アパレルウェブ ホーム
« 2017年12月   |   Main   |  2018年02月 »

「けんこうだより」に学ぶ

 【大阪本社】生駒市が保育園を通じて、子育て世帯に配る「けんこうだより」を読んだ。いつも“手洗い、うがいの励行”や“テレビ・スマホの長時間視聴はやめよう”といったありきたりな内容なのであまり読まないのだが……。
 今回、目に留まったのは下着の選び方や上手な重ね着の仕方について書かれていたからだ。特に印象的だったのは「夏のTシャツは、糸のより方や素材などが、下着用に作られたものではないので、保温効果や汗の吸収率が落ちます。下着代わりにしないようにしましょう」という部分。
 Tシャツを下着代わりにしないのは当然と思っていたが、その理由について考えたことはなかった。下着は下着の役割があるといったぐらいにまでしか考えていなかった。糸の撚り方や素材が下着用でないため。この業界で取材をしていると意味がよく分かり、なるほど、的確な指摘と思った。
 重ね着については「厚手の服を着るよりも、薄手の服を重ね着したほうが保温効果があります。服と服の間に空気の層ができるので暖かく保温できます」とのこと。
 基本の「き」というか、当たり前といえば当たり前だが、業界外の明確な理由付けに改めて教わった気がした。(学)
2018年01月31日(水)  10:00  / この記事のURL

上海の大気汚染が改善

 【上海支局】上海の大気汚染が改善している。ここ数年は冬になると、取材先で大気汚染が話題に上ることが多いが、最近は皆さん一様に空気が奇麗になったことを実感している。
 上海市環保局の発表によると、2017年は1年の4分の3の時間、大気汚染が見られなかったという。微小粒子状物質「PM2.5」の濃度は13年62%だったのが、17年は39%と大幅に低下した。
 大気汚染が最も深刻化した13年ごろは、必ず改善すると信じてはいたが、10年以上かけて徐々に解決するのだろうと予想していた。このスピードはさすがと思う。(祐)
2018年01月30日(火)  10:00  / この記事のURL

備えあればスベらない

 【東京本社】10a超の降雪に見舞われた首都圏。職場の窓から見るうち、屋根も道路も真っ白に。鉄道と道路状況を調べると、ほぼ全線で遅延、渋滞。帰路の駅で入場制限に遭い、途中まで歩く。ノーマルタイヤのままの車がノロノロ運転し、その後ろにスノータイヤの車が何台もつながっている光景を何回か見掛けた。雪の予報は先週から出ていたのだが、ノーマルタイヤのドライバーは「自分は大丈夫」と根拠なく思い込むタイプか。
 エスカレーターで、革靴の底にワンタッチタイプのスパイクを着けていたサラリーマン風の男性。
効果を聞くと「気休めかもしれないけど、着けると用心するので」と笑う。人もクルマも過密な東京、渋滞を広げないためにも備えはしておきたい。(周)
2018年01月29日(月)  10:00  / この記事のURL

週末外食難民

 【大阪本社】自宅近所にあって、週末に家族で飲食する機会の多かった焼き鳥屋さんがこんなことに……。
 味は、おいしい。焼き鳥だけでなく、鳥スープやそれを使った雑炊、タタキ類、サラダ類、デザート類、どれをとっても間違いのない味。高くもない。立地が少々辺ぴなためかいつも適度に空いていて重宝していた。何より、小学生の息子が大のお気に入りだったのに……。
 閉店ではなく移転とのことだが、移転先まではなかなか遠い。週末、家族を連れて近所でサラッと食べるという距離ではなくなってしまった。それほど足は向かないだろう。残念至極。
 週末はほとんど外食のわが家。多いときには隔週ペースで通っていた近所の絶品居酒屋も、マスターが脳梗塞で倒れたために店を閉めてしまった。おいしかった別の一軒は、何度注意しても店員をネチネチ説教する店長に辟易して、もう行かないと決めた。週末外食難民状態のわが家……。どうなることやら。(武)
2018年01月26日(金)  10:00  / この記事のURL

異文化交流の始まり?

 【中部・北陸支社】先日、会社帰りにネパール人の男性3人組に話しかけられた。どうやら道に迷っているらしい。私は英語が全然話せないので、そのまま立ち去ろうと思ったが、会社の近くにネパール料理屋があったことを思い付いた。店の人に聞いてもらえればと考え、取り敢えずそこまで案内。すると、その店が目標だったらしく、彼らから一緒に晩御飯どうですかと誘われた。断る理由もなかったので、どうにかなるだろうと思い、そのまま入店。ネパールの郷土料理を食べながら、つたない英語で会話を楽しんだ。彼らは日本語を学ぶために2、3週間ほど前に来日したばかりで、私が日本人の友人第1号として、めでたく認定された。帰りがけに携帯電話番号の交換もしたが、彼らの名前の発音が難しすぎたため、家に帰るころには忘れてしまい、携帯には「ネパール人」で登録(写真)。電話に備えて、ネパール語で「こんにちは」を言えるぐらいは勉強しておこう。(川)
2018年01月25日(木)  10:00  / この記事のURL