樋口繊維工業
オンエアのお知らせ
【5月のQVCオンエア】

 
            
    12日(日)午前1時 コットンファクトリー     
              
    30日(木)午後3時 「kumi'sルーム」   
       
    元気カラーを上質素材で染め上げた「エレガンス・スムース」中心のオンエアです♪
    デザインもキャリアからミッシー、ミセスまでお召しいただける商品が登場してまいります。


    kumi'sルームではコットンメッシュのブラウスに、刺繍をふんだんに使ったインナーのアンサンブルも楽しい商品が登場します。
    

 
最新記事
カテゴリアーカイブ
2008年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
QR
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/factory5/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
 
« 2008年02月 | Main | 2008年04月 »

2008年03月31日(月)

花冷えの中、さわやかな気分で新年度!

 天気予報の雨予想が早くなって、折角の日曜が昼過ぎには生憎の雨になってしまいましたね。
桜の花も、寒そうに震えているようでした。花冷えで、眺めるには花持ちが良さそうなので今年は長く楽しめそうですね。

 さて、今週に大きなイベントを抱えているものですから、体調を万全にしなければならず、あまり人出の多いところは意識的に避けている状況なのです。
寒暖の差が大きく体調を崩しやすいので、皆様どうぞご注意を!

 相変わらず自分は、インナーの自社ウールタートルネックはそのままに、羽織るシャツの生地の厚さで体温調節をしています。

 「海島綿」や「ラグジック」も着たいのですが、まだ自分用のパターンを作っておらず、作るとしてもきっとプレーンなラウンドネックになってしまいそうです。。。笑
 それにあまり贅沢をしていると、父からもチェックが入りそうなのでおとなしくしています。
ウールタートルはシャツから見えるように着られるのですが、「海島綿」「ラグジック」の場合、どうしても見せにくくなってしまいます。

 バッチリ筋肉質体型であれば、Tシャツとして一枚で着られますが、今の自分では・・・です。  汗

 でも、皆様には出番の多い定番だからこそ、一味違った「特選素材」は如何でしょうか?
 これからの時期、インナーちょこっと見えるその瞬間に「キラリ!」と光る何か良さそうな生地。。。それが生かされた製品を手がけられたらと、いつも思いを巡らせています。

 着心地と品質には定評のある、「ラグジック」「海島綿」ですが、自分も素材負けしないように夏に向けてしっかり減量をしなければ・・・。

  やっぱり、自分用に作るかなぁ・・・♪

    明日から4月、新たな気持ちで新年度を迎えたいですね!
 この 記事のURL  /  コメント(2)

2008年03月30日(日)

桜に思う・・・

 都内はいよいよ桜が満開になってきました。
 地元の隅田川堤も見頃を迎えて、日中は大勢の人手が出るのでしょう。。。
 桜まつりの流し踊りも行われ、墨田区の民踊連盟の会長だった祖母を思い出します。
 
 今年はオリンピックの年でもありますが、44年前の東京オリンピックに国立競技場で「東京五輪音頭」を踊った話もふと脳裏をよぎりました。(と、言っても自分は生まれていなかったのでわかりませんが・・笑)

 さて、現在我が家の周りの花もそろそろくたびれてきたものが出始めました。
 今日からしばらくはそのお礼肥えと、蘭たちの植え替えの日々になりそうです。
 今のうちに球根を太らせないと来年の花芽がついてくれませんし、毎年花が咲くように蘭などは小さめの鉢を使っているので、怠るとすぐに作落ちや、枯死してしまうのです。

 人と同じで、植物は自分の気持ちも察してくれます。
 手入れをきちんとしてあげれば、それに答えてくれます。その逆もまたありです。。。
 祖母の持っていた本に「花に愛、人に愛」というのがありました。

 明日で3月も終わります。いつまでも新鮮な気持ちを持ち続けたい!
 そして、色々なご縁で知り合った人と人との和をこれからも大切にして頑張ります〜
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月29日(土)

転換期に突入〜!

 昨日は、淋しい出来事がありました。
東証一部上場されている取引先から「ちょっとご報告が・・。」との事だったので、昼過ぎに自社で待っておりました。
 役員さん共々おみえになったのですが、世間話もそこそこに先方から「婦人服衣料から撤退することに・・云々」。。。

 やっぱり!というか、ついにきました。
昨日のブログで書いた事が、その日のうちに現実になってしまうなんて、我ながらゾッとしてしまいました。
百貨店ブランドとして一世を風靡して、一緒に製品の品質向上を目指し、工場の技術指導もしていただいたのに残念でたまりません。

 社長(父)とも話したのですが、業界全体が大きな転換期を迎えているのは間違いなく、それもかなりの加速がついているようです。
 自分も振り落とされないように、必死にくらいついていこうと思ったところです。

 ちょっと気分的に凹んでいたときに、とても嬉しいことがありました。

 それは、夕方に千葉から、QVCを見てお客様が遊びにいらしてくださったのです。
その方は「ウールファクトリー」をとても気に入ってくださって、素敵なコートの中にきれいにメランジピンクを着こなしていらっしゃいました。
 購入のきっかけはQVCの「お客様の口コミ」だそうで、お客様の手で輪が広がっているのを実感して、とても嬉しくなりました。皆様、有難うございます!

 「捨てる神あれば、拾う神有り!」 まさに地でいく昨日は一日でした。

 さあ、これからゆっくりと支度をして、また川口(種苗店)まで行ってきます。
 緑に囲まれるととても落ち着くし、ゆったりした気分になりますものね。
 
              皆様も良い週末を!
 
 追伸: 来週の火曜から2泊3日で幕張に泊り込みなので、ブログが書けないかも・・です。  
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月28日(金)

年度末に寄せて・・・

 年度末という事で、各企業の決算の発表の花盛りになる昨今ですが、残念ながら「糸偏」業界はずっと冷え込んだままです。。。
 生まれながらにして、この業界にどっぷり浸かっている自分ですが、この現状を打破すべく試行錯誤の連続は皆様ご存知の通りです。

 俗に、繊維業界は「川上・原料部門」「川中・製造部門」「川下・アパレル、販売部門」と分けられています。その中でまず、川中部門が海外生産にシフトされ急激に落ち込みました。
 そうなると当然ながら影響は川上に及び、原糸、編みたて、染色、整理、各工場もどんどん減っていきました。熟練した技術者からコスト削減のため、リストラにあったという話もあちこちで聞かれました。

 これでは、業界全体で「商品を一緒に作る」意識が薄れてくるのも仕方ないことなのですが、当時からうちとお付き合いくださったアパレルさんの多くは「国産」「海外産」の差別化を早い段階から意識してくださっていたので、モノづくりにこだわっていた当社としては随分助かりました。

 今でも取引金額は減少したものの、良い関係を保っていただいているアパレルさんがあるということは幸せなことですし、有難いことです。

 また、一人ひとりのお客様に直接に自分の思いをお話できる場を与えていただいたことも、幸運だったと思います。
 自社で作った商品を通して、良い関係が築けたいいなあという理想的な環境が、思いがけず早い段階で実現できたのには我ながら驚いています。

 これは父の先見性、社員の意識、全てが一致団結できたのも大きな要因と思っています。
 自分はみんなにひたすら感謝するのみです。いつも本当に有難う!!!
 メリヤス肌着の製造直販から、コート、ドレスに到達し、また初心に還って「お客様との出会い」から始まる今の置かれている自分の立場を忘れず、邁進していきます。

 ちょっとお堅い真面目な話が続いたので週末は、また花作りの話でもしましょうかね〜。。。  
 


 
 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

2008年03月27日(木)

展示会の準備・・・その2

  「案内状をご希望の方は・・・。」と、呼びかけましたところ、早速にお問い合わせ、ご連絡をいただきまして有難うございました。
 皆様が心温まるメッセージ付きで、ますます当日までボルテージが上がってきます!

 実はその展示会前に、秘密の大きなイベントもありますので、どうぞこのブログのお見逃しの無いよう、毎日のチェックを是非ともお忘れなくお願い致します。。。

 このコメントだけで察しの良い方は、もう既に「ピン!」ときていらっしゃるかもしれませんが・・・。

 さて、現在は展示会のファーストサンプルの修正が続々と進んでいるのですが、このところ思うように出来上がらないサンプルの連続に少々凹んでいます。
 時間が無いものの、これでは展示会には出せないし、デザイナー、パタンナー、自分の思惑もまちまちで口論になることもしばしば、何年経ってもこればかりは、みんなが満足することは無いようです。。。笑

 各色サンプル用のプリント生地も進行中ですが、まだまだ油断はできませんし、無地の生地に関しても色や風合いの確認が残っていて、これからが綱渡りになります。。。汗
 ただ、このドキドキ感も会社全体では、良い刺激になっているかもしれませんね。
 特に本社と工場のコミュニケーションの悪い部分が露呈しやすいので、各担当者は指摘されないように躍起になっています。盛夏現物の最盛期の中での展示会ですから、そういう面でも能力が自然に試されているのかも知れません。

 今回は秋冬の展示会ですので、当然「ウール」がメインになります。春の盛りに「ウール」ですが、落ち着いた感性豊かな商品と雰囲気を楽しんでいただければ嬉しいのです。

 展示会場の隣りが、江戸東京博物館と国技館ですので、東京の下町を散策がてらのお出かけをお待ちしております。

 どうぞご遠慮なく、お申し込みはメインページのお問い合わせよりご連絡下さい〜♪

 
 この 記事のURL  /  コメント(0)

| 次へ