« 前へ | Main | 次へ »
メリット・デメリットをテーブルの上に並べてから
「コインの裏表のように〜♪」

と言われるように、どんな物事も必ず表と裏の関係があると言われます。

例えば、この業界で新しい事業を立ち上げるとき、物事の裏表。言い換えれば、メリット・デメリットをテーブルの上に並べず検討しないことによって、「バラ色の未来」と言える楽観的な事業計画で新業態を立ち上げ失敗する。なんてことをよく目にしたりします。

デメリットはある意味「リスク」になります。しかしながら、どんなことにも「リスク」が付きまとうのは当然です。そして、その「リスク」を理解し、背負わない限りは新しい物事。とくに事業なんてものは成功する余地さえありません。

ここで話は変わりますが、下記写真のパーカーは私の長年の友人である。(株)Dklabo代表取締役。加藤大輔氏自身のブランド。Dkmadeの裏毛のパーカーになります。彼がブランドを立ち上げたときの商品になりますから、かれこれ7年ほど愛用しているでしょうか。

この商品の(私からみた)メリットは?

・メイドインUSAの固めの裏毛の生地。洗ってもくたびれない。独特の風合い。
・フードを被らないときの見え方を計算している等秀逸なパターン
・メイドインジャパン
等です。

逆にデメリットは?
・固い生地。昨今主流の柔らかい裏毛とは対極。
・値段。(1万以上する。)
等です。

先にはっきり言ってしまうと、私からみるこの商品のメリットは、多くのマジョリティーであるお客様からみれば、デメリットでしかありません。むしろ、固めの裏毛なんて多くの人が敬遠するでしょうし(古着好き等マニアから見ればたまりませんが)、パターンの良さなどは、一般人にはわかりづらい部分です。メイドインジャパンも某商社の社長がいうような売りにも全くなりません。

しかしながら、こういったメリット・デメリット。顧客ターゲットを加藤氏自身は最初から理解し、研究した上で商品を作っています。よって、そんな彼のもとには、こんなご時世にセレクトショップ等多くの仕事依頼が舞い込みます。

http://www.dklabo.com/

この業界でよくある、今後起こるべき事態のメリット・デメリットを考えず、「隣の芝生が青く見える」体質で、安易に真似をしてしまう。もしくは、マジョリティーに支持されるようなブランド・ショップでもないにも拘らず、マジョリティー狙いのようなことをしてしまい。ブランドコンセプトが大きくずれる。見失い。大失敗する。このようなことが多々見受けられます。

こんなことにならないよう、一度メリット・デメリットをテーブルに並べ俯瞰し、デメリットをよく理解したうえで、自分たちのすべきことを深く考えた上で実行する。このことが必要なのではないでしょうか。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/11/16 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧