« 2006年10月 | Main | 2006年12月 »
セミナーやります。
お疲れ様です 深澤です。


セミナーやります!!!






今までも
「セミナーは行わないのですか?」というご質問 ご要望を頂いていたのですが
頑なに 一人一人のお客様の状況や 参加しているお客様の求めている内容が全て把握できない 所謂一般的な内容のVMDセミナーは行わない!!
という姿勢を貫いてきましたが 今回初めて クライアント様以外のお客様を集めてセミナーを行うことにしました。



ただ 色々条件付です。
@ もう既にVMDを社内で行ってはいるが 中々上手く行かない方。
A 店舗数が広がり過ぎて どうしたら運営が上手く出来るか模索している方。
B 本社と店舗 または店舗間での組織力UPを急務に考えている方。

出来ればこの3つを中心にお話させていただきますので VMDの概念や理論 技術の一般的な話はいたしませんので 個人や個店レベルででVMDのスキルを伸ばしたという方は 今回お断りさせていただきます。(ゴメンナサイ)

「VMDは何なのか? VMDはどうすればいいのか?」ではなく
「VMDをどう使うか? VMDをどう活かせるのか?」というお話です。

実は今回 今現在 私も多くの店舗店舗のお手伝いをさせていただいて 技術や概念は教えることが出来るんですが さらに組織力や仕組みの部分を強化するために あるソフトをドリコムさんアパレルWEBさんと共同で開発しました。

このお披露目や紹介等もございますので 個人や個店レベルでのセミナーは また日を改めて開催したいと思います。

まず今回は セミナーのご紹介まででした では では



 
 2006/11/10 11:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
埋めることの出来ない差 
昨日はお休みをとって 家族を東京の病院まで連れていきました。
静岡で この病院への紹介状を書いていただいたときには 「東京か?通ったりするの大変だろうな?」などと仕事で通っているくせにこういうことになったりすると 途端に遠く感じたりして・・・・・・・・・・・・ダメですね・・・・

さて この病院なんですが東京IC直ぐ近くにありヘリポートや公園 宿泊施設なども完備されていて病院内に入るともう ホテルのような内外装 しかもサービスや売店 院内カフェアからインテリに至るまで全て統一感があり vmdとしても素晴しい場所でした。
しかしそれ以上に驚かされたのは 重度でベットに寝たきりの患者さんと家族が一緒にカフェで食事をしたり 公園では先生と患者が二人で楽しそうにリハビリをしたりする光景が当たり前のように沢山・・・・・・・・・ 正直 普通の総合病院と比べると埋められない差を感じました。

この埋められない差というのは まさに私達がお店のお仕事をさせていただいていて感じるももと同様の差なんですね・・・・・

環境 時間 サービスなどあらゆる健康になっていくまでの過程に対して私達は病院にお金を支払っているという認識でいます。

ですがどうでしょうか?
今まで病院で受けたサービス 過ごした時間を考えると
お金を払って その引き換えに健康という状態を手にするための手段を受け取る
ホントにこれだけしか感じることが出来ませんでした。

お店でも一緒です。 
いつまでたってもお店というのはお金とモノを交換する場所だと思っている人たちが多い。
口では「サービス これからはCSが大事」なんていっても お客様のお買物の過程より決定重視 決定の為のみに全てのソフトが動いているように感じられるお店ってホント多いですね。

医療でも小売でも受け取り手は敏感で 提供する側の心の部分を感じます。目で見てとれるハードの部分はお金を掛ければ幾らでも真似できますが このハードを活かすだけのソフトは心でしか動かせませんよね。
 

ここにはだた見た目だけでは分からないが 絶対に埋められない大きな差をお客様は感じているんです。


私は お店を見るとき現状を知りたければ数字を見ることにしていますが 未来を見たければ雰囲気を見ることにしているのですが、  長く掛かるであろう治療に道のりに何となく明るい未来を感じ取ることが出来ました。

病院からの帰り道 御殿場インターで高速を下りて 富士山をぐるっと廻ように車を走らせると そこにはススキの原野で作られた金にのじゅうたんが広がっていました。VPでは表現できない本物の姿ですねこれは・・・・ではでは
 2006/11/09 10:27  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
VMDの千本ノックと私達の使命
先週は3回ほど朝5時に起床

新幹線でいざ 神戸へ

神戸三宮センタープラザでクリニックを一店舗

その後 大阪の阪急のSCへ

クリニックを終えて イオン大日へ

イオンでのクリニック終了後

京都のクズハモールへ

そして今 京都駅から帰宅

帰宅して思うのは 神戸 大阪 京都に行ってきた自覚が

全く無いこと・・・・・・・

これと同様の店舗クリニックの嵐が関東でも 

最近同行するクライアントさんの方が先に音を上げてしまうような

スケジューリングが毎週のように続いています。

なんか明日はどこだっけ?と麻痺することもシバシバ ・・・・・・・・・

一日に数件の店舗を廻りだすと 同じブランドショップであれば

やはり同じ問題点や 同レベルの技術的な問題が浮かび上がってくるものです。

これを繰り返し指導していくと

「あッ 今日また同じこと言っちゃった・・・・」  「さっきもこれと同じこと言ったよな・・・」

「これは まさにVMDの千本ノックやー!!」などと

心の中でつぶやきながら来週も私の旅は続くのです・・・・・・・・・・・・・・・・


でも ここでそんな私からこのブログにて発表させてもらうことがあります。 

実はもう直ぐ ドリコムさんとアパレルWEBさんとでVMDのIT革命となるVMDの運営システムを発表します。

私が毎日の旅の中で 沢山のお客様の店舗運営に携わり思いついたアイディアがついにカタチになりそうです。

VMDを通じて美しく店舗運営の精度を高め 

技術を広め そしてブランドイメージを守る 

そんなことがもっと早く簡単に継続的に出来る仕組みを作る 

これが私達の提供するVMDサービス使命なのですが

まさにこのシステムは そのために生まれました。

詳しくは今後 色んなところで発表いたします。では ご期待下さいね!!!!

 2006/11/05 00:46  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
ビートルに乗ろう!!
毎日があっという間に過ぎていって 気がつけばもうすぐ30代も後半を迎える誕生日が近づいてきたりして・・・・・・

そんな時 ふと近所の田舎道を走っていると 川原の空き地のような一角にカブトムシの群れが!!!!

多分 今までも見たことがあったのだろけど 全く気にもとめなかったんです。

でも今日は呼ばれてる気がして 直ぐに車をUターンさせ近づいてみる。

ビートルや!!!!

なんだろうか 今まで全く気にもならなかった車に惚れた気がしてしまって・・・・
思い起こせば 小学生時代 TAMIYAのRCカーが大流行し 友人達はマイティーフロッググラスホッパーそしてワイルドウイリーと言った 調べれば20数年前から今も現役で販売されているモデルに飛びついていた。

しかし あの当時の私深澤少年は 何を血迷ったか本来バギーチャンプというRCの名車を買う予定で模型屋さんにチャリで向かったのですが 今でもなぜだか思い出せないのですが帰りにはワーゲンを持っていました。






なぜこのときワーゲンを選んだのかは本当に分かりません。当時の小学生にこのかっこよさは通じず糞ころがし的なあだ名を友人達がMYCARに付け いたく傷ついた記憶があります。

さてそんな記憶が蘇ってくると もしかしたらオレ深層心理の中でビートル好きなんじゃないかと・・・・・誰か見えない力でビートルに乗れって言われてるんじゃないかと!!もう勝手に思うわけですよ。

しかも1971年生産のビートルが目に入れば 

「オレと同じ年やんッ君ッ」と車にほうずり状態です。

さぁ〜どうしましょう!?

すげーーく 悩んでます。ホント!!

同級生ですから 自分と同じように体に無理も効かなくなってるでしょう
ホントにキチットお手入れしてあげる余裕が無ければ可愛そうですし・・・そんな余裕があるんか俺ッ・・・?

でも 欲しい  

 
 2006/11/03 23:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード