アパレルウェブ ホーム
« 2017年09月   |   Main   |  2017年11月 »

海外バイヤーが注目

 【東京本社】日本貿易振興機構(ジェトロ)主催のデザイン製品商談会「コノシール・トウキョウ」が25日から2日間開催された。海外バイヤー9社に、日本企業80社が商談を行うもので、ファッション雑貨やアクセサリー、ステーショナリーなどが出品された。
 繊維企業も参加したが、バイヤーに特に人気だったのは、自動車内装、家電などの樹脂製品制作のための射出成形を行う宝島精工(石川県かほく市)のブースであった。プラスチックパズル「OVOV」はポリプロピレンのピースの穴と突起をつなぎ合わせて三角錐や立方体、球状のオブジェを作るという遊び。一つの形をしたピースは、3色あり、これを組み合わせ重ねることで多くの色彩を創り出せる。子供の知育玩具にも利用できるが、「立体が認識できる小学生以上に適する」とも。「レゴ」のアート版のような感じだ。
 委託業務が中心だったが、企業を維持するために昨年から自社ブランドとして販売開始。国内で数店舗が扱うようだが、海外バイヤーはそのアイデアの面白さに引き付けられた。生き残りもアイデア次第である。(康)
2017年10月31日(火)  10:00  / この記事のURL

嵐の朝に

【大阪本社】先の衆院選の投票後、2b幅の歩道を横断しようとするアメリカザリガニの雄(はさみが大きく、トゲトゲがあるのが特徴)に遭遇した。
 小学生の頃、小さめの竹竿の先端を割って“釣って”遊んでいた身近な甲殻類の生活の場は、田んぼや水路、池などだ。
 それが「何故ここに」。
 よくよく考えてみると、選挙投票所が小学校であったことから、恐らく子供たちが校内の池で飼っていたのだろう。
 この日、超大型台風の直撃で、嵐に。大荒れの池から“脱走”したのも分かる。
 約10aの距離からスマホでパチリ。相手は背筋を伸ばしながら威嚇してきたが、その姿が滑稽だった。
 ネットで検索するとアメリカザリガニをワンポイントマークにしたTシャツなどが売られていた。忘れかけていた生き物のワンポイントに、逆に新鮮さが漂う。(篠)
2017年10月30日(月)  10:00  / この記事のURL

カジュアルシャツのオーダー

 【東京本社】オーダーシャツの人気が高まっている。インターネットを活用したオンラインで気軽に頼めるような仕組みが出てきたことも、消費者の心理的な敷居を低くしている要因の一つだろう。
 シャツに限らずオーダーといえば、年配の男性のイメージがあるが、若い人の利用も増えているという。近年はパターンオーダーでスーツを作る20〜30代が増えていることが影響しているのかもしれない。
 シャツアパレルメーカーの山喜は、先日の18春夏向けの展示会で、オーダーシャツの売り場をカフェのような雰囲気にしては、という提案を行っていた。オーダー好きな人はドレスシャツだけでなくカジュアルシャツもオーダーするという。
 普段使いで、自分好みに作った、ジャストフィットのカジュアルシャツを着る――とても粋な世界だ。(幸)
2017年10月27日(金)  10:00  / この記事のURL

トロンプルイユみたいな見本帳

 【大阪本社】先日、東洋紡糸工業の大阪展に伺った。カシミヤやブルーフォックスなど最高級原料が醸し出すぜいたくな雰囲気は相変わらずで、軽く包まれるような手触りや温もり、滑らかで上品な光沢に感心しきりだった。
 ところで画像の色見本帳だが、これは現物ではない。正確に言うとスワッチは貼り付けておらず、島精機製作所のデザインシステム「SDS―ONE APEX3」を活用した印刷物だった。ビーカー試験が間に合わず、急きょしのいだらしい。編み地の立体感や微細な毛羽感までリアルなので、近くで見ても分からず、触れてみてようやく納得した。種明かしせずに見破った方は一人もいないそうだ。
 絵画の世界でトロンプルイユという技法がある。実物と見間違えるほどの精密描写による写実画で、建築物の壁面などに用いられるが、こうしてビジネスの現場でも、気負わず、さりげなく最新技術を活用しているのが、なんとも粋な気がした。(和)
2017年10月26日(木)  10:00  / この記事のURL

「アートの秋」

【東京本社】最近の天気が異常だ。平均気温は20℃前後のところ、最高気温が11℃の日もあり、寒い日が多い。例年よりコートの動きもいいようだ。一方、沖縄は真夏日が続いているという。日本列島が長いとはいえ、異常である。
しかし、いつものように「紅葉」のニュースが流れており、今は「秋」。
写真の「折り紙動物」は、葉っぱを折ったものだ。枯れ葉色の動物たちを見たとき、どのようにしたら枯れ葉が折れるのかと、目を凝らした。多分、若葉のときに折って、枯れさせたものかと思われる。アート人間の感性に脱帽です。
紅葉は自然のアート。前線が北から南へと下って来ている。貧弱な感性の持ち主、アートより熱燗かな。(東京、章)
2017年10月25日(水)  10:00  / この記事のURL