« 前へ | Main | 次へ »
ホントに回復できるの?
時事ネタは、あまり得意でないので書かないのですが、たまには禁を破って時事ネタを書いて見ようかと思います。

先日、こんな記事を見つけました。
「銀座三越の市中免税店 初年度売上高は計画の3分の1」
https://www.wwdjapan.com/417839

最近、何かと話題の三越伊勢丹ですが、この事業に関しては合弁会社で運営しており、三越伊勢丹の出資額は2位で全体の30%にも届きません。

そもそもこの記事で何が驚いたかというと、売上が当初計画の3分の1しかとれていないというところです。(それでも50億円売れているのですが・・・)

事前計画を作る段階で、「初年度は赤字だが、様々な手段を講じ3年後に黒字化。」みたいな計画はよく見かけますが、初年度計画の30%の売上ならば、通常の企業組織では、即事業廃止になるレベルです。

また、事前計画を作る段階でなんて楽観的思考で計画を作り、実行したんだろう?という驚きを禁じえませんし、よくそんな計画が承認されるなとも感じます。ここからは、私の推測ですがおそらく以下のような思考・事象が蔓延していたのでしょう。

・事業計画作成段階では、インバウンド全盛でまだ伸びしろがあると期待していた。(楽観的思考)
・古い体質の組織特有の「隣の芝生は青く見える」体質。
・そもそも組織の体質で「最悪の事態想定」の発想がない。
・寄り合い所帯だからか?事業の指揮をとるリーダー不在?
・上から(上層部)の丸投げ体質。
・権限と責任がセットになっていない。

こんなところが推測されます。
中国の兵法書である「孫子の兵法」の有名な一説でこんなことが書かれています。
”彼を知り己をしれば百戦あやうべからず”

事前に相手のことを十分にリサーチし、自分のところの実力を客観的に知り、分析すれば、100回戦っても負けることはない!的な意味にも捉えられます。

相手(顧客)を楽観し、十分な計画・事態想定(メリット・デメリットの検証)もない。そんな戦い(事業・仕事)は「負けるべくして負けた」ということになるのでしょう。

また記事には、早期の黒字化を目指しテコ入れする。今期(18年3月期)には黒字化すると記載されています。そもそも事前計画の3割しかとれていない組織がこんな目標を掲げても「絵に描いた餅」にしかすぎず、現場で仕事に従事している従業員をシラケさせる結果になりはしないでしょうか?

そもそも「早期」にと言っていますが、本当に「早期」だと考えているならば、オープンして2・3日でこの事業は「やばい、売れないぞ!」と気づき、改善できることは改善し、施策を実行しなければなりません。

そのことが出来ない理由として
・寄り合い所帯だからか?事業の指揮をとるリーダー不在?
・権限と責任がセットになっていない。
・品揃えでの制約。

等様々な問題があったのでしょう。しかしながら、事前計画も大事ですが、それ以上に大事なのは、いざ本番が始まってからの、現場に足を運んでの日々の気づき・業務改善のスピードと実践の積み重ねです。

顧客からダメ出しされた事業を改善するには、「変化」と「スピード」が不可欠です。そのことが一番苦手な旧態依然とした組織に、計画の30%しか売れなかった事業が来年までに黒字化するなんて到底考えらない。と感じるのは私だけでしょうか。

ファッションMD・マネージャー講義「正羽村塾」生徒募集してます。(個人・企業等)ご興味のある方は下記連絡フォームより気軽にご連絡ください。
http://www.msmd.jp/service2.html

私の記事はフェイスブックからご覧になれます。気軽にフォロー・友人申請してください。
https://www.facebook.com/masafumi.sato.777
このたびはこのブログを閲覧いただきありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
 2017/05/29 08:00  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール

マサ佐藤(佐藤正臣)

(株)エムズ商品計画・代表取締役

95年(株)ノーリーズにアルバイトとして物流倉庫からスタートし、店頭勤務7年(レディース)。
02年より(株)ノーリーズにおいてメンズ(フレディ&グロスター・ノーリーズメンズ)立ちあげをMDとして担当。
10年よりフリーランスとして活動開始。
シャツメーカーの新ブランド開発の企画サポート。
その他、新規ブランドの立上マーチャンダイジング計画など、様々なフィールドで活躍したのち、14年5月末、株式会社エムズ商品計画を設立。
企業へのMDアドバイスや文化服装学院で講義・また海外での講義等。
「お客様の側に立ち、人の役に立つ仕事をする。」
をモットーに、アパレル業界発展のため活動中。

株式会社エムズ商品計画
http://www.msmd.jp/


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
更新順ブログ一覧