« 前へ | Main | 次へ »
そろそろ手法を変えるときがきたのでは?
かつては、アパレル小売業のブランドやショップの品揃え計画は、自分たちのことと顧客であるお客様のことだけに集中して考えれば良かったように思えますし、現状もそのように考えて品揃え計画を実行している組織が多いでしょう。

通常なら、トレンド等情報を分析し傾向を掴んで、発注へ。という流れでしょうが、昨今の商品供給のスケジュールを考えても、情報分析がままならないまま発注の時期がくるなんてことも普通ですし、そのことで発注を遅らせたとしても必ずしも売れるとは限りませんし、むしろよく言われる同質化を招きます。トレンド情報を商品化するスピードならば、大手ファストファッションに敵うべくもありません。

作り手であるメーカーや工場の事情・心理も考えない。自分たち都合の都度都度の発注では、小売りや作り手側も共倒れする可能性の大きい時代です。

例えば、売上50億円のアパレル小売業が存在すると仮定する。パンツの売上構成が10%の見込みで、1点単価1万円のMD設計をした場合。5万本の売上数が見込めます。事前にそのことがわかれば、パンツメーカーや工場の選定や、スケジューリングに利用できます。目先のデザイン・品揃えに拘るよりは、事前に具体的数値を算出し、その数量をもって事前に工場・メーカーとの調整ができれば、売る側・作る側にもメリットがあるということです。

買い手のお客様側の視点をもってしても、長期的に考えれば品質・価格等のメリットがあります。その分売れ筋の見極めや、自分たちの組織以外のコミュケーション・コントロール等状況によっては、柔軟な対応が必要とはなりますが「自分たちさえ儲かれば、良ければ。」の発想だけでは、おそらくこの状況を打破するのは難しいでしょう。

また、作り手側も売り手側の思考を推理し、新しいアプローチでの提案と先を見据えた仕事の理解が求められます。

そのことに気づかずに何の工夫もなく、今まで通りの流れでMDやバイイングを行っている人がいるとするならば、MD・バイヤーのポジションを他に譲るべきでしょうし、上から目線で、工場・メーカーに無茶な要求ばかり呑ませるような姿勢でもいけません。また、メーカー・工場も先のことを見据えずに、目先のお金の大きさばかり考えて、取引先を門前払いするようではいけません。

一つのブランド・ショップ事業を成功させるには、今まで以上に、作り手側・売り手側の相互理解・協力が必要な時代になったと言えます。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/11/09 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧