樋口繊維工業
オンエアのお知らせ
【5月のQVCオンエア】

 
            
    12日(日)午前1時 コットンファクトリー     
              
    30日(木)午後3時 「kumi'sルーム」   
       
    元気カラーを上質素材で染め上げた「エレガンス・スムース」中心のオンエアです♪
    デザインもキャリアからミッシー、ミセスまでお召しいただける商品が登場してまいります。


    kumi'sルームではコットンメッシュのブラウスに、刺繍をふんだんに使ったインナーのアンサンブルも楽しい商品が登場します。
    

 
最新記事
カテゴリアーカイブ
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
QR
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/factory5/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
 
« 2016年08月 | Main | 2016年10月 »

2016年09月30日(金)

頑張らなくっちゃ〜!!追伸3

  昨夜から涼しくなって湿度も低く、一転して秋に戻った両国です。
 爽やかで朝の支度に動き回っても、汗ばむことが無いのは助かります。

 いつものようにご先祖様、祖母にお茶を煎れて、これで準備万端です。

 毎朝、祖母の写真に「おばあちゃん、おはよう!いつも有難うございます。」と話しかけるのですが、変わらぬ優しい笑顔に今日も感謝の気持ちで頑張ろうと思うのです。

 今日は営業会議の後、生地提案で自分が外出です。
 まだ上代ありきのアパレルさんが多いので、「似たような安い素材で、安い工賃の工場でそこそこの商品で良い。」ところが残念でなりません。

 自分は真面目に「真の日本製を育て、守る!」ことにも使命感を感じています。
 この部分に理解を示して下さる先様も少しずつですが、増えていることも事実です。

 「共存共栄」という言葉も聞かれなくなって久しい昨今ですが、応援して下さるお客様と共に頑張りぬくしかないと思っています。


 

 
 
 昨年11月の日本寒蘭展の時に神代植物公園で購入した、黄色の椿の原種「金花茶」が蕾をつけてくれました。

 まさかと思ったのですが、小さな蕾が2つ着きました。

 確かに非常に良い生育だったので、早くみられるかなと思っていましたが何よりも嬉しい発見でした。

 来月は何か良いことがあるかもしれません〜




 今日は半期の年度末の金曜日なので道路もやや混雑でしたが、早めに出たのは正解でした。

 商談も済ませて帰宅すれば、お客様から数本お電話を頂戴していたようです。
 バイオフライスの注文も入っていたのですが、日本は広いと感じます。

 午後からは来月の展示会の打ち合わせもあり、良い状態で10月を迎えるべくその準備に余念がありません。
 

 お昼前には素晴らしい秋晴れになっていたのですが、いつの間にか曇っていた両国の空です。
 そう言えば、お昼のニュースでは栃木県日光の戦場ヶ原では「初氷」だったそうです。

 まだ湿度が低いので窓を開けて仕事をしているのですが、そうなると蚊が入ってきて困ります。
 最後の蚊なのでとっても小さいのですが、それがまた刺されると痛さを感じるくらいに痒いのです。

 蚊と戦いながらの仕事ですが、そろそろ窓を閉めてクーラーかなとも考えています。



 何だか忙しないまま、日が暮れた月末の金曜日です。

 明日は1日なので、先に神仏の花器を消毒して、その足で花屋さんに出かけました。
 秋の花がたくさん入荷していて、思わず手に取ってしまいましたが、ここはやはり定番で!(笑) 

 明日は天気が悪いようなので、いつもよりも前倒しの自分です。



 





 
 この 記事のURL  /  コメント(2)

2016年09月29日(木)

エネルギー源 追伸3

  小雨そぼ降る両国の朝ですが、蒸し暑いです。

 まだ元気にお隣のアサガオも咲いています。
 不思議なことに数本あったのですが、ラスト1本だけ元気に咲き続けているのです。

 その健気さを自分にもと思いつつ(笑)、既にスタートしてます。

 お客様からは8時半にお電話を頂戴して、先日の商品のご感想やら、オンエアの諸々・・・。

 お客様とのお喋りこそ、自分にとってのエネルギー源なので、幸先の良いスタートとなっています。  

 


 日本寒蘭の中でも土佐産の銘品「桃紅・とうこう」です。
 もっと冷えると澄んだ濃い桃色の花芽になるのですが、、、、ちょいと残念です。

 それでも美しい花姿になることを頭に描いて、開花を待っているところです。



 近所のホームドクターのところに月1の問診に行ってきました。
 血液検査もマズマズをお年頃、OKでした。

 社に戻って、新しいブランドさんのサンプルを見て、企画にチェックしてもらっています。

 これからまた染工場の社長が来社との電話が入り、お昼直前までまだバタバタしています。



 午後一番で企画からファーストサンプルの説明を受けて、これからお届けに出かけて来ます。  

 目黒渋谷方面にほとんどの得意先が変わって久しいですが、自分もその空気に触れるだけでも活性化するものです。 

 今日は変な天気ですが、お電話いただいた高知県のお客様から「こっちは暑くてかなわんのよ!」とのことでした。

 皆様もどうぞお気をつけて季節の変わり目を乗りこえてくださいませ。


 
 空気が入れ替わってきたようで、屋上はかなり涼しくなっています。

 花芽の着いた寒蘭を外に出してたっぷりと潅水、もちろん蘭室も。
 夏バテで枯れてしまった株も少なくなかった今年は空いた鉢を眺めつつ、自己反省しきりです。

 また、今年は彼岸花が1つも咲いてくれませんでした。。。

 明日はまた早起きして、動植物の見回りです。
 早いもので明日は月末の金曜日。

 もっとシッカリしないとダメだと思う自分です。
 

 

 

 

 




 
 

 

 

 

 
 この 記事のURL  /  コメント(3)

2016年09月28日(水)

寒蘭の花芽を眺めつつ・・・追伸4

  今朝も蒸し暑い東京ですが、午後からお天気は下り坂、、、雨になって気温も戻るようです。  

 支度を整えて、始業前にはまた屋上に薬剤散布後の寒蘭の花芽の確認です。

 異常高温の夏になって久しい東京ですが、最近はそれに伴う生理障害と思われる枯死が色々な蘭に起こるようになりました。

 異常気象のせいなのか、自分の培養技術が落ちたのか、それは定かではありませんが、確実に弱い蘭は消えています。

 日よけの寒冷紗の度を上げてみたり、扇風機を回してみたりしていますが、確実な対処法が確立できていません。  

 これで止めるのは性格的に悔しいので、仲良しの蘭友の話を聞いたり、自分の栽培環境に合うように試行錯誤しています。

 ただ、我流だけは百害あって一利なし、身に染みているので行いません!

 花芽の出た寒蘭の鉢を手に取りながら、ふと自分の仕事にも重ね合わせています。

 



 日本寒蘭の「飛鳥人・あすかびと」です。
 ご覧の通り、出芽の時には萌黄の地に濃緑の縁取りが入ります。

 葉芸は展開にするにつけて消えていくのですが、花にはしっかりとこの芸が継続するのです。

 葉と花を楽しめる個体は貴重で、2芸品と呼ばれています。



 朝2番で糸商社の部長さんが来訪、生地の染め上がりのロットブレを持って見えました。
 デリケートな素材が多いので、編み立て、染色、整理にはいつも気を遣うのですが、問題は少なくありません。

 一生懸命にやってくださっての失敗はお互いさまです。
 いかにお客様が喜んでくださるのかが、自分たちの使命だと思います。

 「失敗は成功の基」だと思いつつ、頭を抱える二人です。



 午後一番で税理士の先生がみえられ、次は新規の取引覚書の捺印、そしてこれからまた商談です。

 その後は出かけて組合の顔合わせ、飛んで帰って今夜も遅くなりそうです。

 外はいつの間にか雨が降ってきました。



 雨は道路が濡れるほどでもなく、パラパラと降っています。

 昨日に続いてちょっと遅くなりましたが、今日はややヘロヘロです。

 それでも寒蘭の花芽や植物たち秋の作業を考えるとウキウキと楽しみな気分になってきます。
 これを夢見に早く寝ようと思います。



 

 
 


 この 記事のURL  /  コメント(2)

2016年09月27日(火)

今日もまたまた♪追伸4

  晴れの予報が曇りになり、前線よりも下に東京が位置しているそうで、今日もムシムシの朝を迎えています。

 今日は早く目覚めたので8時前には支度がすべて完了です。

 それでも始業時間までにすぐになってしまい、営業会議を終えてまた次の仕事にかかっています。

 デザイナーさんも来たので、まずはまた色々な相談です。

 今日は夜まで出たり入ったり、、、忙しい1日になります。

 


 これはユウコクランの「黒潮」です。
 濃緑の縁取りの中に松葉をちりばめたような細かい緑が入ります。

 それを潮流に例えて命名されたのではないでしょうか?

 これも平成初期の古い銘品個体ですが、最近ではあまりお目にかかることがなくなったのが残念です。
 我が家でも初代は枯死させてしまい、これは2代目です。  



 お客様からのメールに目を通しつつ、デザイナーさんとの打ち合わせ、午後からは染工場の社長もみえるようです。

 プリント屋さんと濃色に関しての商品の扱い方を再点検。
 どの素材でも発色良く、また濃い色は「漬け置きは厳禁!」なのです。
 今は特に洗剤に漂白成分の多いものが主なので、なおさらです。

 せっかくの商品が一度で台無しになってしまったら、目も当てられませんから。
 秋の本番を前にまたここで皆様に注意を喚起するところでもあります。

 外は今にも降りそうになってきましたが、さてどうなるのでしょうか・・・。

 先手必勝、万事前倒しですが、笑顔で過ごせることに感謝です。



 午後からは染工場の社長が登場、前後ではひたすら計算・・・。
 そして、合間にはお客様からの電話の対応と一局集中の自分です。

 なんでもかんでも社長なのでお前がやるのは当然と、父は申しますがこれにはいささか反論あり。

 ここまで細かに動いていなかったと思いますし、時代も良かったと。
 逆に繊細にキチンと動いているからこそ、今の自分があると思います。

 これについてはいつも自分を応援して下さるお客様のおかげでもあります。
 継続こそ力なり、、、この一言に尽きますね!



 日暮れは早いのですが、蒸し暑さは堪えます。。。

 今夜は遅くなってから、また薬剤散布の予定です。
 何しろこの暑さのぶり返しは、病害虫には天の恵みでありましょう。

 珍しくカメムシが飛んできたのもビックリしましたが、これまた天敵なのでお暇(いとま)願いました。

 蘭の花芽は儚いもの。。。
 気を遣って株を冷やしたり、日に当てたり、花茎をまっすぐにしないと見事な花は咲かせられません。

 仕事も同じことで、丹精しなければ見事な結果は得られないものです。
 

 今夜は遅くの帰宅です。

 自分自身が責任ある立場ですが、これを全うすることは体力気力ともいつも健全でなければと思います。

 おかげさまで自分はその立場でも色々なご縁とパワーにより、いつも完成を研ぎ澄ませていられると思うのです。

 今夜は疲れましたが、その分、充実感に満ち満ちています。




 



 

 

 

 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2016年09月26日(月)

フル回転の月曜日♪追伸4

  今朝も太陽が顔を出して嬉しいものの、湿度は99%だそうです。
 朝の支度で動き回っていると、汗が噴き出してくる自分です。

 月曜日の朝はやはり笑顔でスタートが一番と、意識的にテンションを上げることも大事だといつも思います。

 そんなわけで、朝礼を済ませて始動しています。

 10時前には関西から来客があるので、今は待っているところです。

 ところで、有り難いことに先だってのオンエアに関してのご感想は相変わらずいただいております。
 これをキチンとまとめてQVCさんにもお伝えしようと思っています。



 さて、今年も第1工場長の稲刈りが始まりました。
 皆様にもそのお裾分けをと思っております。

 どうぞまたその節には奮ってご応募いただきたいと思います。



 久しぶりの日差しがキツく感じる両国です。
 眩しいのもありますが、汗がまとわりつくような湿気は変わりません。

 午後からも来客があるのですが、今日は紡績さんの提案で頭の中の季節が目まぐるしくなりそうです。

 天気はこれからまた下り坂のようですが、自分のテンションは高いところで安定しています。(笑)



 午後になって色々と動くことがでていますが、穏やかに粛々と進んでいます。

 お客様のお声をお聞かせ願いながら、自分もブレずに前進あるのみです。

 仕事に趣味に集中できるのも、お客様のおかげです。

 寒蘭の小さな花芽を見るにつけ、穏やかに感謝の気持ちと共に自分はこんな趣味を持てて幸せだなぁと思うのです。



 来客での商談はスムーズに和やかに、、、真剣に。
 お互いに真面目なパートナーが多いので、これは本当に助かります。

 そろそろ外の天気は降りそうな感じですが、今日はずっと蒸しています。

 北海道、奄美・沖縄で今日は大きな地震があったようです。
 沖縄県北部にもお客様がいらっしゃいます。

 先週は関東沖の深海部で大き目な地震が群発していました。

 ちょっと油断しないで、皆様ともにお過ごしいただきたいと思います。



 夕食後、ドラッグストアに運転手で出かけたのですが、ポイント割引が一昨日までだったそうで一気にトーンダウンでありました。

 母も自分もまとめ買いは中止、最低限の買い物で帰宅しました。(笑)
 何だかもったいなくって、、、。

 ふと、使い方は違いますが「いつまでも、あると思うな親とカネ。」、、、と浮かんだ自分です。 
 
 


 

 

 

 

 

 

 
 
 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

| 次へ