樋口繊維工業
オンエアのお知らせ
【1月のQVCオンエア】

 
            
    6日(日)午前10時 ウールファクトリー  
    25日(金) 午前7時 午後8時mixショー           
    ビッグディスカバリー&梅春商品のご提案です♪       
       
    
           
    

 
最新記事
カテゴリアーカイブ
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QR
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/factory5/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
 
« 2013年09月 | Main | 2013年11月 »

2013年10月31日(木)

25年前のカシミヤに思う追伸5

  今日も爽やかな晩秋の朝を迎えた両国です。
 屋上に来るスズメの鳴き声も澄んで聞こえます。

 早いもので10月も今日で終わり、今年のカレンダーも残り少なくなってきました。

 肌寒さを感じる季節になるといつも思い出す1枚のセーターがあります。



 これがそのカシミヤのセーターです。
 もう25年くらい前のものなのですが、自分にとって初めてのカシミヤでした。

 いつもの如く荷物持ちで祖母と一緒に行ったデパートでたまたま「英国展」をやっていて、ふと目にとまり、ジッとみるとご覧の通りのメランジ調の美しい染色、そしてその風合いの良さに触って驚いたのは言うまでもありません。

 金額も金額でしたから黙っていたら、祖母が「あんた、これ欲しいの?」と
 自分「・・・ん」

 「ほら!買いなさい。」と、店員さんを呼んでくれました。
 帰りの車の中で「カシミヤなんて一生もの。大事に着るのよ。」と言われながら、受け取った紙包みを大切に胸に抱いていたのを懐かしく思い出します。

 言われた通りに今も大事に持っています。
 色褪せも風合いも当時と殆ど無く、「これぞカシミヤ!」という気がします。

 ウールもラムもカシミヤも、世の中に今や飽和状態で氾濫していますが、自分はいつも「時代は移ろいでも、本物は変わらない。」と信じています。


 昨日の静岡茶さまのコメントを読ませて頂いて、ふと書きたくなった思い出のカシミヤセーターでありました。



 午前中はいつもの通り、秋田工場や得意先、副資材屋さんからの電話に追われての時間です。

 このところコメントがなかったスーママさまから「どうしてか、コメントが送信できないの。」と、連絡を頂きました。

 メールは頂戴していたのですが、何故だかわからず困ったものです。
 でも、商品到着のご感想を直にお聞きすることが出きて良かったです。

 午後からは生地の発注でちょっと一人でまた籠る予定です。
 高い生地なので計算を間違えては大変ですし、納期もタイトなのでまた交渉です。 


 午後の陽射しも柔らかく、穏やかです。
 夕方から父と一緒に大事な商談に出かけるので、その資料作りなど準備をしています。

 何しろ色々とやる事が多いので、いつも身の周りの整理整頓ができず困ったものです。
 それでもたくさんに仕事のお話を頂戴することは有難く、また、皆様からのお電話やメールでの交流も良い気分転換ですし、良い刺激となっています。

 北海道から沖縄県まで応援して下さるお客様がいて下さることは、いつも申しますが「心の支え」なのです。

 「忙しいけれど、体に気をつけて!」と最近特にご注意を頂く事が多い自分ですが、どうぞこれからも仲良く楽しく宜しくお願い申し上げます。 


 さて、これから父と一緒に商談、兼ご挨拶に行って来ます。
 
 父は公私共に本当に苦労してきた人なので、そろそろ実務外交から親善外交にと自分も緩やかに交代すべく一生懸命に働いています。

 本当に父は黙して語らずの実直そのもの・・・最近になってようやく色々と重い口を開いてくれるようになりました。

 一言一言が重いので、心して聞かなければならない事ばかりです。
 でも、そんな人を父として持てたことは自分にとって幸せな事だと確信しています。

 目的は同じでも、その手法は父子で全く違うのですが、行く方向が同じだと気付き始めた事すら、つい最近になってからなのです。(笑) 


 無事に商談を終えて、帰宅しました。
 今後を占う大切な話でしたが、父は一言も話さずで、用件が済んだところでの歓談からでした。

 帰りの道すがらは色々と話しましたが、、、、。

 今夜もまた冷えそうですが、心はほのぼのポッカポカです。


 今夜もまた冷えそうですね。
 ここぞとばかりにまた寒蘭を戸外に出さなくては。

 「マメですね〜。」とも言われますが、何かしていなければ気が済まぬ性格なのかもしれません。

 「チリも積もれば山となる。」ではありませんが、毎日少しずつでも努力は続けることに意義があると思います。
 これが自分の身になっていってくれればと思いますが、これはちょっと難しく。

 さて、明日から11月です。
 感謝の気持ちでまた明るく元気に過ごしましょう〜 

 
 

 

 

  

 
 
 
 この 記事のURL  /  コメント(2)

2013年10月30日(水)

「日本製」に驕るなかれ!追伸4

  眩しい爽やかな朝を迎えた両国です。
 今日の気温は23度まで上がるそうで、服選びが朝夕で替えないといけない感じです。

 そこは「樋口ウール」で調節しながら、今日も張り切って参りましょう〜

 支度は早々にすっかり整って、打合せからのスタートです。
 原反不良で工場はてんやわんやなものの、仕掛かれないのが大きな問題になっており、昨日も先方には苦言を申し上げたところです。

 生地屋も相変わらず「送れば、終わり!」ってな感じなので、支払いを止めてゆっくりと相談するところです。

 オンエアではサラサラと皆様と共に楽しく過ごさせて頂いておりますが、この辺が現場にいるものとしての「素顔」なのであります。

 最近は特に強く申し上げているところの「『日本製』だから良いのではなく、『日本製』の上にあぐらをかくのではなく、これぞ『日本製』と言われる商品を作り続けていきたい!」との思いを強くしています。

 先人たちの築いた日本製商品の信頼を汚さぬようにと常に自分に言い聞かせています。

 より一層、顔の見えるモノ作りを進め、新しいデザイナーさんとのコラボを含め、様々な商品を世に送り出せるよう、我々も精進したいと思っています。




 何とも深いビロード赤に発色した高知県・四万十産の日本寒蘭です。
 高知県の蘭友からですが、小型なので本場・四国での展示会向きではないとの事です。

 そうであれば・・・ねェ〜、目下口説いておりまする。 (笑) 



 遅まきながら、秋物ファッション商戦も始まったようです。
 どこを見てもカシミヤ、カシミヤ、、、ここで要注意はやはり品質です。

 先ずは触ってみて手にヌルヌルが残らずにシットリしている繊細な物を選びましょう。
 もしも、手にヌルヌルが残ったならば、これは「柔軟剤」がたっぷりの証拠でお手入れを繰り返す毎に「化けの皮」が剥がれて行くのは必至です。

 一口にカシミヤと言ってもピンからキリ・・・、カシミヤ山羊のデリケートな部分の毛から、ゴロゴロ転がってもヘッチャラな背中などの剛毛まで全部カシミヤです。

 どうぞ素材名で選ばずに、まずは触って確かめて頂きたいと思っています。
 テレビショッピングでは難しい事ですが、クーリングオフが可能なので、その辺は安心だと思います。


 午後一番で、スーツの男性からお見えになり、樋口ウールのmen'sタートルを注文下さいました。
 先日のオンエアをご覧になってお電話を頂戴していたのです。

 お声からもお若いかなと思っていたのですが、想像以上にお若くてビックリ。
 (もちろん、自分よりも年下です!)

 数枚ご購入いただいたのですが、どうしてもモルフォブルーをとの事で、お作りすることにしました。

 このあたりが「自社工場生産」の強味であります。


 さて、今日はお客様たちとの楽しい会話の中で過ごした午後でありました。
 嬉しいニュースも入って、ホッとしたりニコニコしたり。

 やはり日頃の「心がけ」は大事なんだなと、しみじみ感じているところです。

 5時半から組合の総務広報委員会だったので、それに出席してきました。
 来年度の名簿作成、その他、諸々の会議でしたが、無事に終了。

 これまたホッとしています。
 

 今日は何故か目の奧が痛くて、お昼に薬を飲んでいました。
 どうも風邪の前兆のような気がして、早めに手を打って良かった気がします。

 夕食を済ませてからは、もう静かに読書に耽っています。
 もちろん、蘭などの植物の専門誌ですが・・・

 蘭室の潅水も済ませて冷えたので、これから温まって早く寝ようと思っています。
 寒蘭の花芽はグングン伸びていますが、理想的な発色は数えるほどです。

 ナカナカ思うようにはいきませんが、仕事も同様に探りながらジッと堪えつつ根気よくやるしかありません。


 
 

 
 
 この 記事のURL  /  コメント(2)

2013年10月29日(火)

すみません・・・追伸4

  今日はちょっと大学病院にいます。
 
 と、言っても年に一度のオーバーホールです。

 なので、どうぞご心配なく。


 無事に検査も終了して、ホッとしました。
 今日は胃カメラもあったので、ドキドキしていましたから。

 今回が初めてではないので緊張はしませんでしたが、胃カメラの終わった後がどうもダメなのです。。。
 自分は口からですが、飲み込むタイミングは歌う時と同じ感覚でグッと喉を開くのでその辺は「上手です〜」といつも褒められます。

 採血はいつもベテランのお姉さんが空いた瞬間に行くので、こちらもバッチリでした。 こんなところまで祖母譲りで血管が出にくいのですが、お馴染みのお姉さんなのでいつも安心してお願いしています。

 麻酔が効いたまま帰宅して、しばらく横になっていましたが、大分ハッキリしてきたのでリビングに行くと母が「あら、寝てたのね〜。胃カメラなんて病気じゃないし。。。あんたのは『怠け病』だわよ。」だと、きたもんだ。

 少々ムッとしましたが、老いた母に喧嘩を売っても仕方なく・・・と自分に言い聞かせて、しかし!反撃をひそかに狙っている自分であります。(笑)



 季節外れではありますが、自分を癒すために皐月の花画像にしました。
 この「寿光の誉」は来年の花芽をたくさん着けてくれています。

 師匠から譲って頂いて3年目ですが、同じ品種でも特に花芸が良いので大切な一本です。



 東京はすっかり雨が本降りとなりました。
 ますます寒さが増してくる気がします。

 まだ喉の違和感はあるものの、麻酔が切れる予定時間を大幅過ぎてから白湯を飲み、異常がないのを確認してから食事にしました。

 もうお腹がペコペコでしたが用心して刺激物は止めて、花野菜、ブロッコリーをクリーム煮にして貰ってゆっくりと食べました。

 これで元気回復と仕事に戻って飛ばしています。


 今日はデザイナーさんの見える日で依頼している事があったのですが、酷い風邪を引かれていて、それでもいらしてくれました。
 自分も予防のためにマスクをしての打ち合わせでしたが、あまりに調子が悪いようでしたので途中で打ち切って早目に今日はお帰り願いました。

 自分も風邪引きは厳禁なので、どうも気になってしまうのです。

 すでに街中に風邪引きさんが多発しているようなので、これからはうっかり油断はできませんネ。

 雨も上がり、このまま晴れてくれば明日朝は冷え込む事でしょう。
 寒蘭の色出しもいよいよ佳境に入ります。


 雨はまだ時折そぼ降っています。
 今日は朝から病院でその後は即仕事でしたので、早く寝ようと思います。

 でも、寒蘭の幾鉢かは外に出すつもりです。

 仕事に励み、植物に癒される。 ちょっと贅沢な気分です。

 蘭の花色、姿、芳香、皐月の美しい緑に樹形。
 手入れは大変ですが、その見返りも精神的に大きいと思います。

 ではお先に、、、失礼します。





 

 
 この 記事のURL  /  コメント(2)

2013年10月28日(月)

さて、月曜日!追伸4

  今日も早くから行動開始です。 
 ゴミを出しながら、ご近所に挨拶を交わしながら立ち話。

 そうこうしているうちに工場からの荷物が到着し、神仏に朝のおつとめを済ませて無事にスタンバイOKです。

 ピリッとする寒さは気持ち良く、これで長かった今年の酷暑・残暑ともお別れのようです。
 今度は寒さに備えての体調管理をキチンとしなければと思います。

 さて、今日は警備機器の点検、エレベーターの点検と続きます。
 仕事も中味の濃い仕事なのでちょっと一人籠ってになります。

 スローペースで始まり、徐々にスピードを上げながら、爽やかに月曜日を過ごそうと思います。

 



 四季咲きの性質がある「愛の月」です。
 底白は自分の好きな花芸ですが、秋の陽射しに映えるのもまた美しいですね。


 
 お客様から商品到着のご一報を頂き、モルフォブルー、ボトルグリーン・・・など、皆様それぞれにご感想を頂戴しています。

 美しい生地に美しい発色、仕立てとまだまだ奥深い「我がモノ作り」であります。

 午前中の課題もようやく片付き、次の仕事に取りかかっています。
 その間にもエレベーターの修理は完了しました。

 日々刺激的な自分でありますが、午後には刺繍屋さんに出かけてきます。 


 仕事が片付かず、まだ社におります。
 その間にも次から次へと何かが入ってキリがないのでそろそろ出かけようと思います。

 陽射しは澄んで初冬の感がありますが、気持ちは爽やかなので仕事は捗ります。

 素材は冬物、春物、夏物、来秋物と机の上がグチャグチャで整理が・・・
 
 仕事に追われるのは良いのですが、整頓しなければ意味がありませんね〜。


 刺繍屋さんに向かう途中で大きな交通事故がありました。
 民家にタクシーが突っ込み、道路には進行方向とは逆向きに前部分が大破した乗用車が止まっていました。

 本当にやったばかりの様で、警察官が自転車で飛んでくるところで、野次馬もたくさんいましたが、自分はそのまま安全運転で通り過ぎました。

 事故は被害者も加害者も苦しみます。
 最近は歩行者優先が悪い意味で浸透し、車が止まるのが当然と思ってこれ見よがしに悠々としている方も多いです。
 でも、ぶつかったら痛いだけではなく、もしかしたら生涯後遺症に苦しむこともあるのです。

 いくらたんまり補償金を貰っても、やはり健康には代えられないと思うのです。
 これは1年に2度も追突され、20年近く経っても、まだムチウチに苦しんでいる自分がいつも思うことです。

 大きな事故を見て、超・安全運転で帰ってきたのは言うまでもありません。
 
 
 今日の夕食は芋茎、ブロッコリー、カリフラワーと野菜中心のメニューでした。
 野菜を食べるといつも体内がスッキリする気がするもので、朝も野菜ジュースは欠かせません。

 バランス良い食事を心がけているのですが、量が多いのが「玉にきず」で・・・。

 たくさん食べないと力が出ないのもあるのですが、そろそろ摂取量も気をつけないといけないのかもしれません。

 今夜は気温はあまり下がらぬ予報の東京ですが、いきなりの冷え込みに体がついて行けない人も多いそうです。
 なので、どうぞ体を冷やさぬようにお過ごしいただければと思っています。



 この 記事のURL  /  コメント(2)

2013年10月27日(日)

鹿沼へ〜♪ 遅い追伸2

  雨が上がり、晴天の両国です。
 屋上の最低気温は12度まで下がりましたが、これは寒蘭の発色に好都合ではないかと思います。

 早くに起床して、日曜の支度を済ませて屋上に上がって行動しています。
 8時半には家を出るのでサッサとです。 

 栃木は東京よりも寒い上、観賞は戸外なので「樋口ウール」も今日は持参です。
 軽いし、着ればかなり暖かいので、これからは絶対に手放せないのを実感しています。(笑)



 これは皐月盆栽でも文人木(ぶんじんぎ)という仕立てです。
 非常に繊細な味のあるものですが、難しいので気を遣うのです。

 でもこれがまた「楽しい」のです。



 事故渋滞でちょこっと時間がかかりましたが、おおむね往復順調でした。

 先ずは腹ごしらえと「ニラそば」を食べに行き、それから花木センターに向かいました。

 鹿沼は皐月の本場なので「秋季展」も見応え十分で参考になりました。
 師匠も「良いものを見て、目を肥やすことが一番!」と、手入れの見事に行き届いた銘木を観賞しました。

 皐月は花木ではありますが、花の無い時期にも樹が良ければ一年中また楽しめます。

 長丁場で師匠はお疲れだったかもしれませんが、自分は明日への鋭気を養い、感性を磨けたかなと思っています。
 

 帰宅してちょっとグタッとリラックス〜、そしておもむろに戸締りなどの寝る支度をしています。

 その前に妹と姪がやってきて猫と遊んでいきました。

 明日も今日と同じくらいの最低気温らしいので、また寒蘭の色出しをと思っています。
 朝一番から仕事の予定が山積みなので、ゆっくりお風呂に浸かってから休みます。

 毎日が本当にあっという間でありますが、体調には気をつけて元気で快適に過ごしたいと思っています。
 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

| 次へ