樋口繊維工業
オンエアのお知らせ
【7月のQVCオンエア】

 
            
    12日(金) コットンファクトリー「TSV」     
              
    0時、8時、11時 22時、14時(20分)、20時(20分) ライブ    
    1〜6時 VTRオンエア   
    
    年に一度のTSVです。ウールファクトリーも年内予定はありません。  

    オンエア15周年記念TSVにシフォンバイオが初登場♪
  
    
    オンエア御礼 今回も皆様には大変お世話になりました。
    どうも有難うございました。
最新記事
カテゴリアーカイブ
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QR
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/factory5/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
 
« 2008年09月 | Main | 2008年11月 »

2008年10月31日(金)

11月のQVCオンエア予定♪ウールファクトリー 今日の後半ははてさて?

 今日もしみじみと冷えている東京の朝です
 年賀はがきが発売され、逝く秋を惜しむかのように寒蘭の蕾もそれぞれに美しい色が乗ってきました。

 開花まで、もう一息。。。 今が一番ときめく時です。
 恐らく、来週早々にはブログにて掲載できると思いますので、お楽しみに

 シンビジュームなどの洋蘭はご存知の方も多いと思いますが、日本原産の楚々とした野生蘭の美しさも堪能していただければと思っています

 毎日の画像の多くは自分の愛培している植物になっていますが、ご覧戴いている方々からも「お花の画像が楽しみ」と言われるたびに、こんな画像で申し訳ないと感じつつも嬉しく思う毎日です

 さて昨日、QVCさんから連絡が入り、「11月16日の冬のビューティフルライフの15:00のオンエアの他に、深夜なのですが2:00から30分出てもらえませんか?」とのことでした 

 あいや〜、自分の一番弱い時間のオファーでっす
 
 でも、よっしゃ、久々の深夜帯ですが一丁気合を入れてやってみます

 これでとりあえず、明日の10:00、16日(日)2:00、15:00の3回が今のところの予定になりました
 皆様、どうぞ宜しくお願い致します

 お蔭様で落ち着いてのんびりと月末を迎えることができ、明日のオンエアに備えて今は鋭気を養っています。

 


 今日の画像は先ほどの寒蘭の続きになるのですが、今日は気が付いたら既にこんなに伸びていた蕾を発見しました
 (肝心なピンクの花芽がピンボケでごめんなさい
 ご覧の通りの草ぼうぼうの中からの花芽も愛おしく、周りの雑草のような草達も実は色変わりだったり、葉変わりだったりして大事にしているものばかりなんです


 オンエアを明日に控えて、今日こそ穏やかに過ごそうと心に誓っていたのに神様は許してくれませんでした

 誰もが簡単にできるはずの些細な事からケチが付き始めたのですが、いやはやなんとも

 でも、そんな中、お客様から心休まるメールを今日も頂戴しどれほど癒されたかわかりません

 お店の方や電話での「ウールファクトリー」のご注文も頂いて、皆様に気分的に助けられた気がします。

 身内でなく、お客様から大きな暖かいパワーを頂いて、明日のQVC「ウールファクトリー」は頑張ってまいります

 でも、まず「明るく元気に、穏やかに」を心がけて楽しい1時間にしたいと思っています。

 明日は、朝10時からですので、どうぞ宜しくお付き合いの程を

 
  

 
 

 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年10月31日(金)

樋口ウール (*^-^*)b 手前味噌ですが 追伸

 今日は朝から冷え込んだ東京です
 こんなことを言うと秋田工場の人たちから笑われるのですが、今日は最高気温が20度を下回る予報が出ています。

 いよいよ初冬に入り、きっと気が付けば慌しい年末もすぐそこまで来ていることでしょう。。。

 そして今日、勝平ブログでデビューしたメンズタートルネックを着て仕事をしています。
 このところは以前に作った自分用のタートルを着ていたのですが、お客様の手許に届いたのを確認して、ほぼ同時期からの着用にすれば自分自身もモニターになれますし、お客様からのご意見を伺った時に同じ目線でお話ができると考えたからなのです

 やっぱり、今まで着用していた型紙を改良してよかったです
 今までの自分用とは異なり、体にしっくりきて馴染み、自分でも驚くほどほっそり見えましたから

 今朝も一番で追加のご注文を下さったお客様から到着メールを頂いたのですが、ご主人様、ご子息様お二人でお試しされるようです。
 年代層を問わず、デザインもシンプルな定番ですのでそれぞれにどんな感想をいただけるのか、ドキドキワクワクしています

 お客様それぞれのお考えの中で、上手に「樋口製品」使いこなしていただいているのは有難く、嬉しいことで、その上で皆様から忌憚のないご意見を頂戴できる関係は他にはなかなかできないと思っています

 ブログにコメントくださる方、直接メールやお電話でお話してくださる方、お店に遊びに見える方、黙ってしっかり応援してくださる方、手段は違っても根底に流れる気持ちはみんな同じだと思うんです

 その暖かいお気持ちがなければ、ここまで一介の製造工場がやってこれるはずがありません。
 ましてや、繊維産業は万年構造不況。。。
 金融機関からも、どんなに頑張っていてもイロメガネで見られがちです

 それをモノともせずに突っ走っていられるのも、自信を持ってQVCでご紹介できるのも、今までの築き上げてきたお客様との信頼と、先代、先人たちのこだわりだったんだと信じています。

 新しい樋口ウールのメンズに袖を通して、ふと感慨無量になった今日の「勝平」なのでありました

 


 今日の画像は「シンビジューム」です。
 放置したままなのですが、けなげに毎年良く咲き、この時期にもかかわらず、今年はこんなに花芽が伸びています
 
 花達からも色々と教えられることが多いのです


 さて、ここから本日の後半です

 午後も千客万来、おなじみのお客様、生地屋さん、と話に花が咲きも咲き、ついついお引止めをしてしまったりして、ちょっとご迷惑だったかなと反省もしています

 でも、多くの方々からの何気ない一言が自分の仕事や生き方に大きな影響を与え、チャンスに繋がることが数多いのです。

 それが決して見え見えの中ではなく、無理なく自然な流れで受けられるのも嬉しいことですね
 祖母からの教訓、「今日も元気で明るく、素直な気持ちで穏やかに」が心のそこで息づいていると思うのです

 明日で10月も終わりです、夜も冷え込みがきつくなってきますから、どなた様も風邪には充分に注意して、うがいと手洗いはコマメに忘れないで下さいね

 PS: QVCのお客様の口コミにカキコ頂いた「フフフ〜様」有難うございました。
    お好きな色がありましたら、ぜひ勝平までリクエスト下さいね

 

 

 
 

 

 

 
 
 この 記事のURL  /  コメント(4)

2008年10月29日(水)

勝平弾丸トークが!(笑) メンズテレビデビュー☆更新☆

 今日も朝から良いお天気ですね
 ちょっとヒヤッとするのも、このくらいの方が朝のバタバタ時には気持ちいいです

 昨夜、仲良しのお客様から突然ご連絡をいただきました
 何かとお話を伺うと、「勝平さんと殆んどおんなじ話をしているゲストさんが出ているから早く見てみて」とのことでした。

 急いで見てみたのですが、すで終盤。。。
 それでも、「60年使っている機械でゆっくりゆっくりと職人さんが織っているんです。」「この素材で40年やっています。」等など、それはそれは流暢にお話されていました

 いやはやビックリ、お見事でした

 QVCさんでも、特に初めてオンエアに望む方に「お手本」として、自分のオンエアを見るように言って下さっているようなのですが、ここまでよく似たオンエアを目の当たりにすると照れくさく、なんともこそばゆいです。。。

 自分のトークもある意味で認知されたのかと思うと、嬉しくて有難いものですよね

 でも、時間が経つにつれて、どっちが元祖でどちらが本家なんてことにならないように、しっかりここで書いておかないといけません

 本日現在、「創業80年、ウール編み機は50年以上、樋口ウールも40年以上、QVCさんも6年目のお付き合い」なのです
 
 何しろ、オギャアと生まれた時点で、将来は決まっていたものですから
 
 そして、日本製は当たり前、生産も自家工場(秋田市、美郷町、大館市)で行っています
 
 ましてや「勝平弾丸トーク」も全て今までの経験したこと、独学のオリジナルです

 お話しする内容はほとんど同じでも、商品に対する思いやプライド、情熱は誰にも負けません
 
 単に口だけにはならない様に自らを戒めて、商品自体がお客さまを離さないようにすべく、今日も頑張ってこだわって励みます

 その気持ちが通じたのか「メンズ」のテレビデビューが、あっという間に決定しました
 (日程、商品は未定ですが)

 そうなるとモデルは、当然、「道田ナビ」と、皆様お待ちかねの「勝平」になります。。。。

 あ〜、、、道田ナビは別として、モデル「勝平」のせいで売り上げが芳しくなかったら、どうしよう。。。

 
 そしてここから穏やかに話題が変わって、今日の画像は「インパチェンス」です。
 こぼれ種子から毎年出て咲いてくれるのですが、真夏よりもやや涼しくなったほうが花が大きく開くようです

 


 さて、今日は穏やかに過ごそうと心がけたのが「吉」と出て、万事うまく物事が運びました
 気が付けば、「仏滅」だったのにもかかわらず、思いのほか吉報が舞い込んだりして楽しい一日でありました。

 お客様からのカキコも2件あって、それぞれのお心遣いに感謝しつつも、土曜日のオンエアに向けて良い起爆剤になった気がいたします

 ひょんなご縁で大勢のお客様と知り合うことができましたが、これからも楽しく愉快にそして明るいお付き合いが続くように、明日も「良いモノづくり」一筋に精進して行きますね

 

 

 

 
 

 
 
 
 
 
 

 
 この 記事のURL  /  コメント(4)

2008年10月28日(火)

今日も爽やか仕事日和〜 順調順調♪

 昨夕の東京は大荒れで、両国は冷たく激しい雷雨でしたが、新宿では雹・ひょうが降ったようですね
 東京上空に一気に冷たい空気が入り込んだ為のようでしたが、それにしても驚きました

 朝から何となく半袖を着ていたのですが、夕方の雷雨からは寒くて寒くて長袖はもちろん、樋口ウールに着替えたのはいうまでもありません。。。

 時を同じくしてお客さまからも、樋口ウールのお尋ねをいただきまして嬉しく、工場に在庫の確認をしました。
 数は巷に溢れるほどたくさんは通常においては作らないので、お客様にも安心してお奨めできますね

 ただ、集中した時は多少増産をしますが、それも限定です
 ですから、先だっての「メンズ」も増産はしましたが、残り僅かになっているのです

 直接お話やメール交換の中で「少しずつでごめんなさい。。。」と、仰るお客様が多いのですが、全然そんなことはありません
 いつもブログで皆様に書いている様に、自分は皆様と「末永いお付き合い」を希望してやまないでいますから
 
 ご存知の通り、創業80年の殆んどを「モノづくり」に費やし懸けてきました
 ですから接客はほとんど赤子同然なので、新たに勉強中です 
 そんな未熟な自分を影に日向に応援してくださるお客様には、本当に感謝しております。

 お客様が、商品はもちろん、まるで自分までも身内のように接して下さって、ますます仕事に張り合いがでてきます

 自分に一番任されていることは、まず「責任と信頼」だと感じていますので、そこを充実させ次のステップに進んでいきたいと思います。

 今日はまさに台風一過のような爽やかな上天気、気分も最高で仕事に気合いが入ります

 
 今日の画像は「夜香木・やこうぼく」です。
日中はろうそくの様に先端がとじているのですが、夕方から開いて一晩中甘く強烈な芳香を放ちます
 本来は真夏に咲くのですが、どうしたものか今頃に2回目の開花となりました。
 真夏には暑苦しく感じる強香も、この時期には優しく感じます

 以前は戸外での越冬は無理でしたが、ここ数年は葉を落とすことすらなく丈夫に大きくなっています。
 元気に育ってくれるのは嬉しいのですが、何とも複雑な思いですね


後半も気持ちも軽やかに仕事も順調にはかどり、そしてお客様からのお電話やメールのチェック、メンズの追加まで頂戴し万事バッチリでした。

 メンズは新たな挑戦でしたが、着用時の「気持ち良さ」を実感していただいた多くの方々から賞賛の声を戴き、定価ながらも追加を下さっているようです
 本当に嬉しいやら有難いやらで、感謝の念に耐えません 

 今は「コットンファクトリー」の予定を頭の中では構築しつつ、手許ではウールをいじっているのですが、これが一番楽しい時ですね幸せです

 一番慌しい月末近くに、こんな充実した穏やかな気分でいられることは、しばらくありませんでした。
 この良い状態のまま、土曜日10:00オンエアの「ウールファクトリー」を迎えられるように自分もしっかりぬかりなく突き進んでいく予定です

 あまり力まずに自然体でのショーにする予定ですが。。。 
 さて、果たしてどうなりますことか・・・(笑)
 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年10月27日(月)

芸術の秋に・・・ あとがき

 今日は朝から空気が入れ変わって、秋の爽やかさが戻ってきました
 眩しい陽射しも、ひんやりした空気に包まれて、絶好の週明けになっている東京です
 今月も今週で終了、11月1日土曜日には朝10時からQVC「ウールファクトリー」がありますので、どうぞお忘れなく

 週末は秋を色んな方面から満喫しましたが、一昨日の「蘭鉢作家」の大家の方についてご質問がありましたので、もう少しお話したいと思っています。

 


 この方は「三橋俊治・みつはししゅんじ」先生と仰るのですが、鉢だけではなく、実は日本の野生蘭の大家でもあるのです。
 
 日本の野生蘭関係の本などを執筆されお名前は存じ上げていたのですが、行きつけの蘭店の先代のご主人から「樋口さん展示会に出品するなら、鉢は大切な衣装ですよ。中味(蘭)を買う前にまず衣装を揃えなさい」と諭され、ぼちぼち集め始めたのでした。

 野生蘭界の重鎮でもありますので、とにかくその中に入れただけで「蘭」の美しさが引き出され、本当に蘭の好きな方がそのまま鉢作家になられた感じがしてなりません

 今日のブログでお名前を出させていただくに当たり、電話を恐る恐るおかけしたのですが、優しいお声で快諾していただき大変嬉しく思っています。

 ご出身が地元・墨田区と言うのも、偶然とは言え自分の密かな誇りでもあります

 2002年には英国王室園芸協会主催の蘭展において、年間最高栄誉賞・ゴールドメダル賞を受賞されています。
 江戸時代より続いている日本の古典園芸が初めて世界に驚きを持って認められた快挙だと自分は思っています。
 園芸分化では一番プライドが高いと言われるイギリスでの受賞だからこそ、また素晴らしいですよね
 
 今は世界的に有名な「英王立植物園キュー」に保存する蘭鉢を製作中とのことです
 献上する前に、ぜひとも見てみたいものですね

 ちなみに今日の画像の鉢は「金砂釉寒蘭鉢」です
 決して鉢が出しゃばらず、日本の繊細な「寒蘭」の美しさを限りなく引き出してくれる、展示会にはなくてはならないパートナーだと思っています。

 鉢だけを床の間に飾っても楽しく、蘭好きの方ならそれでまた蘭談義になると言うものです


 

 歌には女心と秋の空〜♪とありますが、まさに文字通りで、夕方から一転にわかにかき曇り今は雷とともに雨が降っています

 今日もあっという間に、もう六時前。。。

 今週が月末なのもあり、気ぜわしいですがペースは乱さず、土曜日朝10時の「ウールファクトリー」に照準を合わせて目下準備中です

 仕事には真面目にひたむきに、そして自ら教養を磨いて美しい服作りを目指していかないといけませんね

 このブログをご覧の殆んどのお客様が、樋口製はもちろん、毎日の色々な添付画像に対しても、心和やかに過ごしていただければ嬉しいのです



 
 
 
 

 
 

 
  
 この 記事のURL  /  コメント(0)

| 次へ