« 2007年09月 | Main | 2007年11月 »
深澤流VMD IP〜アイテムプロモーションについて語る〜
 IP 通常ならアイテムプレゼンテーションなんですが 今回は一個の商品のプロモーション活動ということについて語ってみたいので IP=アイテムプロモーションと位置付けて語ってみます。

僕は時間があるとドラッグストアに行き 目に付いた商品を購入しては写真にパッケージのデザインやプロモーション方法なんかを記録しておいたりしています。

日本の小売業のかなで一番売上的にも店舗数的にも伸びている業態だけあってドラッグストアは面白い。
あの棚割りされた狭い空間内での販売促進活動、また一商品の空間利用性は結構感動すらすることが少なくありません。
(ちょっとマニアなトークになってきましたので実際の実例を紹介します)

男性整髪量のコーナーのお話ですが
先ず下の写真は





某S社の一つ前のデザインとなる整髪量です。
先ず注目していただきたいのは 当たり前ですが商品自体にPOPが付いているところ。
横から見た写真を見ると分かるのですが、このデザインシール式のPOPなら商品を上に積み重ねても常にPOPが隠れない状態を作れる訳です。

ただ ちょっと欠陥があるんです。

下の写真は 発売されたばかりのリニューアルモデル。




白の旧デザインとの一番の違いはシール型POPの貼られた位置。
旧デザインの位置(前正面)では 商品を上に積み重ねた際にシールのPOP部分が常に上に重ねた商品のパッケージデザイン さらに商品ロゴ部分を隠してしまう為に この2つが見えるのは一番下段に置かれた商品のみとなる訳です。

しかし リニューアルした商品はPOPが商品の後ろ部分に貼られた為に 上に商品を積み重ねても パッケージデザイン、ロゴデザインを隠すことなく積み重ねられた商品の一番上の商品シールPOPだけが機能するというデザイン。

POPの内容的にもエッセンスよりから ちょこっと規格風ベネフィットに変わっているというところも 1商品にたいしてこれだけのPOPが付けば分かりやすいですね。

また カラーリング自体もライバルとなる木村拓哉さんがCM出演しているM社の製品同様カラーMDを取り入れ 男性のコーナーでも目立つ存在となるようになりました。

読者の皆さんの中にも この製品を購入された方もいらっしゃるかもしれませし、 どのドラッグストアにも今現在展開されている商品ですから 内容が気になった方はその状態が直ぐに確認出来ると思います。

今回 たまたまドラッグストアの1商品のIPについて語ってみたのですが
VMDのヒントは本当に普段 自分達が買うという行為 活動の中にあり そこに常にWhyの意識を持って見ると ・・・・・・・  僕はホント楽しいんですけどね・・・・・・・・

興味のない方にしてみたら 何を購入しても写真とって記録してたりすると結構変だと思われる部分があるんでしょうね・・・・・・・

実は この整髪量のIPについて 写真撮ったり 熱く語ったりしてたらアパレルWEBのIRIさんに結構引かれました・・・・・・・・・・マニアなんですかね ある意味・・・・


お知らせ  

11月7日にアパレルWEB主催で無料セミナーを開催します。
今回は売場にストーリーを作る 構造とシナリオフについてです。
 2007/10/27 00:39  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
ちょっと幸せ
中国から帰国して 今日 神戸へ

今後 VMDの運営や取り組みマニュアルには積極的に動画を取り入れて行こうという

僕の考えを基に売場でビデオ撮影。

帰りの新幹線内では店舗スタッフの販売マニュアル作成・・・・・・・・・もう ヘトヘトになりながら帰宅です。

最寄のコンビニで夕食とデザート購入。

疲れきった僕の開けたデザートから


「おおうっ!!! 星や 星やで〜〜」

ということで星が出てきちゃいました

ちょっと幸せくるかも・・・・・・・・・・・・・・何か良いことありますかね

 2007/10/24 00:31  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
深澤流 〜VMD 売場には物語が必要だと言われる理由 〜
最近メーカさまからのVMD提案依頼を多く頂いていますので
久々に深澤流 VMDトークで熱くこの辺りを語ってみますね。

VMD 売場作りには物語(ストーリー)が必要だと言われます。
沢山の専門家の方々がこれについてお話されていますね。

勿論 僕もそうだと思いますが、実は物語が必要なんじゃなくて 結果として物語になる作り方をしなければらならいって言うのが深澤流のVMDです。

どういうことかと言うと 

物語って言うのは 構造とシナリオとセリフで出来ているんです。

構造っていうのは 例えば恋愛の物語なら 出会って⇒恋に落ちて⇒障害が出てきて⇒大問題となり⇒二人は離れる⇒でもハッピーエンド もしくは気持ちを残しながらも悲しい別れなどなど

そもそもの物語を形作る機能的な関連事の流れだったりする訳です。

悲劇や舞台演劇などの物語構造は シェークスピア作品の中で そのモノ自体の基本構造は出尽くしてしまっていると言われています。

また 同じストーリーでも舞台や映画にした際に 面白いモノと退屈に感じられるモノが生まれてしまうのは この3つの要素の中のシナリオとセリフが違うからです。


さて では売場作りの構造は?というと勿論 AIDMAです。
AIDMAとは法則と言われていますが お客様が店舗や商品に対して購入までのプロセスをモチベーションUPさせていかなければ成立しないプロセスです。

よってAIDMAの法則が売場には不可欠というより AIDMAの構造を成立させる もしくはAIDMAのプロセスを成立させる構造と 
これに沿ってお客様に段階的にモチベーションさせていくシナリオ&セリフが必要となる訳です。

ネットのVMDも同じ ネット上ならAISASというプロセスを成立させる構造とシナリオ&セリフが重要なんです。

この話の意味が分かるとメーカーのVMDと小売・アパレルのVMDとの現時点での違いがハッキリとしてくる訳です。

メーカー側が主に取り組んでいるのがシナリオ主体のVMD

小売店・アパレルが主に取り組んでいるのが構造主体のVMDです。

今回 この辺りを纏めたセミナーを開催いたします。

・・・・・・続きは  セミナーで・・・・・・という感じでしょうか?

でも アパレルWEB主催でしかも無料ですから

今日のある方は是非 お申し込み下さい。

ではでは
 2007/10/22 13:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
マニュアル作り
お疲れ様です 深澤です。

昨日まで中国のある都市で 某スポーツブランドのVMDマニュアルを作成中していました。

年内で3件目ですね〜〜・・・・・・・・

売場のバイブルですかね VMDマニュアルはッ!!

ほぼ一日中 クライアント様のプレスルーム内でPCと什器とニラメッコ状態でしたが

出来上がりの達成感は 毎回言葉にはなりません。


マニュアル自体を作ることは 店舗運営において絶対と言うわけではありませんが

本社 売場スタッフそれぞれが各個々の業務を行いながらもマニュアルという一つの

【今現在のものさし】を共有しながら 今後ドンドン進化するって言う捉え方をしていただけるのなら

それは 店舗運営であり商売を成功させる重要なエレメントであることは言うまでもありません。



写真は愛車と・・・・・・・・・って言いたいところですが

宿泊際のオーナーのヤツです。ランボルギーニ ムルシエラゴ バブリーですね。








 2007/10/19 20:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
あちこち いろいろと・・・・・・
昨日の有楽町マルイ『イトシア』でしたっけ?オープン前の状況を丁度乗っていた新幹線の中から撮影したものです。夕方実際に行ってみたのですが 入ってましたね!!!
エスカレータに乗るにもかなりの盛況ぶりでした。
実際の中身については 「バーグドルフ・グッドマン」ビジュアル責任者を務めたジョージ・ウディ・シムコ氏が店内のディスプレー・演出責任者を務めているそうですから 興味のある方は少し時間がたってから ゆっくり見に行かれることをオススメします。

少し時間がたってからという繋がりでもないのですが 木曜日に行った名古屋ミッドランドスクエアのTOYOTA自動車のショールームをご紹介します。
ミッドランド自体は 平日なら結構ガラガラという感じですから店内環境なんかをゆっくり見て廻るには持って来いです。


さて TOYOTAのショールームですが1Fレクサス 2FにTOYOTAというラインナップ
僕的にランドクルーザーの新型が発表されましたから これが気になって先ず2Fから

車種の情報やスペックの詳細などはこの壁面モニターと
並べられたテーブルに設置された
こちらのPCで確認できるという内容です。
まぁ気兼ねなく ドンドン車に乗り込んで車内が確認できると言う意味では良いといえば良いのですが 何となく味気ない感じしましたね。

あと あの場で YAMAHAが開発生産して販売だけTOYOTAが行った伝説の車 「TOYOTA2000GT」の注目度が1Fのレクサス 2FのTOYOTAで展示された全車両を合わせても一番だったことを考えると あのショールームの味気なさが一層まして感じたのは私だけ・・・・・・・・なんでしょうかね?
 2007/10/13 10:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード