« 前へ | Main | 次へ »
アルゼンチン人のサッカー監督が気になる話
今回は趣味の話です。私は昔はサッカーをしていましたが、今は見る専門です。(現在は、サッカーをプレイする気は毛頭ない)そして、術専です。(戦術専門)ここ10年のハイビジョン放送により,サッカーの戦術部分が、テレビでもより解り易くなりました。

昨今、サッカーの第一線である欧州では、その戦術が、グアルディオラの登場等でより複雑化しています。単純に4−4−2。4−3−3等フォーメーションを単純に数値であらわすことが難しくなっています。

そんな中、最近気になるのは、アルゼンチン人の監督が欧州で優秀な成績を収めているということです。アトレティコマドリードのディエゴ・シメオネ。トットナムのポチェティーノ。セビリア(清武がいたところ)のサンパオリ(今度のアルゼンチン代表監督)等です。

「何故、アルゼンチン人の監督が優秀なのか?」をある雑誌で知ると、現在のアルゼンチン人の監督の隆盛は2つの理由があるようです。

@ マルセロ・ビエルサ監督の影響(2002年のW杯の監督)
A ビセンテ・ロペス監督養成学校等育成カリキュラムの充実

です。まず、@のマルセロ・ビエルサは日本では、2002年の日韓W杯のときに監督として有名になりました。そのW杯では惜しくも予選リーグで敗れていまいましたが、2年後のアテネ五輪では、アルゼンチンを金メダルで導いています。(そのときの中心はカルロス・テべス)

マルセロ・ビエルサ監督の最大の特徴は、その「攻撃サッカー」にあります。またマンツーマンDF(地域を守るのではなく、人につく守り方)も特徴です。(サッカーの主流はゾーンDF)その攻撃サッカーはときに見るものを魅了します。グアルディオラ監督も直々にビエルサ監督の教え請うた話も有名です。

Aの監督養成学校は現アトレティコ監督のディエゴ・シメオネやその他多くの有名監督を輩出しています。そのビセンテ・ロペス監督養成学校の授業の特徴としては、極めの細かいカリキュラムにあります。凡そ、日本人が想像する以上に細かいカリキュラムで最近では、脳科学の授業なんかも取り入れているそうです。また、時代の変化とともに、カリキュラムや内容を柔軟に変えていくのも、教育の特徴だと言えます。

名前は忘れましたが、その学校の責任者によると、アルゼンチン人の監督の特徴は次のようになると言っています。

@ 状況に応じた問題解決能力
A 決断のスピード
B コンセプト(根本)を理解した上での、オリジナリティーの追求
C 選手に自分の考えを「わかりやすく」伝える。

この4つだそうです。@Aに関しては、現在のアルゼンチンの経済・治安状況が大きいようで、少しでも事態把握が遅れ、決断遅くなったりすると危険な目にあうからだそうです。

BCに関しては、前出のマルセロ・ビエルサ監督の影響が多いようです。彼のトレーニングは2000年前後では、変人扱いされるような異端なものでした。(試合中のシチュエーションに応じたトレーニング。反復練習等)その練習の意図を伝えるビエルサ監督の言葉は、明確でわかりやすかったそうです。その時の教え子が現在監督になり、その影響を強く受け、その戦術・マネジメントを単純に真似するのではなく、自分なりのエッセンスを加え、オリジナリティーを追及しています。

このアルゼンチン人の監督の特徴である@ABCの考え方は、この業界で人を使う立場(経営者・役員・管理職等)の人間にとって、とても参考になること多いのではないでしょうか。

最後にそんな優秀な監督を輩出するアルゼンチンですが、2010年南アW杯で当時全盛だった?リオネル・メッシを要し、他にも優秀な選手を揃えていたにも関わらず、何故ディエゴ・マラドーナに監督を託したのか?そのことは未だに謎です(笑)

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/service2.html

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/06/01 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧