« 前へ | Main | 次へ »
月にはツイてる【本と翻訳】
偏った趣味とフェティシズムで、本と翻訳について話してみたいと思います。

---
月をモチーフにした話はおびただしいほどあるだろうので、きっと出会ったうちの9割は記憶してないだけだと思いますが、
「月」の話で、最も古い記憶は、”月には餅つきをしているうさぎがいる”という十五夜の話です。
幼稚園のときに「へぇ!」と思ってから、満月のときは、いまでも必ずうさぎを探すのですが、いまだにどうやって見ればうさぎに見えるのか、いまいちよく分かりません。

小学生の頃、「Goodnight Moon(Margaret Wise Brown / illustrated by Clement Hurd)」の絵本をよく読み聞かせてもらっていたのですが、
その一節「the cow jumped over the moon」というフレーズが、なぜかとても記憶に残っています。
きっと母が、「over」のところだけ、ぐぅーんと飛ぶように、強く長く読んだからでしょう。

この一節は、Mother Gooseの「Hey! Diddle diddle」だと理解しているのですが、

Hey! diddle, diddle,
The cat and the fiddle,
The cow jumped over the moon;
The little dog laughed
To see such sport,
And the dish ran away with the spoon.

びっくりしたのですがMother Gooseは、
北原白秋(まえがきいわく、日本で初めて訳したらしい)、谷川俊太郎、寺山修司(アーサー・ラッカムの絵本の訳)の3人も訳していました。
さっそく3人のを取り寄せて読み比べてみると、

白秋は、まえがきで、「がちょうのおかあさんに日本に来てもらって、歌ってもらうんだ」的なことを書いていて、
まさに白秋の訳はテンポが良く、子どもと歌うのにぴったり。

寺山は、まえがきで、「アーサー・ラッカムの絵本の訳だし、大人っぽくいくわ」的なことを書いていて、
全体的にしっとり訳します。お皿とスプーンの「かけおち」って言っちゃうし。

谷川は前2人に比べると、からっとしていて、ちょっとかっこいい。極端にいえば、ハードボイルド。

寺山はまえがきで、Jack Spratを引き合いに出し、同じく谷川・白秋と比べます。

Jack Sprat could eat no fat,
His wife could eat no lean;
And so betwixt them both,
They lick'd the platter clean.

このThey Lick’d the platter cleanを、
谷川は「ふたりのおさらは ぴかぴかきれい」
白秋は「お皿はすべすべなめてある」
と二人の訳を並べます。

寺山は、「なんとなく物足りない」といって、
「二人なかよく お皿をなめる
だからきれいなお月さま!」
と最後、原典にはない一文を加筆して訳したぞ、と言います。

寺山はさらに「飛躍があってもいいような気がするし、それくらいのたのしみがないと、詩の訳なんてできない、(中略)『合作者』になって作り直すことが、訳のたのしみなのではないか、と思われるのである」と続けます。

それな! と、大興奮したのですが、
ぴかぴか」「すべすべ」そして「きれいなお月さま!」。
3人が解釈したイギリスの風景や人々、雰囲気、見たもの感じたものが異ならなければ、同じ単語を選ぶだろう(機械ならばきっと同じ訳になる?)。
でもそうではない。3人がそれぞれ感じた世界は、どんなふうだったんだろう、と、訳者の世界観というのがすごく気になるようになりました。

中高の英語の授業でだって、みんな和訳問題の答えは違ったんだし、それは当たり前だろう、ということでもあるんですが、
だれも「同じ世界」を生きていない。
だからどうしても「作り直す」ことをしないと、訳ってできないんだな。
訳者の生きる世界によって、お話はすごく変わるんだな、この人はどんなふうに世界を見ていたのかな、と、私はゆるりと「訳フェチ」の道に入ったのでした。


------------
さて、そんなこんなで「月」の縁がゆるやかに始まって3冊。(むしろ、本題)

まず、アンデルセンの「絵のない絵本(矢崎源九郎訳・新潮社・1952)」
これは、貧乏な絵かきに、友達である月が、前の晩・その前の晩見たことをあれこれ語って聞かせる(それを絵に描きなよってことで)という話。
マッチ売りの少女、人魚姫、雪の女王……とすぐさま思いつくアンデルセンですが、そのやさしさがぎゅっと詰まった短編集で、とにかく温かい「絵本」です。

次に、「月は無慈悲な夜の女王(矢野徹訳・ハヤカワ・1969)」。 ガンダムの源泉はこの本(真偽は全く知らぬ)と聞いて興味があったのですが、読む決意を促したのは、タイトルの和訳です。

原題は「The Moon Is a Harsh Mistress」。
訳した矢野徹は、SF界のスーパーレジェンドのようですが、全く知りません(たぶん知らないことを、the低頭低頭土下座しなきゃいけない人)。
しかし、もう大賛辞と未来永劫感謝を伝えることをココロに決めました。

Harsh」を「無慈悲」とした。
「厳格」でも「残酷」でも「無情」でもない。
むしろ、直訳の辞書、手元にあるものをさくっと見ても、「無慈悲」は出てない。
「無慈悲」とするだけで、なんとも「女王」が、こんなにもどこか妖しく、美しくなるのです。
「月 ――残酷なる夜の女王」でもない、「月は〜」というリズム。
悶絶だね。最高だね。美しいね!

内容もすごくおもしろくって、わくわくしかしません。めちゃくちゃ長いですが、わくわくが勝ちます。こんなに文章って、エンターテイメントできるんだ!って感じ。
矢野の訳は、熟語多めで、無味乾燥に仕立ててある感が、いっそうこの世界をリアルにしてるようにすら感じます。

さて、そんな2冊を経てじわじわと、「『月』ってつく本、アタリじゃね?」という感を持っていた私が、最も最近出会った「月」本は、「月と六ペンス(行方昭夫訳・岩波書店・2010)」

なぜだか最近、門外漢だったアートに携わることが増えていた流れの中だったので、ブック●フでの出会いにむりやり運命を感じます。
ゴーギャンの一生にインスピレーションを得て書かれた本書、行方訳も、すごく読みやすい。すぅうっぅぅぅーっと入ってくる。
これがあまりにも読みやすいので、他とぜひ比べたいと思います。いつか。
ちなみに、まだ読了してないので、なにが「月」なのか分かりません。
そんなこんなで、最近私「月」にツイているんだよ、というオチのないお話でした。

※「いやいや、いとうさん、それ違うから」とか「おれはこう思うね」っていうの、論じ語らい教えてくださる方、ゆるぼです。※
 2017/03/04 11:01  この記事のURL  / 


« 前へ | Main | 次へ »
リンク集
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ

http://apalog.com/efj-hitomi/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の
「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。
QRコード