんか?

これ言ってしまうと、『じゃーーお前は何やってるんだって?』とか『ウインドウなんかにそんなにお金掛けません』って言われてしまいますが

そっちの話では無くて
僕は、やっぱり売り場の違いを作るのはVP・でもIPでもなく商品の最も基礎的な陳列手法 【キソチン】ってやつの独自性だと思っているというお話です。

この【キソチン】で独自性が出せていないと、店舗のロゴを取ってしまえば、ブランド名も思い浮かばない店舗ばかり・・・・・

海外に出て行ってある程度成功してそれ以上に独自のキソチンがあって、そのキソチンの表現が最も効果的に出来る什器が開発されている。
ここがツボなんですよね。

人気のある輸入ステーショナリーなんかを見れば一目両全ですが、見やすく買いやすい基礎の陳列が
そのまま誘目性のあるコーナーとなってしまう。

VMD担当者なら、ショーイングも勿論大切なんだと思うのですが、
猿でも出来る独自性を感じる キソチンを開発(トーン&マナーも含めて)するコトが僕は売り場のベースとして
最も必要とされることだと考えています。

商品量・色の配置・、商品の向・大きさ・デットスペースのとり方・組み合わせ・小分類・POP(位置・色・大きさ) その他 諸々 その日の気分で作られていたらお客様にも響かないし、VMDが儲からない売場作りの仕組みを構築することになりますよ!!


皆さんの店舗、ブランドのキソチンって独自性を感じますか?

ではでは
 2011/02/24 10:59  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
Face book
お疲れ様です 深澤です。
中国に来ています。最近、日本にいる間は時間が無くてブログ更新が出来てませんでしたね。

その代わり、映画見た後だからでしょうかfacebookをチョイチョイやるようにりました。

しかーーーし、中国では、facebookが使えないんですよね

うーーーーーんんん全くこの国は・・・・
 2011/02/17 23:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
戦場カメラマンばりに潜入する旅

お客様のプロモーションイメージの撮影に立ち会ってます。

早朝から、緊張感のある現場です。

かなり良い感じで撮影が進んでいますので、効果大なヴィジュルが完成しそうです
 2011/02/09 11:04  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
CWニコルばりに自然な環境について考える旅
あっという間に2月ですね。

今年に入ってから、色んな施設の環境提案をちょこちょことやって来たのですが

そんな点の仕事が線になってきています。

今、ショッピングモールなどの共用スペースに、森や自然豊かな公園を感じさせるスペースのアイディアを練っています。
ただ、施設内での安全面を考えると非常に難題なんです。

ただ、難しいのですが、考えるだけで笑顔になってしまうような仕事ですから、本当にやりがいを感じます。

実は最近、売場を作っていても、以前は売上げのことばかり考えていましたが

近頃は、「この場所に訪れるお客様が笑顔になれるかどうか?」
「この場所を利用することで、お客様が笑顔でイッパイになるイメージが出来るかどうか?」
これを真っ先にイメージするようになりました。

当たり前に出来なければならないコトだと思うのですが、

僕は正直、「売れるかどうか?」を最優先していました。

勿論、仕事の内容にも変化があるのは事実ですが、

それ以上に、周りをサポートしてくださる方々が充実してきているので

本来、考えるべきことに集中できてきているのかもしれません。



まぁ自宅で簡単に買い物が出来る時代ですからね〜 VMDを仕事にしている僕らは

もっともっと買い物環境について考え抜いて

お客様が本質的に色んなコトから開放される場所を作るべきなんですよね。

それが使命なんですよね、ボクラノ・・・・

場のチカラを見直す 今はそんなキーワードが頭の中に浮かんでいます。

もう、かなり押し迫っていますが、3月に完成する施設内で何か出来ていたらいいなぁ〜と、時間ギリギリなんですが、アイディアを搾り出している私です。




 2011/02/07 12:47  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード