« 前へ | Main | 次へ »
10年着られる服に関しての私感〜part3
このブログを開始してはや半年。振り返ると「意外に頑張って書き綴って来たな。」と私でも感じます。私のブログは毎回、原稿用紙にすると4枚分前後あります。そのような決して読みやすいとは言えないブログが半年が経ち多くの人に読まれるようになり、本当に感謝・感激です。

今後も頑張ってテーマに基づいたブログを記載していきたいとは思いますが、さすがに毎回真面目な記事を書くだけの「脳の体力」が私にはないので、勝手ながらシリーズ化している、「10年着られる」シリーズで、今回は「靴」をテーマにブログを書き綴っていきます。

今回ご紹介する「靴」は「10年着られる」というよりは、「10年履き続けた」ものが中心となります。「靴」というものは全てではないですが、どうしても「値段」に対して「クオリティ」が比例するものが多く、今回ご紹介する「靴」は一般の方から見れば、高いものが中心となりますが、そこはご容赦ください。

@ブルックスブラザーズの型押しプレーントゥ

これはブルックスブラザーズネームで製造はアメリカのアレンエドモンズが請け負っている商品です。アレンは本国アメリカではオールデンと並ぶほどの評価で、クオリティは非常に高いです。デザインもプレーンで、どんなスタイルにも合わせやすいのは間違いありませんが、クオリティーの割に安く、3万円台であったと思います。そしてソールはビブラムソール。雨の日も気にせずガンガン履けることが魅力です。レザーシューズの王道はレザーソールだとは思いますが、雨の多い日本ではレザーソールはなかなか不向きです。そんな時にこの靴はいつでもコーディネートの迷いを消してくれる1品。もうすでに4年以上履いてますが今後も長く履いていく一品です。

Aジョンストン&マーフィーのタッセルローファー

2品目はアメリカのブランド。ジョンストン&マーフィーのタッセルローファーです。ジョンストン&マーフィーと言えば、歴代アメリカの大統領が履いていたことで有名ですが、日本や他の国ではライセンス生産が行われてブランド自体は氾濫していたり、本国でも紆余曲折があったブランドですが、これは80年代前後製の高級ライン「アリストクラフト」のものです。
靴のマニアなファンの間では、その頃のジョンストン&マーフィーの靴が一番いいという方も多くいます。何よりもこの靴は古着屋で買ったので1万1千でした。さすがに人が履いていたものを買ったのは初めてでしたが、状態もよく履きやすいです。敢えてストリートカジュアルのスタイルに合わせて履きたい1品です。

BオールデンのUチップ

これは言わずと知れたオールデンのコードバンになります。このアイレット4つのUチップは現在ではお目にかかれることはあまりなく、よく靴好きの人に「どこで買ったの?」と質問されます。18年くらい前にに買ったものですが、今も現役です。当時、付き合っていた彼女に「私にはお金使わないで、なんで高いもの買うの!!」とディスられたことを今でもこの靴を見るたびに思い出します。何度も修理を重ね、しまいにはアッパーも破れたので、無理矢理修理しましたが、今後も長く履いていくつもりです。

靴は「高いものを買うと長く履けるから元がとれる。」と私のような人たちは良く言いますが、確かにそれは間違いではありません。
但し、私のような人たちは結局そのような靴を何足も買うので、「本当に元がとれてるのか?」とも思いますし、おそらくただの病気でしょう。

最後に、初めてオールデンのコードバンを買ったとき価格は68,000円でした。しかし、今では倍近くします。円安になるたびに「為替」の関係で値段が上がりますし、また「希少素材なのでいつかなくなる可能性があります。だから値段を上げるしかないのです。」とは言いますが、初めて買ってから20年以上経っても、色んなショップに別注がありますし、5・6年の前の超円高のときも値段が下がらなかったのは一体なぜでしょうか?そんな疑問を感じながら今回のブログを終了致します。

弊社ホームページをリニューアルしました。ご興味のある方、お仕事依頼に興味のあるかたは、弊社ホームページリンクをクリックしてください。
http://www.msmd.jp/
私の記事はフェイスブックからご覧になれます。下記をクリックしてください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2016/04/28 11:17  この記事のURL  / 

10年着られる服に関しての私感〜part2
「もう春ですね。」というありきたりな言葉でスタートした今回のブログですが、最近の私のブログを振り返ってみると、真面目な記事を書きすぎて、ただでさえ小さい脳が疲れ気味ですので、(よろしければぜひ真面目な過去の記事をご覧ください。)今回は「10年着られる服」の第2弾をゆるく書き綴っていきます。

まずは前回の記事のおさらいです。
”私なんかが思うに「10年着られる商品」というのは、ブランドや商品・定番品という概念ではなく,要は消費者であるそれぞれ個人の「お気に入り」でいいじゃない!!ということです。違う見方をすれば自分が「10年着たい商品」とも言えます。
一過性のトレンドものなんかも、自分が「10年着たい」と思えばそういう商品も当てはまるということです。

但し、「10年着られる服」となると最低限の条件があるわけで、「10年着たい服」とは少し趣を異になります。

「10年着られる服」の最低限の条件は
・良い縫製である。・頑丈な生地である。
当然のことながらこの2つになります。そこには生産国・生地値などは全く関係ありません。日本製の物より、中国製の物の方が良いものがたくさんあるのも紛れもない事実です。高かろうが安かろうが、その商品をガンガン着倒して、洗ったりを繰り返していると値段だけじゃない、商品のクオリティそのものを見極める目が養われてきます。"

みたいなことを前回書いていますが、そんな私感をもつ私が前回と同じくトレンドは全く無視して、自身のクローゼットの中から「10年着られる(着たい)服」の春バージョンをいくつか紹介したいと思います。

@ ギリシア軍のミリタリーJK

これは最近、私が足しげく通っている青山にある古着屋Verandahで購入した1品。(店長の岡本さんの接客・商品知識・商品セレクトが印象的な素晴らしい店です。レディースもあります。)M−65にも似ているのですが、生地は春にちょうどいいくらいの肉で、春着るJKとしてはかなり長めの着丈、そして何より細身でスタイリッシュ。これは今年のヘビーローテーションです。古着だけに値段も格安。これをモチーフに新品作ったら、「いくらになるんだ?」と感じさせる1品です。

A DK madeの太ボーダーカットソー

以前part1でも紹介した、親友でもあるDK madeデザイナー加藤大輔氏の1品です。この商品は生地はアメリカ製。縫製は日本製です。最近巷で出ているような、吊編みや伸びる・やわらかい。などとは対照的な生地で、テンションは少なく、生地は固めで洗えば洗うほど「良い味」が出る、どこか懐かしさを感じさせる生地です。この手のボーダーにありがちな斜行もしません。またこれはプリントボーダーなので、洗うとよいエージング感が出てかっこよいです。私はボーダーマニアで、ありとあらゆるボーダーを所有してきましたが、ありそうでないこの太ボーダー感が絶妙です。
ちなみに画像では半袖がありますが、これは私が夏も着たいので袖をカットしました。通常では売ってません。

B 2ndタイプのGジャン

これは10数年前の私がGLOSTER時代(現fredy&gloster)。あるメーカーさんのデニムパンツを見て、「この生地でGジャン作ったらかっこよくない!」ということで、当時GLOSTERデザイナーのI・Tくんがデザインを担当し、製造をそのメーカーさんにお願いした1品です。甘撚りの糸で生地を製作し、(66モデル的な色落ち。良い感じに色落ちしてます。)形は細身に設定。10年以上着ていますが、どんなスタイルにもあう1品です。但し、当時の私より体型がごつくなったので、現在の私が着るとデニムシャツのような感覚になっていまいます。でも今後も体型をキープしつつ着続けたい1品です。

その他にも紹介した商品がいっぱいあるのですが、次回以降にとっておきたいと思います。
トレンドを追いかけ意識するのも良いことですが、皆さんも自分自身の「10年着られる服」をみつけて、この春のファッションを楽しんでもらえればと思います。

ホームページをリニューアルしました。ご興味のある方、お仕事依頼に興味のあるかたは、このページにある弊社ホームページリンクをクリックしてください。私のブログはフェイスブックでもご覧いただけます。【マサ佐藤】で検索してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777


このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2016/03/09 10:00  この記事のURL  / 

10年着られる服に関しての私感〜part1
そろそろ春物も店頭に並びはじめシーズンの「トレンド」の傾向などが、さかんに叫ばれる時期ではありますが、今回は全く逆の発想で「10年着られる服」についての私感を述べていきたいと思います。

そもそも「10年着られる服」っていうのは、時折雑誌等でも特集が組まれていると思いますが、そこに出てくるようなブランドの商品というのはたいがい高い商品ばかりで、いわゆる定番品といわれる商品が多数を占めています。当然、高いだけに使ってみると納得できる商品がほとんどですが・・・

私なんかが思うに「10年着られる商品」というのは、ブランドや商品・定番品という概念ではなく,要は消費者であるそれぞれ個人の「お気に入り」でいいじゃない!!ということです。違う見方をすれば自分が「10年着たい商品」とも言えます。
一過性のトレンドものなんかも、自分が「10年着たい」と思えばそういう商品も当てはまるということです。

但し、「10年着られる服」となると最低限の条件があるわけで、「10年着たい服」とは少し趣を異になります。

「10年着られる服」の最低限の条件は
・良い縫製である。・頑丈な生地である。
当然のことながらこの2つになります。そこには生産国・生地値などは全く関係ありません。日本製の物より、中国製の物の方が良いものがたくさんあるのも紛れもない事実です。高かろうが安かろうが、その商品をガンガン着倒して、洗ったりを繰り返していると値段だけじゃない、商品のクオリティそのものを見極める目が養われてきます。
そんな中、今回は私のクローゼットの中から私自身の「10年着られる(着たい)服」をいくつかご紹介したいと思います。

@80年代くらいの生産のCWU−45

これは私が昔いた会社の先輩から8年くらい前に譲りうけたものです。もともと加勢大周の時代からMA-1が好きということもあり、いろいろ探していたんですが、先輩がこれを着ているのを見かけて,その商品に一目ぼれしたということもあり、無理言って譲りうけたものです。当然軍物ですから商品は頑丈そのもの、このカーキの色あいも絶妙で、毎年ヘビーローテーションで着倒しています。うんちくかたると尽きないのでここでやめときますが、今後10年も着ていく服になるでしょう。

A古着のロゴ入りスウェット

昔からスウェットが好きでいろいろ持っているのですが、最近偶然古着屋で見つけた1品。1,800円でした。ロゴがダサいです。おそらく推定すると80〜90年代くらいの商品ですが、ブランド名もわかりません。ただ一応アメリカ製らしく、状態も大変良好です。(何度も洗濯しましたが、全然へたれません。)ネイビーに白ロゴってあるようで私自身が良いと思うものがなかなかないんですね〜これが・・・これも今後私の「10年着られる服」になることでしょう。

BDK madeのフランス軍テント地スナイプコート

これは私の親友でもある、(株)DK labo代表兼デザイナー加藤大輔氏の作品で10年ちょい前に、展示会で見て即買いした商品です。当時は珍しかったフランス軍のテントで使用している生地をそのままコートにしたという1品でした。生地は当然頑丈で固く、よくこんなの縫製したなと思う程のものです。工場のおばちゃん?は縫製するのが大変だったことでしょう。そんなことはさて置いて、着るととにかくかっこいい!!ということで、春・秋は毎年必ずこのコートを着てます。
但し、このコート注意点が1つだけありまして、このコートを着ていると、よく警察に職務質問をされるということです。どうやらこのコートを着ていると怪しい人に見えるようです。ただ、今後も着続けたい1品です。

その他にも紹介した商品がいっぱいあるのですが、次回以降のブログにとっておきたいと思います。

この業界では「トレンド」を追い続けることは大事なことではありますが、皆様もときには立ち止まって「10年着られる服」について考えを巡らしてみるのも、違う景色が見えてきて、何か新しい発見ができるのではないでしょうか。

私もいつか自分で「自分が着たい、10年着られる服」のブランドを立ち上げるのが、今後の目標の一つです。その目標を達成するためにも、今の仕事を「積小為大」の精神でコツコツと頑張って、いつかその目標を達成したいと思います。


このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2016/01/14 18:57  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧