アパレルウェブ ホーム
« 2016年04月   |   Main   |  2016年06月 »

随所に見られる美の意識

 【東京本社】「オートクチュール」。フランス語でオーダーメードで縫製される一点物の高級服を指す。東京都内に位置する三菱一号館美術館で5月22日まで、「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」が開催された。筆者の記憶では休日に訪れたこともあってか、多くの来場者が食い入るように眺める光景が印象に残る。刺繍、コサージュ、ジャカード、金ラメ使いなどそうそうたるメゾンブランドが手掛けた精緻かつ豪華絢爛な展示物(写真)を前にくぎ付けとなった人も多いだろう。
 会場の展示構成では19世紀(1801年〜1900年)のオートクチュールから順に1930年代、40年代、50年代と時代とともにオートクチュールの移り変わりが楽しめる内容だった。
 なかでも19世紀のものはイブニングやカクテルドレス向けが多かったことに気が付く。祝典など着用する機会が限定されることは想像できたが、何とも時代背景を思わせる。展示物も時代の変遷に沿いながら、シルエットや色味、素材など少しずつ変化する様が見て取れた。
 そのなかで一つ気になったのは、正面のデザイン性よりも、背面に巧緻なデザインが施されたものが存在感を出していた点だ。背後から見たときにも「美」を追求した当時のデザイナーたちの配慮だろうか。美意識の高さがうかがえる。日本でも着物や浴衣を着る女性は正面だけでなく、後ろ姿も美しいとよく言われる。歩みの途中でふと振り返った姿を描いた江戸時代の絵師、菱川師宣の代表作「見返り美人」が最たる例か。
 19世紀にパリで開かれた祝典。横切った女性の視線の先には背面の繊細で極彩色のデザインが移り込み、魅力を感じたのではないかと推測してみる。ふとした部分に「美」というものは一層引き立つものではないだろうか。(栢)
2016年05月31日(火)  10:00  / この記事のURL

セルビッチデニムのツナギ服

 【中国支社】最近、ユニフォームアパレルが日本製デニムを使い、商品化する動きが活発化している。ワークウエア製造卸のエスケー・プロダクト(広島県福山市)が、織物メーカーの日本綿布(岡山県井原市)のセルビッチデニムを使ったツナギ服「グレースエンジニアーズ」GE―110シリーズもその一つだ。
 元々ジーンズ好きだったエスケー・プロダクトの池本社長が、日本綿布の川井社長に頼み込み、作ってもらったこだわりのセルビッチデニムを使っているだけに、単なるワークウエアとは一線を画す風合い。スタイリッシュでタイトフィットなボタンフライのデニムツナギ服で、デザインもコインポケットや右の後ろのポケット、袖部分にセルビッチデニムの特徴である“赤耳”をアクセントとして使い、上質感を出した。
 店頭価格は1万5000円以上と、通常のワークウエアに比べ値段的に高いが、「デニム好きなら分かる品質の良さにこだわった」(池本社長)モノ作りを追求。インターネット販売では予約販売の段階から好評で、今月中旬から本格的な販売に入る。
 ワーカーだけでなく普段着としても十分おしゃれに着こなせるウエアとなっている(佑)。
2016年05月30日(月)  10:00  / この記事のURL

日本とイタリアは相性が良い

 【大阪本社】先日、島精機製作所のホールガーメント横編み機20周年記念イベントに参加した。ホールガーメント横編み機で制作したガーメントのファッションショーが行われたのだが、イタリアからも2ブランドが参加した。
 この日は日本とイタリアの交流がクローズアップされた日だった。島正博社長は日伊国交150周年記念イベントに参加するためにローマを訪問中。イベント中にコロッセオの前からビデオメッセージがと届けられた。
 イタリアのブランドによる製品はさすがのクオリティー。スポーティーなドレスをニットで表現していた。
 どうも日本とイタリアは相性が良い。じつはイタリアも日本と同じ職人の国であり、アイデア勝負で近代工業を興してきたのだ。中小企業がモノ作りの主役というのも似ている。日本とイタリアの感性・技術が融合した作品を見ながら、ふとそんなことを考えた。(宇)
2016年05月27日(金)  10:00  / この記事のURL

ソダテテくれてありがとう

 【東京本社】ハンカチタオルを愛用する男性が増えている。吸水性など使い勝手がいいうえ、薄く軽くポケットに収まりやすくなったのも後押ししているようだ。もうすぐ「父の日」。ハンカチタオルを贈るのはどうだろう。
 せっかくなのでパッケージにもこだわりたい。写真は英瑞の自社ブランド「育てるタオル」の「ソダテテ」シリーズ。洗うほどふっくら柔らかく、吸水性に富み、まるで育ってゆくようなタオル。これを卵パックのパッケージでユニークに表現した。左のイエローリボンのラインは父の日のイメージカラーともピッタリ。
 汗ばむ季節にちょうどいいハンカチタオル。“ソダテテ”くれてありがとうの感謝の気持ちも、より伝わるかも。(直)
2016年05月26日(木)  10:00  / この記事のURL

新港湾ビル、まもなく出港

 【大阪本社】四国タオル産地特集の取材で半年ぶりに今治に来てみると、港に目新しい建物が。港湾ビルを立て替えているところで、昭和の趣きを残した古い港湾ビルを背に、船を模した新しい港湾ビルが出現していた。京都駅ビルや梅田スカイビルを設計した原広司氏の設計という。今夏にもオープンするらしい。名称もこのほど「はーばーりー」と決まった。
 聞くところによれば「みなと再生委員会」がまとめた「みなと再生構想」に基づいて数年前から“「交通」の港から「交流」の港へ”を合言葉に再開発が進められてきたという。このビルの竣工はその仕上げ。
 しまなみ海道をはじめとする本四架橋で、フェリーターミナルとしての今治港からの航路は、関西、九州どころか、対岸の岡山・広島県への航路も無くなり目の前に点在する芸予諸島各島への数航路のみ。
 かつて宇高航路の本州側のターミナルだった宇野駅も、今では直島などで3年置きに開催される瀬戸内国際芸術祭の玄関口に生まれ変わったのと同じように、今治港も新しい役割を果たそうとしている。
 往時の面影をしのぶ旧港湾ビルがやがて取り壊されてしまうのは惜しい気もするが、こうした再生への意思こそが、伝統の保存への大きな力になることは今治タオルの復活劇からも明らか。
 数年前の大河ドラマ「八重の桜」でも、明治初期のキリスト教伝道の拠点として選ばれた今治。内陸育ちのわたしにとっては、目の前の海が誘うこの“進取の気風”がうらやましく思える。(典)
2016年05月25日(水)  10:00  / この記事のURL