« 前へ | Main | 次へ »
ものづくりの良さと感性だけでは生き残るのは難しい?
いつも堅苦しい?ブログを書いている私ですが、こう見えてもかなりの「服好き」であります。

ものづくりに拘ったシンプルな服・靴がたまらなく好きです。かつては、服バカであったので、私の収入に見合わない金額の服・靴を買っていました。私の世代(現在44歳)よりも上の人はそういった人が今よりも多かったように思います。

そのような流れを取り戻したいのか?ここ数年「日本製」がもてはやされたときもありましたが、そのことは思ったほど浸透してませんし、私のような業界の人間が考えるほど、お客様は甘くはありません。商品によっては中国製の方が優れているものもたくさんあるというのは周知の事実です。

また、セレクトショップが日の出の勢いで台頭していた20数年前は、今ほど情報を容易に仕入れるのが難しい時代でした。そんな時代だからこそ、セレクトショップのバイヤーの「感性」で仕入した商品には、それなりの価値がありましたし、また消費者である私のような人たちはそれを雑誌で知ることによって、ある種の羨望みたいな感覚がありました。

しかしながら、その頃から20数年経った現在。ユニクロ・ZARA等に代表されるファストファッション(以下FF)の商品はよくできていて、「ものづくり」で差をつけるのが難しい時代になりました。

私のような服マニアからすれば、マニア目線で「ここの部分は価値があるから値段が違うのが当然!」という人も、まだいるかもしれませんが、プロの目から見てもFFの商品の進化は驚くべきものがあると証言している人が多数です。ということは、消費者からみたらより値段の高い商品の「価値」を見出すのは難しい時代になったといえます。

また「感性」の部分も、そのような大企業はお金がある上、情報を仕入れるのも有利です。最早、トレンド商品を最速で店頭展開できるのはFFです。また、その資金力で有名ブランドとコラボしやすいのもFFです。

そして、セレクトショップが苦手としている、データ分析・数値管理系の仕組みも整っているので、その差はますます開くばかりです。

「ものづくり」や「感性」を長所とし成長してきた企業・組織が今後生き残るには、時代の変化を認め、過去の古くなった成功体験を棄て、変わらなければいけません。ではどう変わればいいのか?私なり考えてみると。

・販売

→販売員の個人技に依存した店舗運営。
→価格戦略に見合った販売員の育成。論理的にマネジメントできる人材の育成。
→客数の考え方。来店数目標ではユニーク客数増を目指す。そのための戦略と手段を具体的に考える。
→その他既成概念に捉われない、全く新しい販売手段。(元来は新しいもの好きだから出来る筈?)

・MD

→「感覚」と「数値」を一致させるMD体系の確立。両方を理解できる人材の育成。
→長所の部分をより活かす。MDスケジューリングと戦略と手段の共有。
→データ分析を演繹的に思考できる人材の育成
→わかりやすい価格戦略。(値入率と粗利率の関係を見直し)
→お客様目線で付加価値を見つめ直し、新しい付加価値を確立する。(これ難しい)

・PR

→マンネリ化したファッション雑誌依存のPRの見直し
→既成概念に捉われない新しいPRの確立。(私の頭では手段はわかりません。若い人材にアイデアを考えてもらうのがいいのではないでしょうか。)

私のない頭で考えるとこの程度でしょうか(すいませんm(__)m)他は当事者で考えてください。

元来、この業界の「ものづくり」や「感性」が好きな人は、「新しいもの好き」で「既成概念に捉われない」ような人だったように思います。それがいつしか成功体験に捉われ、いつの間にか「変化を嫌う、時代遅れの人」に成り下がってしまったような気がしてなりません。

だからこそ、本質の部分はブレないが、リスクを負っても「時代の変化を受け入れ、変わることを恐れない。」このことが、この業界で「ものづくり」や「感性」に拘る組織・人に一番必要なことではないでしょうか。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/07/31 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧