« 前へ | Main | 次へ »
店頭の電球切れから学んだこと
日々、SNS等インターネットを見ていると、「良くそんなことに気づくな〜」と関心することしきりです。ときに行き過ぎた内容もあるかもしれませんが、それは自分なりの良識をもって判断すれば良いことです。

ここで話は変わりますが、20年前くらいの私が販売員時代。とにかくよく気づく店長がいました。現在と違い、当時は指導も厳しめだったので、あまり鈍感だった私はよく店長に怒られていました。

そもそも、その店長が何が凄いのかと言うと、棚の上段のほこり。たたみの数ミリのズレ。ハンガーの向き。から始まり、床のガム。そして、店内照明の電球切れ(当時はLEDでなかったので電球がよく切れた)。このように店舗の隅々のことが、一見で気づくことができる人でした。

「この人は全方位に目があるのか?」といつも怒られないようにびくびくとしながら、仕事をしていましたが、床のガムや電球ばかりが気になると、通常の業務でミスをし、また怒られるの繰り返し。どのようにすれば、店長のように店頭の「不備」にすぐに気づくのだろうと?悩んでいました。

これは、慣れで解決できる部分もありますが、ちょっとした「コツ」があるということに気づいたのは随分あとのことでした。

例えば、電球切れは「上を向いて確認しよう♪」ではなく、商品を見ていれば解ることです。当然照明の向きは商品をお客様にとって一番良く見える向きになっている筈ですから、当然お客様視点でみれば、そんなことはすぐにわかる話です。そのことが理解できたときから、その店長に怒られることもめっきり減りました。

こうして、いつしか私も「小うるさい店長」になってしまったのですが。このときの経験が活き、今でもそのときの店長には厳しく指導してもらったことを感謝しています。

「気づく力」というものは、このアパレル小売業にとって不可欠な重要な力です。

例えば、複雑な数値ばかりが並んだ資料を具体的問題点に気づく。現場・商品・データから、誰もが気づかない問題点に気づく。等のことは、実は簡単そうで中々難しいことです。

だからこそ、電球が切れているときは上でなく、商品を見ることによって、電球切れに気づくように、売上の上下だけで何かを短絡的に判断するのではなく、違う目線・顧客目線で考えることによって、現状の問題を打破するきっかけが生まれます。

気づく力を磨くには、商品やトレンド。売れ筋等の売上数値だけを見るのではなく、小売業の原点である、店頭。現場での気づきが何よりも重要なのです。

ますは、「ECの売上構成ガ〜」とか、「リブランディングガ〜」等と言う前に、基本に立ち返り販売の現場から気づく力を磨くことこそが、偉い人ほど、なによりも必要なのではないでしょうか。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/09/28 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧