« 2010年01月 | Main | 2010年03月 »
TEEが出来るまで
お疲れ様です 深澤です。
金曜日、バーニングスピアーズPJが、いよいよ雑誌掲載に間に合わせるべく、商品製作の段階に入ってきました。

その商品の掲載用コピーなどをチェックしながら一路大阪へ、

そして今日TEE関連の最終チェックと雑誌社への発送を兼ねて、お世話になっているトミーズコーポレーションさんの物量倉庫&TEEのプリント工場にオジャマしました。

これまでも、早朝の青果市場や、物量倉庫、中国の縫製向上など、色んな場所にオジャマさせて頂き、どうやって商品への思いを、そして普段お客様に直接関わることのないスタッフの皆さんのお客様への想いを表現していくのか? そんな表面に現れにくい部分を拝見させていただいたり、体験させて頂いた先に、何かが見えるんじゃないか?
何か伝わるんじゃないか?という僕のポリシー通りの体験をさせていただくことになりました。

物量倉庫では、商品のタグ着け作業や、検針・検品作業場を覗かせていただき、
プリント工場では、版作製から、職人技の技法まで


微妙な力加減で、色の出方や、載り方が変わってきます。



出荷2時間前にもかかわらず、何度も職人さんにお願いしたり、

グラフィックの調整を行ったり・・・・・・・

最終で


工場に入って、何枚も作り直して頂き、ギリギリで掲載用の商材が出来上がりです。

この中には、私がお願いした、世界で唯一のTEEも

うーーーン やっぱり職人さんの居る所、プロフェッショナルな仕事ありですね。


この、少なくとも、TEE一枚が出来上がってくるこの光景をみたら、店頭で適当にTEEをたたんだり

膝でバッシーーンと、叩きつけながら商品たたむような光景は、無くなるんだろうなと感じました。

工場の皆様、トミーズの皆様、世界で一枚のオリジナルTEEありがとうございます。

これからも、よろしくお願いいたします。
 2010/02/28 22:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
リコール


昨日自宅に愛車へのリコールの案内が届きました。

TOYOTA車では、無いのですが、

ネットで、この車へのリコール記事を調べたのですが、全く掲載されていない。

内容を見ると、ABSとやらの不具合らしく、最悪の場合は走行中に火災に至る恐れも・・・・とあり

通勤のみで利用している車なので、早速ディーラーに連絡しましたが

案内状の内容と同様に、さして悪びれも無く、あくまで案内のみ、電話対応もほぼ通常対応でした。

普段から、アクセルが抜けたり、オートマのシフトコントロールが正常に作動しなかったり

まぁ〜そんなことも日常的にあるであろうと、普段から注意して乗っているメーカーでしたから

多少の不具合も、この車の個性だ!! 程度に他のオーナーもメーカーも考えているのでしょうね。

そう考えると、企業やブランド、商品の価値感っていうのは、とーーっても感情的で

ある意味、顧客の厳しい要求に応えれば、応えるほど

負の要素が出てきた際には、イジメやバッシングの対象になってしまうモノなのね〜と

優等生の苦労を垣間見る出来事でした。
 2010/02/23 12:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
それはプロジェクトの為になるのですか?
『それは、プロジェクトの為になるのですか?』

最近のMYブーム的な言葉です。

私の師匠がある、プロジェクトのミィーティング中に放った言葉ですが、

一瞬で、そのミィーティングの空気が変わりました。


それからというもの

最近、毎日の仕事中に、常々頭の中を駆け巡ります。

客観的でも良い、主観的な意見でも良い、本当に今言ったことが?

これから行うことが? 

誰かに任せたことが?

それは、あなたが参加しているプロジェクトの為になりますか?

『あぁ〜なんて当たり前の考えが出来ないことが多いのだろう』

行動をおこすとき

発言をするとき、

今一度、この言葉を毎回、唱えてみようと

今一度、何のための゛それ゛なのか?考えてみようとッ!!!
 

そして、本当にプロジェクトの為だと必ず信じれるのなら

必ず、勇気を持って゛それ゛に向かってみようと思っています。
 2010/02/20 22:15  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
パラダイス
お疲れ様です 深澤です。
前回のシンガポールPJの続きです。

夕方モデルのフィティングを終えた私と現地リーダー石橋氏は、疲れを癒すべくモノレールに乗ってセントーサ島へ渡るのでした。


その目的はたった一つ、以前このブログ内でも紹介し、常に私のお気に入りBGMの上位に位置するCDを出し続ける、世界でも有名なチルアウトカフェ・ Del Mar(カフェ デル マー)のシンガポール店に向かうことでした。

Del Mar(カフェ デル マー)はスペインのイビザ島にしか無いと思っていたのですが、なんとシンガポールにもあったんですね。
ということで、石橋氏と私、日本男児2人が向かったのがココ


店内は、もう完全にビーチリゾート 音も良い 酒も美味い そして景色は


水着でリゾートを楽しむ 周りの客達の中で、ネクタイを絞め、ブーツなどを履いた日本男児2人の姿は異様だったかもしれません。


しかし!!!!!

この海を臨みながら、沈み行く夕日を、おいしいお酒と、素晴らしい音楽で愉しむ

僕の写真の腕前も若干上達して見えるはずです。


カップルの皆さんはこんな席もありますので、こちらで盛り上がってましたね。
直視は出来ませんでしたが・・・・・



日も沈んだ頃、日本からストリートリサーチの鬼 小山さんとAPWのKBYSさんが合流し
プールサイドで食事でした。


海外出張で初めて味わう、パラダイスでしたね。男子2人でしたが、本当に素晴らしい時間でした。最後の方は、ただの飲んだくれ状態の集団でしたが・・・・・・・

純粋に音楽を愉しみたい方 女性を口説きたい方 是非おススメの場所です。

ではでは
 2010/02/12 12:00  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
シンガポールPJ 2
本当に久々のブログです。
2月に入って、先月シンガポールの百貨店で作った 期間限定の日本ブランドの複合SHOPを
別のショッピングモールに移すために出張に行って参りました。

会場はセントーサ島のお隣に位置するVIVOCITYというショッピングモール

前回の会場よりも、若干客層の幅も広いということで、前回と商品は同じでも
違う売り場つくりをしなくてはなりませんね。

そして作った売り場がコチラ


前回よりも商品展開をコンパクトに纏めて、フェイス量を出しました。


あと、前回と違い館内ジャックまでは出来ませんでしたので、売り場までの主動線に、沢山
こんな工夫をしてみました。



まぁ作った売り場に関しては、大きな問題は無かったのですが
前回に引き続き弾丸ツアー的な出張でした。
まず早朝日本を出国⇒機内では、ビデオプログラム(釣りばか日誌&必殺シリーズに集中)
午後19時シンガポール着 ⇒ 現場視察&食事 店舗の閉店後施工開始
そして⇒シンガポール着の夜中の0時より商品陳列開始(現地プロジェクトリーダー石橋さん参加)
陳列開始から5時間後の5時30分 ショッピングモールの規制により一時ホテルに帰宅
さらに朝7時30分より再開 (ホテルまでの往復が30分掛かりますから・・・・・・ほぼ寝れない状態)

なんとか、石橋さんと売り場内を駆け回り、10時開店にギリギリ間に合う・・・・・・この時点で石橋さん&私の2人 妙なハイテンション

そのまま寝ればよのですが、若干ショッピングそして観光へ
ビールの貯蔵場でビールを2g位頂く・・・・・・・ZZZZZと行きたい所ですが
この後、APWのKBYSさんと食事。

午後15時ホテルに、やっと帰るのですが 17時より翌日のイベント準備の為 モデルちゃん達のフィッティングへ出かける。18時 全ての業務が終了です。

まぁいつも出張もこんな感じで、ほぼ眠らない?眠れない?のが多いのですが
今回は、ホテル代を払う必要が無いなと!!本当に感じました。

えっとですね、次回の投稿では、この後に待っていたパラダイスのお話をご紹介しますね。
ではでは
 2010/02/11 21:20  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード