アパレルウェブ ホーム
« 2015年04月   |   Main   |  2015年06月 »

行列はフード・スイーツのみ

 【東京支社】5月なのに夏日の平日の午後、取材途中に原宿・表参道を通った。少々急いでいたが、ラッシュアワー並みの混雑でスムーズに歩けない状況であった。その原因として中高学生の修学旅行集団が結構いたこともあるが、フード・スイーツショップに並ぶ5つの行列が通りを占拠していたことも大きい。
 そのうち最大の行列が表参道ヒルズで開催していた「GELATO HAKU」へのもの。開催最終日ということもあって、300メートル以上の長蛇の列を形成していた。そのほかはポップコーンやパンケーキ、チョコレートスイーツなど“フード・スイーツ狙い”の行列。いずれもその時、50人以上は並んでいた。
 行列していたのは20歳前後のおそらく学生が中心で、その9割が女性。確かに「目新しい美味しいモノ」には目がない年ごろではある。が、かつて原宿でその年代は「ファッションショップ」に行列していたものだが、それは今では遠い昔の話。(洋)
2015年05月29日(金)  10:00  / この記事のURL

“美”を極める

 【東京支社】先日開催された「ビューティーワールドジャパン2015」は理美容・粧業、健康関連産業の展示会。会場の東京ビッグサイトは初日の午前中からにぎわった。B2Bの展示会だが、バイヤー自身も目利きのユーザーである場合が多く、コスメや美容器具、サプリ、マッサージなど、実際に試しながら熱心に質問を浴びせる光景があちこちで見られた。繊維・ファッション関連の展示会と単純に比べてはいけないのだろうが、熱気ムンムンである。
 取材はユニフォームだったが、カタログメーカー出展はわずか2社。大手はサプライヤーが固定化しているのに対して中小の事業者は私服で勤務する職場が多いこともある。加えて出店や撤退のペースが早いため、リピート受注を収益の頼みとする定番ユニフォームにはやりにくさもあるだろう。スタッフがユニフォームでビシッと決めた業者のほうが、サービスや与信面も信頼できると個人的には思うのだが。(周)
2015年05月28日(木)  10:30  / この記事のURL

ちょっとした「気遣い」

 【本社】以前、タオル産地を担当していたとき、タオル織機メーカーが産地で最新鋭織機の展示会を開いた。その際に営業担当者から頂いたのが携帯用の耳栓。
 普段から織機音の大きい織機工場の中で働く人たちには、耳栓は欠かせない。頂いた耳栓は一度も使わなかったが、試しにデスクでパソコンを打ちながらしばらく使ってみた。
 シーンと静寂が。不快な音は消すことができるが、人の最低の声は聞こえる優れもののようだ。
 白の四角形の紙のパッケージ入りで、リボンを付けると、ちょっとしたプレゼントになりそう。そうやって機械メーカーの営業マンたちは「気遣い」によって産地を回る。(篠)
2015年05月27日(水)  10:30  / この記事のURL

たかが、されどのパッケージ

 【東京支社】副資材の東京吉岡は、ディスプレーも可能な新しいパッケージを提案している。商品を入れる袋や箱に工夫を凝らして売り場作りに寄与しようというものだ。
 写真の左側にはパッケージの下からネクタイの剣先がのぞく。太さや柄が確認でき、かつ壁に陳列できる。これなら、狭い売り場でも顧客に効率よく見せることができる。パッケージに窓を付けて、中身を確認させる手法だが、ハンカチなどの柄を見せることも可能だ。さらにシャツの襟だけを露出するパッケージもあった。シャツは大抵平場に積まれるが、自立して立て掛ける構造にした。
 また、パッケージに写真を付ける切り込みを入れて、その商品を着たライフスタイルを訴求するものもあった。シャツに似合うパンツやジャケットを情報として写真に盛り込むことで、客単価アップを――という狙いにもつながる。(康)
2015年05月26日(火)  10:00  / この記事のURL

「これぞ、専門店」

 【東京支社】今年の5月は暑い。真夏日になることもある。すでにクールビズ対応はしているものの、まだ暑さ慣れしていない体には辛い。
 五月場所が行われている両国。力士の姿もよく見かける。鍛えた体もさすがに暑いのか、歩くより自転車にまたがっていることが多い。しかも大概ママチャリ、微笑ましい。
 暑いときはシャツなどインナーを着ると良いと言われる。ここ両国には大型力士のサイズも用意している。流石である。何でもそろう百貨店やスーパーでもこのサイズを常時そろえるのは在庫負担になるだろう。このニッチなところで勝負するのが専門店の強みであろう!(章)
2015年05月25日(月)  10:00  / この記事のURL