アパレルウェブ ホーム
« 2016年02月   |   Main   |  2016年04月 »

早くも新年の準備

 【大阪本社】3月22日から3日間、大阪市のマイドームおおさかで「中国山東省輸出商品展示商談会」が開かれた。
 山東省は昔から日本との関係が深く、貿易が盛んだ。繊維製品からインテリア、日用雑貨まで幅広く生産し、日本と取引している。同展もアパレル、縫製工場の出展は全体の3分の1程度でタオルやインテリア、日用雑貨の出展が多い。
 そんななか、あるアパレルのブースで見つけたのが写真の展示。昨年生産した婦人服4点をサンプルに新年の福袋販売への対応を訴求していた。
 例年、日本の大手アパレルの福袋商品を生産しており、今年は5月くらいから生産に入るという。閑散期を活用した生産となれば、桜の季節から次の新年のことを考えないと、スムーズな生産はできない。(幸)
2016年03月31日(木)  10:00  / この記事のURL

ウオーキング

 【大阪本社】3月の声を聞くと毎年、朝のウオーキングをスタートする。11月から3月までは日の出が遅いためやむなく中止するのだが、現在の部署に配属になった15年前、外に出る職種に体力的不安を覚え体力作りのために始めた。それがきっかけで、以来、部署が変われども続けている。今年は3月初旬が体調不良で、やっと今週月曜からの遅いスタートとなったが、四季を楽しみながら、朝の日課として今年も歩いて行きたいと思う。
 コースは昔、淀川の支流だった大野川が埋め立てられ、今は緑陰道路と名を変えた歩道とサイクリングロード。樹木や草花が多い道路を四季折々の花を楽しみながら、花が咲いていると言っては立ち止まり、どんぐりが見えるとしゃがみこみと、寄り道ばかり。ウオーキングとは名ばかりの軽い散歩のようなものだ。それでも、ウオーキングをした日は、通勤電車に乗るころには、頭はすっきり、気持ちも仕事モードに切り替わるのも早く、なんとなく調子がいい。(陽)
2016年03月30日(水)  10:00  / この記事のURL

ガソリン価格に一喜一憂

 【大阪本社】土日、自動車を運転するので、ガソリン価格はいつも気になる。
 昔は燃費が悪い車だったので、近所で安いスタンドを探して給油していたが、ついに最も安いセルフのガソリンスタンドが1リッター100円を割り込み、99円になっていた。
 ちょうどガス欠に近かったので、早速給油した。40リッター入れて3960円で済んだ。有り難い。その翌週、たまたま近くを通りかかると、103円台に戻っていた。危うく損するところだったと胸をなで下ろしたが、よく考えるとわずか4円。全体では160円ぐらいの差に過ぎないのに、一喜一憂するとは。貧乏性が染みついているようだ。(貴)
2016年03月29日(火)  10:00  / この記事のURL

「GAP」と「東急プラザ銀座」

 【東京本社】東京・数寄屋橋は銀座エリアに属しており、和光・三越前の銀座4丁目交差点辺りとともに、昔から全国区的存在であった。周辺には有楽町マリオンがあり、ここ四半世紀はマリオンがランドマークとして君臨していた。それ以前はソニービルや不二家で有名な銀座クリスタルビルなどがそれであった。
 そして31日、新たなランドンマークが誕生する。「東急プラザ銀座」(写真)である。江戸切子をモチーフにした外観は新ランドマークにふさわしく、全13フロア・125店舗で構成。1階フロアの「バリー」を筆頭に、数多くの大人向けのファッションブランドが出店しており、新たな銀座の顔となりそうだ。
 数寄屋橋といえば約20年前、SPAの先駆けとなった「GAP」の国内1号店が誕生したエリア。その後日本のファッションビジネスは大きく変貌していったが、同じ場所に立つ「東急プラザ銀座」オープン以降はどう変わっていくのだろうか。(洋)
2016年03月28日(月)  10:00  / この記事のURL

アーバン神社、人気です

 【東京本社】東京・日本橋の「福徳神社」は商業施設「コレド室町」の裏手にある。高層ビル街のふもと、赤い鳥居はタッパこそ短いが存在感がある。説明書きによると平安時代(859年〜876年)にはこの地に鎮座していたという。その割にまったく目立たず、職場から徒歩5分ほどの距離ながら、しばらく気付かなかった。2014年に三井不動産が再開発に当たり社殿を新築、宝くじ当選祈願の神社でもあり、なかなかの人気スポット。CMのロケにも使われる。写真は3月3日の昼下がり。ひな祭り限定の御朱印がもらえるとあって女性が長蛇の列を作っていた。街は進化していくけれど、神社にかける気持ちは21世紀になってもそれほど変わらないのかも。(周)
2016年03月25日(金)  10:00  / この記事のURL