樋口繊維工業
オンエアのお知らせ
【2月のQVCオンエア】

 
            
    14日(木)午前10時 ウールファクトリー 午後9時 mixショー  
              
    22日(金)午後3時 ウールファクトリー     
       
    ほんのり梅春、春色満載のオンエアです♪
           
    

 
最新記事
カテゴリアーカイブ
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QR
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード

http://apalog.com/factory5/index1_0.rdf
更新順ブログ一覧
リンク集
 

2018年05月28日(月)

頑張るか!!追伸3

  今朝も涼しく、雲に覆われているので、照り付けられて眩しいこともない月曜日になりました。
 支度も早々にゴミ出しから、すべて完了です。

 サッサと片付けて朝礼を済ませば、仕事モードに突入です。

 朝礼では毎週思ったことを皆の前で話すのですが、どこまで理解してくれるか・・・、これは個人差が大きいところです。

 今のご時世は大きいところではブラック企業もありますが、基本的には社員の権利が強い(保障されている)のが現状です。
 そんな中で、中小零細企業の経営者は労災も適用されませんし、勝平ブログでもおわかりの様に殆んど全てにおいて率先垂範、ゴミ出しから戸締りまで。

 その上に、ぶら下がられたら、堪りません。。。

 なので、まさかの時のための「自分磨き」が大事だと思っています。

 「若い時の苦労は買ってもせよ」と言われましたが、これは自分の場合は正解でした。
 大変な思いもしましたが、そこで養われた経験と自信は失うことはありませんから。

 本来は「できるだけ楽して日々送りたい」ズボラな性格の自分なのですが、いつの間にか現在の自分になっていました。(笑)

 でも、それは真面目に自分を信じて頑張ってくれる社員も多いのを実感しているからです。
 能力的に今ひとつでも、努力を惜しまず、前向きな子には戦力として、何とか成長してもらいたいと常に思います。

 持久戦ですが、これも人間として大事なことです。
 うちは小さな会社なので、社員たちを部品扱い、「手持ち駒」扱いはしません。

 お互いに気持ちを察しながら、自分もまだまだベテラン、若手の両方からエネルギーを吸収して成長したいと思っています。
 
 


 ブルーアマリリス「Worsleya procera Eggins」です。
 まだ仔苗なので咲くまでには最低でも4年以上は、かかりそうです。

 手探りで育てているので、悪戦苦闘の日々です。
 ブルーと言ってもアメジストのような花色なのですが、実際の花を自分の手で咲かせたいと意気込んでいます。



 月曜日は何かと気ぜわしくて、物事が捗りません・・・。
 そうは言っても週初めですから、全てに渡って大丈夫かと見渡すだけでも結構な範囲になります。  

 得意先との話でも「先週の仕事で残しは無かったよね〜」なんて言いながら、二人して頭を元に戻しています。(笑)

 秋田の大雨では屋根が傷んで、修繕費を考えると大変なことになりそうな報告がはいるし、まあホントに中小零細企業の経営者とはそんなものですね。

 そのためにも自分の今後の生活をちょっと考える時期に入った気もします。
 社長ばかりの負担が大きすぎて、その挙句に自分が倒れてしまったら、元も子もないので。。。



 今日は蒸したままの微妙な気温の日中でした。
 ボケっとしてる子にはちょうど良いでしょうが、動き回ったり、色々と真剣に考えていると熱くも、暑くもなるものです。

 先手必勝、前倒しの自分なのですが、後からノコノコと相談に来られるのが一番嫌いです。
 どうしてこんなになるまで放っておいた???と思い、ギリギリになったら自分が出るしかなく、、、これが一番の自分の心身の負担です。

 今時だと「幹部の部下が言いやすい環境づくりが出来ていない」と言われるのだそうですが、これは笑止千万で、自分の愚かさ、無能さを自覚して反省してもらいたいと思っています。

 なんて、毒を吐いている月曜日ですが、終業後もまた出かけなければならず、自分を見失わないように、キチッとしなければと戒めています。



 無事にオフの役目も済んで帰宅ました。
 自分の今の立場は祖父母、両親があってこそです。

 そしてその役目を果たして・・・樋口さんの若になるわけです。

 もう「若」って年でもありませんが、子供時代を知っている方々には「かっちゃん」であり、「坊」なのであります。

 色々なプレッシャーにぶち当たる日々ですが、そんな柔(やわ)でもなし・・・。
 そこは祖父母、両親の血が脈々と流れ、生きていると思っています。






 
 


 この 記事のURL  /  コメント(0)
コメントする
※コメントは承認制となっております。E-mailアドレスもお書き下さい。
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク

コメント