« 2006年09月 | Main | 2006年11月 »
童貞をこじらす
ここ数週間 毎日が小旅行のうように各地を廻ってVMDのお仕事をさせていただいておりました。

「久々の更新でなんだ このタイトルは?」と思われた方が沢山いらっしゃるかと思います。

「童貞をこじらす」 こんなタイトル付けたらAWの皆さんに削除されてしまうかも知れませんが
最近 妙にハマッテしまっている言葉です。

この言葉は「山田五郎」さんや「みうらじゅん」さんなんかが使っている言葉で
物事に対してあまりに 不器用で純粋な考え方をしていることで
本来簡単に出来ることが ヒトよりも遠回りしてしまい
無駄な努力を重ねた結果
常識では考えられない世界観を作りだしてしまったり 普通では想像も出来ない発想を生み出す 独身男の悲しくもクリエイティブなパワーのコトを指す言葉だと私は解釈しています。

で なんでこの言葉を今回のタイトルにしたかと言うと 


「多分・・・・

私は・・・・・

販売を始めたばかりのとき・・・・・・・

売場で店長なんかをしていた時・・・・・・

独立する為に色んな業種の売場をお手伝いさせていただいた時・・・・

完全に童貞をこじらせていたなと・・・・・

童貞というより売場での販促活動・・・・・VMDをこじらせていたな・・・・と・・・・

もしや今も・・・・・イヤ イヤ ・・・・今は大丈夫かな・・・・・? 」





今考えると 酷いことしてました。

スーパーで新鮮さを強調する為にと畑の土をそのまま什器の上に敷いて野菜を埋め込んで販売したり

サンダルが売れるからと勝手に「ビーチサンダルdeゴーゴーフェアやッ!!!」などと奇声を発し勝手にVPに目一杯サンダルを入れて販売しゼロにるまでカウントダウンしたり

店内にスタッフの車を入れて トランクや席にまで商品陳列したり 

自ら全身に商品を身に着けて スタッフを引き連れデモンストレーションの為に 売場中スタッフと列を組んで走り回ったり・・・・・・



もうこれ以上はここでは書けないような無駄な努力のエピソードばかり・・・でも当時はこれを本気でお店の為 お客様の為と思ってやっていたから こじらせまくってましたね〜
だからという訳では無いのですが 今 売場を廻っていて 売場のスタッフや店長が間違ったことや 効率的では無いようなことを本気でやっている事に対して凄く理解できる。

私は別に小売の世界に入った最初から理論的なことや 効率的なことを学んだくちじゃなくて もうどうしようもないくらいに 販促活動やVMDをこじらせまくって上司に始末書ばかり書かせてしまっていたタイプですから物凄く理解できる!!!

理解できないのは中途半端に自分の都合を優先している店長の考えが売場に現れているときだけです。

でもね この読者みなさんも絶対にこじらせている筈なんですよ!!!・・・・とおもうのですが・・・・・

こじらせるくらいじゃないと 新しいアイディアや発想なんて出来ませんからね。

私も最初は モテるかもくらいの気持ちで始めた販売の仕事ですが 苦しい思いばかりして しかも 朝から晩まで売場にいて変わった事ばかりしているので女子にもモテなかったが
販売で童貞とVMDをこじらせたお陰か それで飯が食えている気がする今日この頃なのです・・・・・

みなさんも童貞こじらせていますか?
 2006/10/30 08:42  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
コメントより
こんにちは  今月はアパレルWEBの千金楽社長と中国ブランドのSSコレクション会場内のディスプレイ作成の為にドォンガンという街に行ってきました。現地ではで飲みすぎたせいかちょと疲れ気味ですが 1000人のお客様の為に貸しきられた会場での仕事は中々にしてハードです。


さて 実は前回の投稿に読者の方からこんな コメントを頂きました。
(コメント文)
 はじめまして。

いつもこちらのブログで勉強させて頂いております。

現在アパレルと雑貨を扱う仕事で店長をしています。
店長になってもうすぐ二年になります。
この業界に入る前、雑貨での販売経験はあったのですが
店長とアパレル経験がなく、手探り状態でなんとかここまで
きました。
毎日お店のイメージを壊さないように、お客様の期待を裏切らない
ように、柔らかく親しみやすい雰囲気をスタッフと共に
守ってきました。

小さい店舗ながらもお客様に愛され、売上は数あるショップの中で
常に上位のほうなのですが、最近お店と自分に自信をなくしています。

毎日遅くまで残って、どのようにすればお客様が喜んでくれて
和んでもらえるのか など 色々考えてお客様から見たブランドイメージを
客観的に見てああだ、こうだ、と楽しくディスプレイを変えてきました。
ですが、最近他の店長達の間で
「○○○は他の館に比べて集客が多い」
「接客しなくても売れる」
「数字がとれたら何をしてもいい」 など 言われるようになりました。


うちのスタッフはちゃんと接客はしています。
販売員としては駄目なのかもしれませんが、似合わないものを
無理矢理買ってもらうなんて事はしませんし、客単価を上げる為に
無理矢理プラスワンもしません。
まずはお客様に和んで頂く事を大事にしています。

今までこのような感じの売り場でやってきましたが
周りから、「館自体に集客があるから売上がいいのは当たり前」
と言われて落ち込んでいます。

今日もサービス残業で、雑貨のディスプレイを変えました。
ディスプレイを変えるのはとても好きです。
次の日のお客さまの反応とか見ると、私自身も楽しくなります。

ですが、最近自分のしている事が売上に繋がっているのか
不安になります。館に集客があるから売上があるって考えると
私のしている事の意味があるのだろうか、って弱気になっています。

こんな事を考えて、毎日があっと言う間に過ぎていきます。

明日も(今日ですが…)テンション上げて頑張ってきます。


ぼくも 販売の店長時代に同じような経験をしたことがありましたので 取り上げさせていただきました。
僕は店長時代2つのことをいつも大切にしていました。
一つ目は 「まず 言い訳をしない」
これは お客様に対しても 自分に対してもです。
「忙しいから出来ない」「時間が無いのでしょうがない」「お客様が来ないので仕方ない」「売れる商品が無いので仕方ない」など 言い訳をすると出来ないことが必然となり 聞いている人間からすれば たとえ良い結果がでても それは偶然の結果でしかなくなります。まず 最初に言い訳をするということは 自分に対する可能性を最初から否定するということの表れだと思いますので、そう考えるとコメントを書いてくださった方の周りの店長は自分の出来ない 売れないを理由を 他店の店長を通じて言い訳しているように感じますね。

2つ目は 「お客様には買っていただくという行為より お店で味わえる経験を大切に」ということです。
買っていただくという行為の為に サービスを考えているお店は 一瞬の瞬間的なサービスを重視しています。例えばお声がけ時の第一印象だとか 買う気にさせるセールストーク または売る為のPPですね。これらも確かに大切なのですが お客様が感じるサービスは 皆さんのお店 商品を通じて体験 経験できる時間の全てに関係してきます。 入店する前の印象から お買い上げいただいて商品を使用する時間も全て含まれるものです。今お客様の手元にある商品は買った時の印象や経験は薄れたとしても忘れることはないのです。


お客様としてお店を選ぶときに 商品のクオリティーと同等にお店で味わえるサービスの経験の記憶というのは お店を選ぶ判断基準の最重要項目です。

毎日 お客様の為を思って 変化し続ける売場 売り手の姿勢は 必ずお客様に届いているはずなんです。

コメントを下さった方の メッセージ内容を拝見させていただき 商品を提供する側として本当に尊敬出来る方だと思います。

私も大切にしていた 売り手の諦めない姿勢とお客様に感じていただくサービスの経験をとても需要に考えられている方だと感じました。

どれだけ館内に集客力があろうが  商品力が優れていようが お客様にとって新しい経験や満足のいく時間を体感でき無いお店にはお客様は来店されません。集客力のある館内というのはそれだけ集められたコンペジターも素晴しい時間を提供しているということです。

今後も是非 ライバル達に負けない時間を提供し お客様に他では味わえない経験を提供してくださいね。 
今がんばられている仕事の内容は 他店の店長に理解されなくとも お客様に理解されているので結果に結びついているのだと思います。

他の誰に理解されるより お客様に理解されることが一番幸せですね。

私も負けないように毎日テンション上げてがんばります。

では では ありがとうございました。
 2006/10/10 19:30  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
社長の罠
先日 某人気アクセサリーショップ S社長と関西の店舗診断とコンサルをやってきました。

60歳にはとても見えない ちょいワル系の社長なんですが 今回ご一緒させていただく初めてのお仕事で完全にハメラレマシタ・・・・・・・

難波の路面店に二人到着すると 30代くらいのイケ面スタッフが駆け寄ってきました。
「お疲れ様です 社長!!!」 非常にさわやかでやる気が満ち溢れていました、

次の瞬間
(私)

「どうもッ!! はじめまして 深澤です。これからよろしくお願いします。」
私もありったけの笑顔で 挨拶をすると

(イケ面スタッフ)
「・・・ッアッ・・・ お疲れ様です よろしくお願いします。」
何だな社長への対応とは少し違い 何となくギコチナイ・・・・

そうですよね 外部の人間が来るんですもの 少なからず違和感というか 緊張するものでしょうね。この辺りは慣れっこです。 でも 久々に自分の第一印象の悪さを反省・・・・・です。

その後 このイケ面スタッフが店内や周辺状況を説明して下る。

でも  なんだか よそよそしい・・・よそよそしいし私を見る視線が何となく焦点がずれてるんです。現実を受け入れられない感じですね。


午前の部を終え少し不安さえ感じました。ただ 他の女性スタッフの皆さんは 皆フレンドリーです。

その後 難波 心斎橋 大日と4店舗を診断するにつれ イケ面スタッフとの関係も非常に良くなりお互いに年齢も近いことからプライベートのことなど 色々語らいだしました。

そして4店舗終了 社長とイケ面スタッフ 私の3人でお茶をしていると突然 イケ面スタッフが語りだしました。
(イケ面スタッフ)
「イヤーー深澤さん聞いてください 実は 深澤さんが来る数週間前からS社長が 今度 物凄いグラマラスで綺麗な女性のコンサルの先生が来るから 頼むな!!っと 言われてたんです。 その話を聞いて 僕ら男性スタッフは今日 いつもは着たことも無いジャケットを着用し髪も整えて ずっと準備してお待ちしていたんです。」

(私)
「エエッーー」

(イケ面スタッフ)
「深澤さん見たとき 女性の上司が着たのかと思い 早くグラマラスな藤原ノリカ(本人想像)を出してくれと思っていたんですが・・・その気配もなく・・・・・で さっきS社長に聞いたら そんなこと言ったけ? ですよ 酷くないですが?」

(私)
「社長 ハメナイデ下さいよ。」「もう私が来たとき 皆さん現実を受け入れたくない顔していたので あまりにも変だと思ったんですよ。」

(社長)
「ごめん ごめん忘れた」

酷い・・・・・・とまぁこんな現場でしたが これから関西系の仕事も多くなりそうです。

そういえば イオン大日面白いショップが結構ありました。
多分 名古屋のお店だと思うのですが 革小物をその場でパーツから選び オリジナルの一点を作れるALZUNI 今後注目ですね。

 2006/10/07 09:47  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)
携帯紛失......_| ̄|○
先週までの忙しさからか 
1日の日曜日は完全OFF!!携帯も全く見ずに休日を過ごしました。
 
月曜日 いつものように事務所に向かおうと思い準備を始めると携帯が無い・・・・・どこを探しても無い・・・_| ̄|○

記憶をたどると土曜日の新幹線の中から携帯を見た記憶が無い・・・・・_| ̄|○

一応自分の携帯に電話をしてみると・・・・・誰も出ないが・・・・はずが・・・「プチッ」・・次の瞬間 いきなり切れた・・「これはッ?」
念のためのもう一度掛けると 「お客様の携帯は電波の届かない・・・・・」と例の通告
間違いなく不親切な方に拾われたの決定!!

オレッヤバイ!! 今一度使っても入ないバッグの中など もう既に拾われている可能性が高いにも関わらず 冷静に考えればありそうに無い場所をオロオロと捜索 PCに電源を入れメールをチェックすると 各方面から「電話下さい」のメール入電

仕方なく某NTTに連絡 携帯を停止 この状態でかなり携帯を無くした悲しみで一杯なのに 店員さんが「なんやら かんやら」と対応が悪いのでイライラ仕出す私。 (そういえば10月から番号のそのままで別の会社に移せるっていってたな)と思い出し 即解約。

なんとなく近かったので某SOF×BAN×のショウルームへ
相変わらず携帯ショップのGPは酷い 器は綺麗だが 必ずお手製の赤紙に白字で激安だのナンだのと書かれていた。携帯ショップでのVMDのお仕事は本当に何度かご依頼いただいてるのですが いつもスケジュールがかみ合わずお引き受けできないでいる状態でした。しかし これを見るとやってみたいですね。
しかもSOF×BAN×なんて出来たばっかりのショウルームなのに・・・・・・・・

などと携帯ショップの秩序の無さに呆れながら 入店しようとした瞬間
そのショップのウインドウに大きく貼られた赤いPOPから気になる内容が・目に・・入るッ


・・・・・・・・「携帯番号持ち運び予約受付開始!!!」・・・・・・・



・・・・・・・・エッ??・・・・・・・まだ・・・・・・・そうなの


そうなんです まだ携帯番号って移せないんですよね!!!解約しなきぁよかったっす_| ̄|○



「やっぱ あの赤いでかいPOPと店頭を隠すくらい沢山立てられた旗って効果あるな・・・・・・・オレ目を奪われたよ完全に・・・・」

などとある意味・・・・・・・・後悔と感心と寒心 色々な思いが巡りながら NEW携帯を手にしました。



ブログ上の呼びかけで申し訳ございませんが 私の電話番号変わりました。
大変申し訳ございませんが 皆様メールにて一度ご連絡いただけませんか?

よろしくお願い致します。

ふかさわ
 2006/10/04 12:41  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
豊洲ららぽーと
今週末は 豊洲のららぽーとに掛かりっきりでした。
全館的な顔ぶれはそれ程 目新しい感じはないのですが

やっぱり以前御紹介した食料品スーパーアオキは素晴しかった。

あと既にお客さんを入れているキッザニア東京は遊び終えて帰る子供達の顔を見ればその充実が伺えますね。


後は従来どのモールにも必ず出店しているshopの 格付け的な出店場所とスペースに結構良く見ると変化があり この辺りの売上対決は今後も見て行きたい所ですね。

最後になりますが お仕事させていただいている手芸店舗です。
今後 絶対に注目ですよ!!!
 2006/10/02 10:18  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード