アパレルウェブ ホーム
« 2018年08月   |   Main   |  2018年10月 »

高価なものほど…

 【東京本社】雨の日が多かった今週、東京本社近くのJR神田駅交差点でも傘の花が咲いた。職場で話題になったのが、高額な傘ほど忘れたり失くしたりするというエピソード。先輩記者は「奮発して買った傘を居酒屋で間違えられた」と残念そうに振り返る。今度こそと購入した傘もどこかに置き忘れたそうだ。結局、手頃な価格の傘に落ち着いたという。
 自分もこの夏、買ったばかりの日傘を数日で失くしてしまった。悔しいので日傘を買わずにひと夏を過ごした。涼しくなった今、顔にできたシミを見つけて少し後悔している。(國)
2018年09月28日(金)  10:00  / この記事のURL

実体験に基づくPRに説得力

 【大阪本社】京都西川の「ローズテクニー快眠研修会35」が9月12日に京都市内で開かれた。
 ローズテクニーは、家庭用温熱・電位治療器で、1984年発売のロングセラー敷布団。電位治療では負電位を体に与えることで血液中の帯電微粒子のバランスを調整し、頭痛や不眠症、肩凝り、慢性便秘などを和らげる。温熱治療では血行を良くしたり、筋肉の凝りをほぐして疲れをとったり、胃腸の働きを活発化したりする効果がある。
 研修会では、テレビパーソナリティーで全米ヨガライセンスRYT200認定講師の大東めぐみさんが、交通事故に遭って複数箇所を骨折するなどした後、ローズテクニーを愛用するようになったエピソードを紹介。長年使用している間に顔の傷跡もほとんど目立たなくなったとし、「寝ている間に元気になれる」とアピールした(写真)。
 ローズテクニーのイメージキャラクターにはコメディアン・俳優の大村崑(86)さんも起用している。大村さんもローズテクニーを愛用していて元気という。
 著名人をイメージキャラクターに起用する例はあまたあるが、実体験に基づくアピールに説得力を感じた。(長)
2018年09月27日(木)  10:00  / この記事のURL

職人技をリアルに実感

 【東京本社】三陽商会の「三陽山長」が25日オープンした日本橋高島屋SC新館5階に出店した。同ブランドは「技」「匠」「粋」という和の精神に基づいた日本人によるこだわりの靴を提案する。それだけに既製品で2万8千〜25万円、パターンオーダーで8万6千円からと高級品である。
 新ショップの特徴は初の修理工房(写真)を新設したこと。つま先補修やゴム半張り、かかとの交換など部分修理が可能な機械を工房内に設置した。同ブランドのグッドイヤーウェルト製法やマッケイ製法を中心とした修理を行う。これにより、販売から修理まで一本化した。ガラス張りのドアを開けると、補修作業場独特のにおい。職人がそこにいるとリアルに実感した。
 フィッティングスペースも、座ったときに腰が下がるような座面角度の設計にこだわった革張りソファーを設置。靴と同じく、細部へのこだわりをさりげなく、かつ徹底している。(康)
2018年09月26日(水)  10:00  / この記事のURL

過剰品質は強み

 【中部・北陸支社】わが国の製品が他国と比べて過剰品質と言われるようになって久しい。日本人の本物志向やこだわりがそうさせているのだろう。特に繊維製品はかつて戦後、外貨獲得の主力品目だったことに加え、国内ではマーケットクレームを恐れて異常なまでにも使用品質が高度化した。
 こうした中、ウール原料や染料の高騰に苦慮する尾州産地では、リスクがあるもののウール・ポリエステル混のトップ糸使いが来秋冬物として増えている。チェックタイプは反染めでも2浴染めで可能なのだが、色の深みや堅ろう度に対する同産地のこだわりによる。
 さて、冒頭の過剰品質だが尾州産地は明治の中頃まではシルクと綿の生産地であった。和装商品にも強く、つい最近までウール着尺も扱っていたほどで、全ての素材を高品質で織れると言っても過言ではない。デザイン力ではどうしてもイタリアに劣るかもしれない。半面、仕上げ加工を含めた高品質なテキスタイルは十分な国際競争力を持つ。為替に関係なくぜひ、過剰なまでの品質を強みとして、世界に訴求してもらいたい。(聡)
2018年09月25日(火)  10:00  / この記事のURL

省エネを忘れずに

 【東京本社】今年も残すところ3カ月となった。思い返すと地震、大雨、台風、酷暑と自然の猛威が非常に多かった。
 近年ますます天候の不順から災害が増え、いつどこで誰が見舞われてもおかしくない。自身のことは自身で守る。最近は事前情報やハザードマップもあるので、災害への意識を高め被害に遭わないよう心掛けることが大事。
 先日、福島県発祥の繊維企業が、東京で物産展に協力した。今年で3回目。物産展を見ることで災害の記憶をつなげられ、継続することで復興への手助けにもなる。
 「持続可能な社会」という掛け声だけでなく、ゴミの分別、省エネ、できることをコツコツ積み上げることが大事。そうすることで天候も以前のような穏やかさが戻ってくるのでは。(章)
2018年09月21日(金)  10:00  / この記事のURL