« 前へ | Main | 次へ »
在庫を考える2
まずは前回のおさらいです。在庫回転率の計算式を以下記載すると。

”在庫回転率=(期間)売上÷(期間)平均在庫”

ということになります。簡単に説明すると、年間1億円で粗利益率50%(売上原価5000万)組織の平均在庫原価が1000万円だとすると、在庫回転率は5ということになります。

5=5000万÷1000万
(*在庫回転率は基本点数計算がベター。今回は点数計算に近い原価計算を用います。売価計算は、意図的に売価変更で在庫金額を少なくすることが可能だからです。)

年間の在庫回転率が5ということは、
”365÷5=73日。”1000万円の平均在庫をすべて消化するのに約2か月半弱かかっているということになります。

当然、在庫が多い組織は、在庫回転率が低く出ます。

在庫回転率をアップさせるには?

@ 売上(原価)を上げる。
A 平均在庫を減らす


のどちらかが必要です。

前回のブログでは@のことについて、かなりの極論ではありましたが、検証してみました。今回はAのこと平均在庫を減らす。このことについて考察していきます。

平均在庫を減らす。には簡単に言えば、2つのことしかありません。

A 仕入を減らす。しない。(水槽の蛇口を閉める)
B (セール等の手段を使っても)売上原価を施策を打つ(水槽の中の栓を抜く)

この2つです。

Aの方法も用いるデメリットについて考えると?当然、売上の低下が予想されます。そもそも長く滞留している在庫は商品としての鮮度も下がっている可能性が高い商品が多くあると想定されます。そんな品揃えだけで勝負しては、売上低下は免れません。仕入と売上金額が相対的な関係にある組織も多く想定されるので、最低限の仕入枠は確保しておきたいところです。

では?最低限の仕入枠とは?当然のことながら、売れた分だけ仕入れる。売上原価分だけ仕入原価を発生させるということです。そうなれば消化率は100%と言いかえることもできます。

この方法は、精度の高い期中でのMD運営が必要になるのと、事前のMD設計の緻密さが重要になります。

しかしながら、もともとの平均在庫が高い組織になると、期首在庫の金額がそのまま期末在庫の数値とイコールになるだけなので、在庫が増えることはないが、減ることもないということです

となると、Bの方法を同時に行わない限りは、平均在庫が減ることはないということです。

このことが大変です。考えられる方法は私が知る限り、以下のことになるでしょうか。

1 実店舗での消化
2 実店舗以外での消化(催事・FS・OL等)
3 卸売りでの販売
4 バッタ屋に売る(海外に売る含む)。
5 慈善団体に寄付
6 廃棄する


当然このことはメリット・デメリットが存在します。とくに6の手段は避けたいところです。更に、前回のブログでも書いたように、MD自体の見直しを含め、検討してみるとよいのではと思います。

最後に、2度にわたって在庫回転率について考察しましたが、当然在庫回転率ばかり気にして事業運営を行っていけません。売上・粗利益・在庫回転率・交差比率(粗利率×在庫回転率)等を連動して考えることが必要です。

そのためには、正しい指標の存在・チェック機能・MDの在り方等多くの見直しが必要です。在庫にお悩みの組織は是非検討してはと存じます。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/09/21 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧