« 2006年08月 | Main | 2006年10月 »
僕らの世代
私は1971年生まれ 所謂バリバリの団塊ジュニアなんです。

昨日仕事に出かける前に たまたまテレビから静岡県のつま恋で開催された吉田拓郎とかぐや姫のコンサートの模様が流れてきました。どれも聞いた事があるような歌ばかりだったのにも驚きだったのですが その場所に参加したおじ様 おば様方のインタビューで何となく印象に残った言葉がありました。

『私は拓郎と一緒に生きてきた コレは私達の世代の歌なの』

(私)
『ふーん・・・・・』
で 思ったのが私たちの世代の歌って何だと思います。
団塊ジュ二アの私達の歌 60過ぎてもギターを抱えて熱唱できるような私達団塊ジュ二アの世代を象徴するアーティスト?楽曲?ってナンだと考え 昔のCDラックを探し出しては それに該当しそうなアーティスト 楽曲を聴いてみることにしました。


真っ先に手に取ったのが

尾崎 豊

『盗んだバイクで走り出す♪〜』
60を過ぎてはたして この歌を熱唱できるだろうか?と考えるチョッとリアリティーが無かった

BOOWY

『ONLY YOU♪〜』

先日友人の結婚式に参加した際に 未だにこの歌を熱唱するヒトが登場!!会場はドン引きだった

ブルーハーツ


『リンダ リンダ♪〜』
おっコレは何となく60過ぎても歌えそうな気が・・・・未だにカラオケなんか行くと最後にコレ歌ったりするモンね。

でも何となく 自分達の世代を歌った歌と言うイメージが湧かなかった・・・・

さらに 80年代 90年代とあらゆる自分達の生きてきた時間に流れれていた音楽を聴いてみた。今更ながらに 5年前 10年前 15年前と遡っても私が思う団塊ジュニアsongが見つからない・・・・・うーん 以外にしょうーもない歌ばっかり聴いてるな 

カッコ良く海外アーティストなんていうのもありですが 僕らの世代を歌う曲 僕らの世代が歌う曲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・探しました。

これは 私の考えですが
私なら この曲
奥田民生のイージュー★ライダー これかな。




同じ時代に生まれて 同じような環境に育った友人や 仲間 そして その世代の方々と もし60になったとき 『歌おうかッ』って言うならこの曲ですね。

皆さん如何ですか?このブログを読んでいただいてる方々の仲にも団塊ジュニアの方もいらっしゃると思いますし それ以外の世代の方もいらっしゃるかと思います。

皆さんの世代を象徴する曲 同じ時間を行きる人たちと共有できる歌はなんですか?
 2006/09/26 06:05  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
失敗から学ぶもの
以前 VPの用材としてラバーブーツを使ってから 
『これ 俺 履いてもイケルんじゃないか?』と大きな勘違いから始まりました。


早速 AIGLEに行って購入!!
ショップスタッフの方々も 『良いですね!!』などと気さくな対応で非常に満足です。

帰宅後 ブーツに合わせたパンツを幾つか探し いざ出陣と思いきや 
『何 下水掃除してくれるの?』(家族談)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日 事務所に意気揚々と向かうと

バイトたちから
『おッ!! 釣りスッか!!』
『違うよ 洗車するんですよね 手伝いますよ!!』
(バイト談)
///・・・・・・・・・・・・・・・・・凹

何を着ても それなりにオシャレに見てしまう方々が世の中には居ます。

ただ何を着てもそれなりにしか見えない自分を 散財と失敗から学ぶ私です。

台風でも来たらそれなりになるのかな・・・・・・コレッ・・・・ 
 2006/09/22 10:02  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(1)
演出に必要なビジュアルインパクト&ビジュアルアテンションについて深澤流で語る 
最近よく目にするのは、きちっとVP、PPなども用意され理論立てて
作られている売場なのに全くお客様の気配もない、VMDに取り組んでいるのに
寂しい秋風が吹いているかのように感じる売場です。

売場作りやVMDに取り組んで売場は凄く整っているものの、何故かお客様
の入店が思うように伸びない・・・・皆さんの周りにもありませんか?

このような売場を専門家や評論家の方たちは『きれいにしすぎている』とか
『適度な汚れ感が必要です』などと訳の分からない言葉でアドバイスされて
いるようです。

本当にそれがアドバイスでしょうか?きれい過ぎるって悪いことなの?
言葉の解釈とは難しいものです。

売場に理論は必要だと思います。ただ売場の理論の殆どは、人間の行動特性
から考えられています。動線や視界の広さ距離など、この辺りの理論は学ん
でいても絶対に損は無いでしょう。

でも、タイトルにあったビジュアルのインパクトとアテンションの両効果を
あなたのお店特有の演出方法として理論的にも感覚的にも掴めていなければ、
いくら売場作りを学んでも、ただ整然とモノが並べられている売場作りの方
法となるだけです。これは、ただ『直線的に整った売場作り』で『お客様に
伝わる売場作り』ではありません。 

今回はチョッと真面目に『お客様に伝わる売場作り』の方法としてインパク
トとアテンションの演出効果について語ってみます。

まず似たような二つの言葉の意味を整理します。
インパクト・・・物理的、あるいは心理的な衝撃。また、その影響や印象。
アテンション・・注意。留意。特に車内放送などで注意を引くために言う語。

演出は瞬時に目を引く強さのインパクトと、目を引いたことに対して認知・
明瞭化しようと意識を集中される活動のアテンションの二つの効果のバラン
スから出来ています。

例えば、一つの演出物はインパクトを強めればアテンション効果が弱まり、
インパクトを弱くすれば自ずとアテンション効果の強い演出物を作ることが
出来ます。勿論ただ置いているだけではそのどちらの効果も得られません・・・

SALEのPOPの演出を例に簡単な説明をします。

店内でSALE期間中に物凄く巨大なPOPを一つだけ店内においてお客様
をお迎えすれば非常にインパクトのある演出となりますが、どの商品がSALE
対象なのかと考えると、お客様に対して個々のSALE商品についてのアテ
ンション効果は薄まります。その一方、小さなSALEのPOPを沢山貼っ
て店内演出をすれば個々のSALE商品へのアテンション効果は強くなりま
すが、インパクトは弱まります。また、逆効果としてあまりに貼り過ぎれば
秩序の欠けた感じもしてしまいます。

これはPOPの話ですが商品も売場全体も同じです。
 
陳列された商品一つ、そして店内全体も含めてインパクトとアテンションの
出し方、強さ弱さの効果、バランス、その数を理論的に理解した上で自店の
お客様にマッチさせていく感覚が売場作りには絶対に必要なのです。

この感覚が掴めているからこそ、動線が見えなくてもゴチャゴチャと乱雑に
見える店内のお店でもお客様から支持されていて人気のあるお店が出現する
のです。これは『汚い』とか『きれい』だという問題ではなく、お客様が求
めている演出の効果として インパクトとアテンションの感覚が掴めている
売り場作りが出来ているかどうかです。

『汚れ感』や『きれいすぎ』などという誤解される言葉を使って片付ける問
題ではありませんよね。

売場にはその売場特有の演出が必要ですと書きました。これは僕の感覚的な
理論ですが、音楽のリズムのように「どのような演出リズムがこの売場には
必要で、どこにピークをどこにリフを・・・」というような考え方をしてい
ます。だからお客様の好みによってハードロックのようなリズム演出の売場
もあれば、JAZZのようにスイングするような演出の売り場もあるのです。 

このリズムの取り方があまりにも速かったり、強かったりという、音楽で言
えばヘビーメタルのような売場は、それこそ見るヒトによっては『汚れ感』
や『ごちゃ感』という表現方法で語られているのかもしれませんね。  

リズム全体を作っているのは、一つ一つの商品を魅せるアテンションとインパクトからな
る演出の視覚的なリズムなのです。

皆さんは売場、ブランド、商品にあったリズムを売場から伝えていますか?
皆さんの売場にはどんなリズムが流れていますか?
 2006/09/20 08:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
キッザニア東京
いよいよ キッザニアが東京豊洲にオープンします。メキシコで生まれた 職業体験型のテーマパークなんですが これむしろ大人の私も遊んでみたいと思わせる場所ですね。
私も この豊洲ららぽーとのオープンに関して仕事で準備に行きますから オープン前に状況報告しますね。

私は評論家じゃないですし 新規オープンのお店をMRとかするのが好きじゃないので 仕事ついでに見チョコット見る!!
それが一番ベスト!!  (勿論 作成風景からね)
そこに行って見るよりも 携わることが大事なんです。


今年は都内の大型scは皆勤賞でお仕事をさせていただきましたが 豊洲は下期のメインイベントですからがんばらなくはッ!!


 2006/09/19 11:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
美味しいいただきモノ

今朝 北海道から美味しいいただきモノが届きました。

私は学生時代から約8年間ほど 札幌に住んでいました。
札幌は サラリーマンが転勤して離れたくない街のNO.1だそうです。

この時期は 本当に美味しいもの目白押しの時期ですから行ってみたいですね。
10月 11月のスケジュール アパレルwebのkbcさん空けてくれるかな〜?

IKEAでソフトクリーム食べてるkbcさん・・・・・
 2006/09/19 11:35  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード