« 前へ | Main | 次へ »
成功体験を棄てられますか?
私がこの業界に身を置くようになり、20数年。幾度の失敗を経験し、また(私なりにですが)成功体験をしてきました。私のような煩悩のかたまりの人間は、失敗はすぐに忘れるんですが、成功体験はいつまでも頭の中から離れず、そして忘れられないものです。

私は以前いた会社で、立ち上げたブランドが会社のサポート・まわりのメンバーの努力もあって、売れるようになり、お客様からの支持を得るに至った。そんな現場に携わった私は、その時の「成功体験」を今もって忘れることができてないのかもしれません。

そのような「成功体験」を誰しもが一つ・二つ抱えていることだと思います。

しかし私は、いつしかそんな「成功体験」を「絶対」なものと勘違いし、そしてそのときの「成功体験」で得た「手段」を「絶対」なものとして固執し、変わりゆく時代変化についていけず、そして自分自身の成長を止めてしましました。

そのようなときの私の傾向は、

・(物事を)決めつけたがる。
・(自分の眼を)信じて疑わない。

この2点に尽きていました。当然、このような人間になってしまうと、周りも見えず、人の意見に聞く耳も持たず、自分が「良い」と思うことを決めつけてしまうので、当然周囲の人からの信頼も得られなくなり、私は大きな失敗・挫折を経験しました。

昨今、厳しいとよく言われるアパレル業界において、上記のような私の経験は、現在進行形で個人なり・組織なりで今起きていることなのではないでしょうか?

参考になるかどうかわかりませんが、今現在、私の意識していることは、物事を常に「複眼」でみるということです。

アパレル小売業の目的が「お客様を創造する。喜ばれる」だとすれば、その目的に至る過程は、平均気温や人口構造・また所得構造等の変化によって、お客様にとっての「最適」は常に変化している筈です。その変化に対応、そしてのその時々の「最適」を見極めるためには、私の成功体験を「絶対」「信じて疑わない。」と思考を固定されるのではなく、過去の自分の手法を否定し、疑ってみるという、もう一つの側面からも「複眼」でみるということを意識してみると違う景色も見えるようになり、過去の手法・手段に固執することが少なくなりました。

正直にいうと今後も私自身、過去の成功体験のすべてを棄てることはできないかもしれません。しかし、俳人の松尾芭蕉が「不易流行」(いつまでも変化しない本質的なもののなかにも、新しく変化を重ねることを取り入れること。)という言葉を言ったように、私の過去の成功体験の「不易」「絶対に変わらない本質」を見極めることで成功体験の「本質」をしっかりと掴み、過去の手段・手法は常に棄却し、アップデートできる自分でありたいと思います。

”皆さんは、成功体験が棄てることができますか?”

ファッションマーチャンダイジング講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/service2.html
私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2016/11/18 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧