« 2015年のキーワードは幅  | Main | 久々にセミナーを開催します。 »
両立は難しいのかな〜
今日は少し打ち合わせの合間に時間ができましたので
都内の主要なアパレル系ショップのSALE状況を巡回してみました。

SALEは顧客の幅を広げる意味でも
在庫を早く消化する意味でも非常に需要なイベントだと思うのですが
良い商品があるお店に限って
商売は内気なんですよね〜〜

新しいモノ 珍しいモノ それなりに流行っていたモノなど沢山紹介できる
商品があるのに・・・・それが分かりにくい・・・・・

そこを狙ってるのかもしれませんが、そんな分かりにくい売り場を作る必要があるんでしょうか?

それとも商売が下手なのかもしれませんね


そんな売場とは逆に、商売っ気が強い売り場に限って
良い商品が残念ながら少ない・・・・
売りたいモノ お買い得なモノ それなりに売れたであろうモノも良くわかるのですが
とにかく魅力を感じる商品が少ない

もちろんどちらも持ち得ていないショップやスタッフも沢山あったり
いたりするんですが、都内の主要店舗でも
どちらかしかない状況なんですよね。

おしゃれさんと 売れる売場を作れる商人の能力を両立するのは難しいのでしょうか?

それとも良い商品が無い店だからこそ、そのショップスタッフは商売が上手くなり

良い商品がある店では逆に、商売が上手くなる必要がないので

商売人は育たないのでしょうか?


これは今日に限って感じたことではなく
昔から感じていたことなんですよね〜

ファッション業界で本当に必要とされるのは
売れる売場を作れる商売人? それとも ファッション感度の高いおしゃれさん?  

みなさんはどちらだと思われますか?

 2015/01/08 17:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL  ※トラックバックは承認制となっております。
http://apalog.com/fukasawa/tb_ping/778


コメントする
※コメントは承認制となっております。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク


コメント


リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード