« 前へ | Main | 次へ »
ハンドメイドや国産といった言葉
この間の話。鯖江にメガネを買いに行きました。鯖江で鯖江メガネデビュー!

いままで、安いチェーン店のメガネをあれこれ掛けていたんですが、私は鼻が小さいのですが、すぐずれる。何度か持ち込むんですが、そのたびに「これで合ってますよ」と、言われる。だけどやっぱり、下を向けばずれて落ちるし、しまいにはアタマが痛くなるし、健康にも良くないぞ、と。

というわけで、SABAEでしっかり合わせてもらってコレにしました。
芯がさりげなく光ってるのもお気に入りです。この写メではよく見えないですけど…。


SABAEメガネが欲しい!ってなったのは、取材でおじゃましてから。期せずして、それまでもんもんと疑問に思ってたことの答えの緒を見つけたような時間でした。

それで書かせていただいたのがこちらの記事です。

ハンドメイドを訪ねて鯖江まで〜「understatement new york」のメガネを輝かせる手仕事の現場
http://www.fragmentsmag.com/2015/05/understatement-new-york/

「ハンドメイド」「国産」という言葉が最近良く見かけるんですが、なんだろうこの違和感、というのをずっと感じていました。そういうものは好きですし、「良いこと」ですし。
私が斜に構えているだけなのか、なんだかへんな気分。

こんなにたくさん「ハンドメイド」「国産」って商品があって、いったい「ハンドメイド」「国産」ってどういうこと?って混乱してしまった、というのでしょうか。なんだか言葉がうまく見つかりません…。

取材では、ありのままの素に近いお話をたくさん聞かせていただいて、この記事を書かせていただきました。

もちろん、私が見聞きしたのは、ほんの断片ですし、知らない人・もの・こと・現実がほかにもいっぱいあるんだと思うので、まだまだ知りたいことがいっぱいあるのですが、一つ、「ハンドメイド」「国産」の表情を見れて、とてもじわじわくる時間でした。

ハンドメイド、手仕事、Made in Japanって謳い文句は、いったいどういう意味に捉えればいいのか、読み取るときも、自分が使うときにも、実はすごく難しい言葉なんじゃないかと感じます。
 2015/05/28 12:52  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »
リンク集
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/efj-hitomi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード