« 前へ | Main | 次へ »
在庫を考える1
昨今、在庫過多にお悩みの組織も多いことだと思います。当然在庫が増えれば、在庫がお金に変わっていないということですから、キャッシュフローが悪化し、経営を圧迫することになります。

小売業で、在庫を見る指標として使われるのが、在庫回転率です。式は要約すると

”在庫回転率=(期間)売上÷(期間)平均在庫”
ということになります。簡単に説明すると、年間1億円で粗利益率50%(売上原価5000万)組織の平均在庫原価が1000万円だとすると、在庫回転率は5ということになります。

5=5000万÷1000万

(*在庫回転率は基本点数計算がベター。今回は点数計算に近い原価計算を用います。売価計算は、意図的に売価変更で在庫金額を少なくすることが可能なので今回は用いません)

年間の在庫回転率が5ということは、
”365÷5=73日。”1000万円の平均在庫の商品が入れ替わるのに、約2か月半弱かかるということになります。

当然、在庫が多い組織は、在庫回転率が低く出ます。

在庫回転率はあくまで指標であるので、組織によって数値の出方は全く違います。アパレル小売業でいうと、

・販売期間
・リードタイム(LT)
・仕入体制


等スタイルによって適正値は相対的に変わります。在庫回転率が高すぎても、そのブランド・ショップのスタイルと相容れないケースもあります。自分たちに近いスタイルの企業の数値(上場企業)を調べると比較対象になります。(是非調べてみてください)

しかしながら、現状多くの組織が少しでも在庫回転率を上げ、経営を良くしたいのは間違いのないことです。では?どうしたら在庫回転率をアップさせることが出来るかと言うと?方法は2つだけです。

@ 売上(原価)を上げる。
A 平均在庫を減らす。


皆さんも当然お判りだと思いますが、この2つです。今回はこの@のことだけを考察していきます。

@売上原価を上げるということは、言葉を言い換えれば、仕入から売れるまでの速度を高めるということになります。当然、このことを現実にするのは「売れる商品を仕入る。作る!」ということが当たり前です。しかし、今回はそのことは皆さん方の商品開発能力に任せることにして、他にどのような方法があるのか?ということを考えてみます。

今回は敢えて極論で言います。それは、強制的に販売期間を短くするということです。これはただ販売期間を短くするということでは、売れない商品の在庫がどんどん積みあがっていくので、同時にセール施策も考えておかねばなりません。売上原価を上げるというのは、同時に粗利益率を下げると言い換えることもできます。

例えば販売期間を1か月で新規商品を設定するれば、売れればプロパーのまま、販売10日で在庫消化日数が20日以上ならば、自動的に20%オフ等の条件を予め設定する等の、自動セールのようなことを行えばいいということです。

デメリットとしては、店頭に常にセールコーナーが存在。発注精度が低いと売れ筋はすぐになくなる。初回発注が少ないので原価率が上がる。しっかりした仕組みがないとただただ仕事が増える等が考えられますが、適正な粗利益率コントロールができれば、平均在庫が増える可能性は下がる筈です。現実にこのことを精度高く行っている組織もあります。

逆の視点で考えれば、販売期間が短いということは、初回発注が少なく、多くの商品が品切れになると考えられます。しかし、新商品入荷のサイクルも早いので、店頭の鮮度が上がります。例え常にセールコーナーが存在しても、お客様の視点で見れば、「この店は人気商品がなくなるのが早いから、早く買おう!!」という心理に訴求するかもしれません。

ブランド・ショップのイメージを良く保つには、セールは諸刃の剣ですが、昨今のセール状況等をみると、セールの前倒し後倒し論がどうこうより、逆にこのくらいことも検討してもよいのでは?という組織も多いのではないでしょうか?

次回はAの平均在庫を少なくするには?について考察していきます。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/
私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/09/19 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧