« VMDの本質について語る旅 | Main | 出版物 テキストについて »
餃子の挑発無限大
お疲れ様です 深澤です。週末から毎日 指が真っ黒になるくらい領収書の山と格闘中です。 そんな作業中、たまになのですが保存しておくと印字が消えてしまう領収書が何枚かあるんですが皆さんいかがですか?あれ 詐欺というか反則ですよね・・・・・勿論 金額は大きなモノでは無いのですが 

何かとてつもなく大きな力を持つ秘密結社の組織的な嫌がらせに思えて

「イラッ!!」っと来るんですがいかがでしょうかね?

さて「イラッと」繋がりと言う訳でもないのですが 書こう書こうと思っていて今日になってしまった結果 少し旬を過ぎてしまった感のある話題をお話します。

先月 丁度 サッカー日本代表が中国国内で東アジアカップを戦っている最中に私も時を同じくして中国で戦っておりました。
コンサルが終わって 時計を見ると中国時間で午後6時 試合は6時45分からでしたのでホテル近くの日本式ラーメン店で食事を済ませ お気に入りのアイリッシュパブへ

ここはお客の大半が外国人で店内も写真のように(暗くて分からないかもしれませんが)かなり本場の雰囲気が味わえる場所です。
そんな場所で後半戦から観戦。 解説も無く中国よりのカメラワークでしたが明らかに挑発的な行為が多く見受けられました。日本に居たら「なんだよ 今のは?」なんて大きな声で叫んでいたのでしょうが、観戦場所もアウェイでしたから 単純に周りの中国人はこれをどう見ているのか見渡すばかりです。
でも 殆どの中国人客は賭けトランプに興じており 自国が劣勢な試合状況なのからか全く試合には興味の無い様子でした・・・・・・・(これもサッカーファンとしては寂しい話です)

でも同じ中国という場所で こういった挑発に乗らずに紳士的に戦う姿勢の日本代表を見て勇気をもらいましたね。僕も翌日 タクシーに乗車中ちょっとした事故に巻き込まれたのですが 怒り狂い激しくまくし立てるように相手の車に詰め寄る運転手に対して冷静に対応できました。

しかーーし事件は 帰国のフライト中に怒りました。

その日 早朝便でウトウトしていると中国人CAが軽めの朝食を運んできました。
空港で土産モノを物色していたせいか 思いのほか空腹でしたので 「まぁ うどんかそば位は食べれるでしょ」っと思いながらテーブル上のプレートを開けると

そこにいたのは間違いなく冷凍餃子5個でした・・・・・・・・・・
中国の航空会社とは言ってもJALとの共同運航便ですよ!!!

しかも 朝食で冷凍餃子 しかも このタイミングで
まさに何かとてつもなく大きな力を持つ秘密結社の組織的な嫌がらせに感じました。 

 〜 挑発的な餃子です 〜

機内は結構空いていたのですが 機内に居た日本人の乗客の皆さんも同じようにプレートのアルミを剥がす度にそのプレート内の光景に一瞬驚愕し その後 周りを見渡し合い機内中に苦笑いのアイコンタクトの和が広がって行くのをそこに居た誰もが感じていました・・・・・・・・・・そして 僕を含めて殆ど乗客の横顔には「イラッ」という怒りを押さえ込みながらも餃子に立ち向い そして完食していく・・・・まさにそれは先日の日本代表と重なり合う光景であったと思うのですが如何でしょうか? 





 2008/03/03 20:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
make your image
〜 make your image 〜

先日の出張中に 「ンッ」と気が付けばこの言葉が私のお客様の事務所の壁に沢山書かれていました。

これについて調べると、このお客様のブランドメッセージでした。

もう 半年以上も一緒にお取り組みをさせて頂いているのですが 見てはいたけれど見えてはいなかったという感じでしょうか・・・・・・・・


このブログ内でも私が何度か書いた言葉で
「オモイヲカタチニ」という一文と重なるメッセージです。

今年一年間の日々の中で 僕自身が描いていた1年のイメージと その現実にどれくらいギャップがあったのかと考えています。

勿論 イメージには届かなかった面もあり
逆にイメージを超えた現実にも出会えました。

これを良しと取るか悪しきと取るかは もう少し先にならないと判断するのは難しいのですが
イメージを超える現実に出会える瞬間には必ず 人との新しい出会いがあり
私以外の誰かによってもたらされた現実であると実感しています。

今年も残すところあと僅かですが まだまだ届いていない「ボクノオモイ」をカタチニ出来るようにがんばってみようと思っています。 

下の写真は 某スポーツブランドの上海フラッグショップでこの国のVMD担当者30人の仲間と午前2時まで掛かって売場クリニック教育を行った際の写真です。


早朝5時に自宅を出発 このフライト後そのまま夕方4時からの講義 そして閉店後の売場クリニックまで 体はヘトヘトでしたが「オモイガカタチニ」なる瞬間はいつも笑顔ですね。 


 2007/12/26 12:37  この記事のURL  /  コメント(3)  / トラックバック(0)
シンガポールへ
サイトリニューアル後お初の投稿です。 今現在 中国でVMD担当者の教育をしているブランドがあるのですが このブランドのシンガポールでのVMD担当者教育 (約2年間)のレジュメが出来上がりました。 この2年間のレジュメを提出させていただいたお客様のお店は全世界に数千店舗もあることを考えると がんばってアジアから更に そのVMD教育の芽を広げ咲かせていきたいと願うばかりです。 11月に入ってセミナーやら各お客様ブランドへの勉強会開催が続いており 今日は2週間ぶりに自分のデスクに座っている深澤でした。 天気も良いですし 午後から ちょっと眠くなりそうな方の為に ROCKなヤツを貼り付けておきます<リンク:::::>>
 2007/11/13 12:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
マニュアル作り
お疲れ様です 深澤です。

昨日まで中国のある都市で 某スポーツブランドのVMDマニュアルを作成中していました。

年内で3件目ですね〜〜・・・・・・・・

売場のバイブルですかね VMDマニュアルはッ!!

ほぼ一日中 クライアント様のプレスルーム内でPCと什器とニラメッコ状態でしたが

出来上がりの達成感は 毎回言葉にはなりません。


マニュアル自体を作ることは 店舗運営において絶対と言うわけではありませんが

本社 売場スタッフそれぞれが各個々の業務を行いながらもマニュアルという一つの

【今現在のものさし】を共有しながら 今後ドンドン進化するって言う捉え方をしていただけるのなら

それは 店舗運営であり商売を成功させる重要なエレメントであることは言うまでもありません。



写真は愛車と・・・・・・・・・って言いたいところですが

宿泊際のオーナーのヤツです。ランボルギーニ ムルシエラゴ バブリーですね。








 2007/10/19 20:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
〜上海より〜   H&MのVMD
半年ぶりに上海に行って来ました。
ここ数年のペースから考えるとかなり久々の訪中なので 変化し続ける町 〜上海〜
なんていうテーマでリアル上海レポートでもしてみようと思っていたのですが

特に以前と比べて何か変化を感じたかと聞かれれば
『まぁ〜特にはね〜 半年位だしねぇ』と言うのが正直な感想でした。

ただアパレルWEBの事務所近くのベネトンがH&Mに変わっていました。

(写真汚くてごめんなさいね)

ということで 国内では自分の仕事以外店内写真は撮らないのですが
ちょっと店内VMD頂いてきました。

レディースのフロアはホントお客さんが入っていましたね。
売上もベネトン時代と比べ相当良くなっているそうです。



メンズフロアは結構暇そうでしたし 季節感も無かったな〜
実際の商品については最初から分かっていたのですが 
僕は体系自体が痩せ型で 欧米人のように骨格がガッチリして無いので 
やっぱり この辺のカジュアルウエアは何着ても似合わなかったっすね

ただ正直下着だけは結構バリエーションもあって H&M日本進出の際にはオススメになりそうでした ではでは
 
 2007/07/06 23:20  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード