« 2007年02月 | Main | 2007年04月 »
店舗運営をサポートするビジュアルバンクについて!!
春ですね。。今朝 家の裏山から鶯の鳴き声が聞こえてきました何か良い予感を感じさせます。


さて 以前セミナー開催の際にご紹介しました ブログを使った店舗運営ソフト
【ビジュアルバンク】の納品が始まりました。

(このソフトすごく簡単に話すと 社内に店舗運営を目的としたmixiを導入するような感じかな。
ただ ちょっと違うのは 文字情報も写真情報も格段に良いレベルでやり取りが出来ます。あと設定を変えればWEB上にUP出来る社外のプロモーションにも使える機能があることですね)


テスト期間の間 私も某SHOPで50店舗程の運営 VMDのお手伝いをしていたのですが
やはり便利ですね。

まず 週の頭 月曜日 火曜日に行っていたデータ収集が楽になりました。
以前は 不審店 好調店舗共にメールでの写真を利用したやり取りを行っていたのですが
データが多くなればなるほど 私のPCは毎週パンパン状態。
これら送られてきた画像処理だけでもアシスタントを付けたいと思うほどでした。

また 売場展開の報告とそのチェック 検証にも以前はメール添付の写真画像を使っていたのですが 今考えると自分も 店舗にも恐ろしく負担を掛けていたのだと・・・・・・・皆さんゴメン!!!

ブログを利用したことで 以前は店舗を選んで検証していた事柄も 短時間で50店舗の画像や状況が収集できますし コチラからの情報発信が50店舗に対して一度で済むという
私のデスクの上のFAXと電話料金が格段に下がりました。
(あと 出張も店舗状況が非常に分かりやすくなったので最近はピンポイントで行けてますね。)

更に今回 意外な副産物として 店舗同士の横の繋がりからなるコミュニティーが良い方向へ動いたことです。

実は テスト期間にご協力いただいたブランド内で非常に勤務態度も売上も芳しくない店舗が数件ありました。 
ここは ウソを付いても仕方ありません 全国50店舗もあれば実際に エリアマネージャーが持て余してしまうほどトラブルの多い店舗があるわけです。(ヒトの問題でした)

ビジュアルバンクを導入した翌週のマネージャー会議にて やはりコノ話題となり私は対処策としてトラブル店舗には
毎朝の出勤時に必ず日々の仕事計画 目標 役割など朝礼で行われるべき内容をUPさせ 全国のマネージャーは誰でもかまわないから 気が付けば直ぐに何かアドバイスなり コメントを入れてあげて欲しいというお願いをしました。

トラブルメーカーとなっていた店舗ですから最初の数日は 朝の目標や計画も非常にネガティブなものばかりだったのですが 自分が記入した後直ぐに 全国のマネージャー 店長から
熱心なアドバイス、コメントがジャンジャン入ってくる訳ですから これが変わっていくんですね。

見られている意識がヒトを変えていくんです。
今までは 正直あまり良い面で注目されていなかった店舗に スポットが当たる

店長が出来なくても やる気のアル部下が現れる また店長が変わる!!!

毎日集まる 数十件の熱心なアドバイスによって 少しづつ 結果というカタチで自信を持っていけば店は自ずと変わっていくんですね。
(またこれが 朝の出勤時に行われたことで 下がりがちであった朝のモチベーションを 『北海道のあのヒトからも 九州のあのヒトからも 朝から 私達の為に・・・・・・今日もがんばらなきゃ!!!』という意識の芽生えによって変化が生まれたんですね。)

これには 本当に驚き 改めて店舗 ヒトのマネジメントに必要なことに気づかされました。

現在 ビジュアルバンクについては 実際に使用しているブランドの状況に非常に近いデモが用意されています。VMD担当者だけでなく ブランドマネージャー スーパーバイザーまた企画営業の方々にとっても 店舗のリアルな定性情報を得るためにはもってこいのソフトだと思いますので 是非 興味のある方は アパレルWEB木伏 までご連絡下さい。

私も 近いうちに このビジュアルバンクについては改めてセミナーを開催いたします。
前回も多くのブランド運営者の方々にご参加いただきましたが 好評でしたので 
参加希望の方のご連絡もお待ちしております。

今回の投稿は ちょっと私らしくなく 営業ネタみたいでしたかね・・・・? 

では  では
 2007/03/27 11:58  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
町田
前回投稿の 下北沢に続いて 小田急沿線繋がりで今回は町田について書いてみたい。
昨年の後半から この町田に仕事で来ることが多くなりました。
理由は簡単 町田に出店しているお客様が3ブランド(109 東急新館 路面店)あり 渋谷、新宿、原宿の店で次月の商品を先入れして売場の先行パターンを組むより
町田店で来月のパターン組みを行ったほうが営業に支障が少ないからという理由それだけです。

しかし 町田も行ってみると中々にして面白い町です。
唯一の欠点は宿泊施設が少ないかな・・・・・・・無いんですよ ホテルが。

でも 商店街は面白い。元々 駅前は醤油の醸造元で駅の東側6,000uは その工場だったそうで 『日本一しょうゆ』というブランドを今も残しています。また古くからの乾物店や食品ア−ケード街があり 横浜港へ向かう 長野 山梨 群馬からの物資の中継点として栄えた名残りを十分に感じさせます。

しかし 私が最も注目したのは 商店街でのタバコ店の多さです。
町のタバコ店はコンビニや自動販売機の乱立で 軒並み減少していると思うのですが
町田の商店街にはタバコ店が多い!! しかも 品揃えや規模もカナリ大きなモノばかりです。

最近では タバコはコンビ二か自動販売機でしか購入しなくなったせいか 自分が好む以外の銘柄を気にするなんていうことは減ってきたのですが、ゴールデンバットやわかば エコーに峰など祖父の世代が好んで愛煙したものから 噛みタバコ 嗅ぎタバコ 葉巻など 中々お目にかかれない代物までずらっと何百種類というタバコが並べられており タバコ一箱買うにもかなり 心躍らされる店内でした。

お店の方にお話を伺うと 一日で顧客中心に来店数は600人くらいあるそうです。

凄い!!

写真のタバコ店以外でも 周辺に同規模のタバコ店を4件ほど発見しました。

ただ 残念なのは こんな町でも 駅前では歩きタバコの取締りが行われていて・・・・
何となく愛煙家は悪という風潮が 取り締まる方たちの揃いのブルゾンからかもし出されており 戦っている感が出ていました。

歩きタバコは 絶対に悪いのですが 取り締まるのと同じくらいの労力を
喫煙できる環境作り廻していただけないかと・・・・・・・・・・・・・・・(勿論 町田には駅前広場にスペースはありましたけどね)
そう思うわけです。

愛煙家は多大な税金を人知れず しかも文句も言わず 収めているわけですから
なんとか何とかしていただきたいものです。

愛煙家がくつろげる 場(シーン)の提供をッ!!! 成田空港のスモーキングラウンジのようなヤツですね。
 2007/03/26 10:39  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
下北沢
先日 本当に久しぶりに新宿から小田急線(ロマンスカー)に乗車し VMDクリニックの現場に向かいました。

私は会社員時代の最後の3年間を この小田急沿線にある下北沢という町で暮らしていました。北海道から本社へ直属の東京出身の上司と転勤になる際 
『お前 部屋探してる時間 もったいないからここにしろ』という
半ば強制的な状態で 決定された部屋でした。

当時 それ程東京などに仕事以外で上京しなかった私は 代官山 青山 自由が丘と言った
聞こえの良い場所に住む気満点でしたから
『下北沢』という なんとなく聞いたことがあるが微妙に暗い感が漂うその地名に乗り気ではありませんでした。

しかし この上司は 結構真剣に考えてくださったのか 本社のある原宿 店のある新宿 渋谷へのアクセスは抜群 更に休日 帰宅後などの食事の便利さも相まって住んで三日もしないうちにこの町が気に入りました。

今考えるともし 先の自由が丘 代官山 青山などに住んでいたら おちおちサンダルで食事にも出かけることが出来ませんでしたからね・・・・・・・

話は戻り でッ 本当に久々に車窓から見る風景は開発が進められ 以前毎日のように通勤で見ていた風景の半分も見れない状態でしたが しかし 新宿から代々木上原 東北沢 下北沢と進むうちに 何だか胸からぐっとこみ上げて来るものがあり車内で男一人 訳も分からず涙があふれ出てきました。 

当時 会社員だった私は 良き上司 良き仲間 良き部下に囲まれ 社内でもある程度のポジションを確立出来ていた時期でした。またプライベートでも 恋人 仲間 行き付けの店など それまでの人生の中でも本当に充実した日々を送っていたのだと思います。

しかし この充実した日々や その全てを退社後の人生の中で巻き込まれていった出来事によって失ってしまいました。 まぁ 多かれ少なかれ自分が選んだ道の上で起こったことですから悔やむものではないのでしょうね と やっと最近思えるようになっては来たのですが・・・・・・・・・

ただ 会社を辞めていなかったらどうだったろう?
    あのままの生活を送っていたら どうだったろうと考える日はずっと続いていた訳で・・・・・

先日の車内で泣けた理由を考えると 後悔でも決別でも まして現状までの道のりを思い出したわけでもなく 何でも無かったのだと思います・・・・・いえッ・・・・思いたいですね。

自分のことではあるんですが 人の心って言うのは本当に複雑に出来ていますね。
今という時間に満足しながらも揺さぶられます。

でもその揺さぶりが 大きければ大きいほど 色んな選択肢の前に立ったとき考えることが出来るようになるのでしょうかね。

今回は全くVMDとは関係の無い話で申し訳ありませんでしたが
このロマンスカーに乗車して 向かった先にはやはり
新しい仲間が居て そこには確かに信頼や尊敬があり 現在の僕を支えて力づけていてくれている場があることを確信させてもらえました。

先日は そんな揺さぶり・・・・・・考えさせられ・・・そして確信へと繋がる長い 長い一日でした。
 2007/03/24 12:24  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
深澤流 VMDについて語る シーン(場面)の出現率
スーパーマーケットや大型店舗のVMDプランを任されて 実際の店舗での作成作業の際
僕らだけは人手が間に合わず アルバイトやヘルプをデコレーターさんやフリーでVMDをやっている方にお願いすることが多くなってきました。

こんなとき 私達の仕事の取り組み方として とにかく一言最初に話すことがあります。

『売れる陳列 売れるディスプレイなんて安っぽい考え方はやめ下さい。 僕らはあくまでお客様に 憧れや 欲求をイメージ出来、感じてもらえるシーン(場面)を提供しています。』

『勿論 買上げ率も大切ですが 買上げ率もあくまで お客様の欲求や憧れを掘り起こしイメージさせるシーン(場面)あってこそです。』

『私達のVMDは  お客様が目の前に並んだ商品を購入することで連想出来る 欲求や幸せ 憧れという場面をどれだけ出現させたかという シーンの出現率が全てです』
と・・・・・・・・語っています。 (結構恥ずかしいが本気で語ります)

いきなりでポカーンっと口を開けられてしまうこともあるのですが アパレル以外のVMDをやって
またアパレルに帰って来て さらに 新しい業種 業態にチカラを入れている今年

私達の目には
とにかくシーンの提供度 お客様にとって満足の感あるシーンの出現率が売場やブランドの好調 不調を司っているように映っています。

今後もこの分野 考え方 そして内容だけはどこにも負けないモノ(シーン)を提供して行こうと思っています。

・・・・・追伸 そんなこんなで ブログの読者の方と仕事をする お会いする機会も増えてきたのですが 『いつも熱いですねよね  なんか・・・』とか

『燃えてるっすねッ』とか 思わないで下さいね。先日も博多で同業者の方に スケジュール帳に書いたお客様に対する文面を読まれて笑われて反省してるッス。
もっと サラッと力の抜けた感じで行きたいんですがね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2007/03/18 11:09  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)
足元確認!!
今年に入って本当に慌しく毎日が過ぎています。
2月の後半から 今日も含めて日曜も殆どお仕事
今日は博多のスーパーマーケットのNEW OPEN VMD PLANを作成。

最近本格的に食品スーパーのVMDへの取り組みが増えてきたところです。

先日も今は名前は言えませんがNYの人気スーパーの日本展開に関するミィーティングなど・・・・・・常に頭の中で グルグル グルグル・・・・アレやコレヤと悩みや妄想は尽きず状態です。

さすがにふと我にかえった時には過ぎた時間の中に自分に残せるものが無かったりして・・・怖いと思うことも増えてきました。

売場でも VMDでも ディスプレイでも同じなんですが やっぱり自分ではベースの部分を大事にしています。
ただ お客様から見られている所や 求められるところ また 重要だと思われているところは 決してベースの部分では無く その上の層となるEXTENTIONだったりSPECIALという(ベースの彩りを作る層)出入りの激しい部分なんですよね

まぁこんな時だから 改めてという訳でもないのですが 足元のベースの部分
大事にしていこうと思います。

どんなテクニックや斬新なアイディアもベースの考えが出来ていなければストーリーにはならないですからね。
自分の人生を含めて ストーリーをカタチ作るのはベースの部分!!足元確認を大事にしようと思う今日この頃です。

APWの皆様(KBYSさん IRIさん KBCさん)金曜日のように 終日コンサル業務を入れて昼・夜3回の打ち合わはとても充実してました。
また 宜しくお願いしますね。  
 

 
 2007/03/11 22:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード