樋口繊維工業
オンエアのお知らせ
【5月のQVCオンエア】

 
            
    4日(火)正午 コットンファクトリー     
              
    6月はこれ1本のみ!のオンエアです。   
    今までの商品のおさらいと、新商品のご提案です。   
    
    お値段だけチョコッと・・・。  


  
    

 
最新記事
カテゴリアーカイブ
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
QR
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/factory5/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
 
« 2008年02月 | Main | 2008年04月 »

2008年03月26日(水)

展示会の準備・・・その1

 来月の16〜18日、当社の展示会があります。
自社の展示会としては、5回目の秋冬展示会になりました。

 アパレルさんからのOEM(完全受注生産)から、経済産業省の川中助成(製造部門)に企画が採用され、自社ブランドを立ち上げての自社企画生産一貫販売は、お蔭様で売り上げの過半数を超えるまでに成長しました。

 当時は、日本経済新聞やNHKからも取材を受け、前者では「首都圏経済」で、後者では関東圏で放送されている「特報首都圏」で紹介されたことも懐かしい思い出です。
 時を同じくして、一部上場され信頼していた「F社」に大型不良債権が発生し、自分自身初めての経験を色々しました。

 今まで通りのアパレル依存の事業形態でしたら、そら恐ろしい気がします。つぶれる事はないにしろ、廃業していたかもしれません。

 今日は朝一番で、展示会の案内状が届きました。今日の天気と同じくして出来立ての案内状は清々しく、手に取るだけでも元気が出てきます。

 その案内状を眺めながら、「いつもの常連さんは、今回もいらしてくださるかな?ブログを通して知り合えたあの方はどうかな?」と、思いを巡らせています。

 展示会ですので、もちろんお得意様との商談がメインですが、一般顧客の方も遊びに来てくださいます。受注会ではありませんので、気軽に覗いてみて下さいね!
 
 案内状ご希望の方は、メインページのお問い合わせから是非ご連絡下さい。お待ちしています〜♪
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月25日(火)

円高とはいうものの・・・恩恵なし!(怒)

 今日は朝から良い天気で気持ちがいいですね!一気に桜の花も進むのでしょう〜

 最近、円高還元セールなどと巷では聞こえてきますが、こちらはなかなか・・・。
 それを考えると腹が立ったり、頭が痛くなってきます。何故なら、相手がドル立てでは無い所や、単にドル安だけに頼る事ができない所がほとんどだからなのです。。。

 高騰している「スーパーファインウール」は豪州$ですし、「ラグジック」はトウモロコシや小麦の高騰でニューメキシコ州の農家の転作志向は変わらず、「海島綿」もハリケーンでやられているし・・・。

 そして、昨日は染色工場の社長さんがみえて、原油高騰での染代のアップの相談でした。。。

 ここが忍耐のしどころなのですが、段々と先行きが不安になるのも事実です。
でも、わが社は自家工場だし、苦しいの他社も同じことです!
 ここは前向きにとらまえて、他社との競合に切磋琢磨して自社のオリジナル性をアピールして顧客の方々との信頼を得れば、おのずと明るい展望が開けると思っています。
 事実、「オイルショック」、「1部上場大型取引先の倒産」など、うちも決して順風満帆でここまできてはいません。OEM(アパレルからの受注生産)から、自社ブランドへの転換も社員共々、大変な苦労もしました。

 お客様からも「勝平さんは、いつも幸せそうで挫折なんかないんでしょう?良いところに生まれて良かったわね。」と、よく言われます。本当に皆様、優しく好意的に見てくださって嬉しいです!でも、現実は厳しく、今でも辛酸をなめる事もしばしばです。。。

 まだまだ自分も未熟で、旧知の知人やブログの愛読者の方々にに支えられて、何とか成り立っています。 そして、お客様が笑顔で過ごせる商品を今後も作ることができたら、この上ない幸せです。
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月24日(月)

工場の心強い助っ人

 「暑さ寒さも彼岸まで。」、彼岸明けの東京は夜半から雨になり桜の花も一休みしているようです。
昨日の種苗店では、雪割り草やクリスマスローズに替わって、春の山野草がたくさん並んでいて、原種のチューリップ、ピンクの雪柳、椿が花盛りでした。
 添付画像は椿の「友の浦」と言う品種です。赤に雪白のふちどりがとても綺麗で満開の椿の中でも一際目立って咲いていました。


 オーナーさんは店の人といつも忙しそうに働いていますが、ついつい異業種とは言うものの、いろんな話に花が咲きます。どこも跡継ぎは、大変なんですよ。。。
同年ということもあって、お互いに親近感と連帯感があります。

 そんなわけで今回もビーカー用の参考材料、イメージがとても膨らんだので、午前中にビーカー依頼の準備をする予定です。

 ところで、今は盛夏物の納品の嵐で、工場はひっちゃかめっちゃかになっています。
 工場長も工場を退職したOBに声をかけて手伝いに来てもらったり、内職を頼んだりして飛び回っています。こんな時の応援は本当に助かりますし、勝手知ったる仲間ですので安心して依頼できるので心強いのです。

 裁断、縫製、仕上げで腕を磨いた先輩達ですので、工場内も引き締まり相乗効果もあるようです。自分としては小学1年の自分を知っている人たちですので、ちょっとこそばい気がします。。。笑

 しかしながら、身についた技術にはそれぞれ各部門ごとに目を見張るものがあり、「存在感」のあるきれいな製品作りを、厳しく叩き込まれたんだろうなあ・・・と、思わず唸ってしまいました。

 商品を見るにつけ、自分もまだまだと思う繁忙期のヒトコマです。。。

 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月23日(日)

花色探訪・・・ 色探し

 東京はいよいよ桜の開花宣言が出ましたね!花冷えの言葉もあり、気温が不安定ですが気持ちは表に遊びに出かけたくなってきます。

 自分も今日は昨日の「コットンファクトリー」でもご紹介したピンクを再確認がてら、行きつけの川口の種苗屋さんに行ってきます。
 
 綿に淡い色調をつけると、とかく安っぽく見えやすいのでいつも頭を悩ませるのですが、その点で流石に「海島綿」は、綿なのに独特のベルベットの様な輝きを持っています。それを逆に利用してパステル調の色をつけると、一味違った上質感を持った生地に仕上がってくれます。

 ただ、やはり微妙に色味がブレたりすると、やはりしっくりときません。。。
 そのために季節の色々な花木を眺めては「海島綿」「ラグジック」「スーパーファインウール」に、合いそうな色を、この時期は特に気分転換を含めて捜し歩きます。
 「ピンク」にこだわりのある方の為に、ピンク系の花々ばかり探し見るときもありますし、着用には何気に難しい「グリーン」などは、ビーカー(試し染め)まで辿り着く色はほんの一握りなのです。

 でも、QVCや他の通販でご購入された方が「この色、良かった!素敵!」と仰って下さると、それまでの苦労なんか一気に吹っ飛んでしまいます。
 「素材の良さはわかってるんだから、あとは色なのよ〜、勝平さん!」と、力強いお言葉を戴くのもしばしばです。

 女性の感性の豊かさには遠く及びませんが、お客様の殆んどは女性ですので、その声を生かしながら、さまざまな「色」を今後も弊社として発信できたらと思っています。
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月22日(土)

ただいまオンエアから帰りました〜

 キュートな梶原嬢とのコンビで、今日もたくさんのコールを戴き有難うございました。ハイテンションで気合が入りすぎ、お疲れのお客様は出ませんでしたでしょうか? 

 今朝は5時半起きで、9時からのコットンファクトリーで「QVC」のスタジオに行ってきました。
今までのこの時間でしたら表はまだ真っ暗で、スタジオに到着する頃に白々と夜明けになっていましたが、今朝はもう朝日の中での出発で気分良く運転もできます。

 運転しながらの発声練習〜♪ ウォーミングアップはかかせません! 笑
やはり、いくら早朝だからと言っても寝惚けた声や起きぬけの声では皆様に申し訳ないのもありますし、自分自身が許せないんです。

 また、無理に声を酷使すれば聞き辛く、長時間では枯れてきてしまいます。「軽やかに、楽しく、美しく」話せるようにこれからも精進してまいります。余談ながら、10代より歌のレッスン(セミ・クラシック)をしていたことが、場所を違えて開花?できたことは偶然を通り越えて、運命なのかもしれません。。。

 QVCに出たての頃にスタッフの方からも、「樋口さんは、全然アガりませんけど、緊張しませんか?」と訊ねられましたが、自分は「歌う訳ではないし、通常、仕事でやっていることを、自然にお話するだけですから大丈夫です。」とお答えした事がありました・・・。
 この性格ですから、もし嘘をついてもお客様の方から先に見抜かれてしまうのは、自分で想像できますね。。。。やっぱり真面目が一番です!

 話は戻って、ボーイソプラノだった自分が変声期に声を痛め、テノールの音質を持ったバリトンで復活するまで、これまた大変でした。。。まあ、これはいずれ機会がありましたら、お聞かせしますね。(嘘です!やりません 笑)
 
 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

前へ | 次へ