アパレルウェブ ホーム
« 2014年11月   |   Main   |  2015年01月 »

中国観光客の「東京に行ったら必ずやるべきことベスト10」

 【上海支局】円安の影響により、今年の春節休み期間に日本へ旅行する中国人が例年より増えるようだ。中国版ツイッター=微博(ウェイボー)でこのほど、中国人の「東京に行ったら必ずやるべきこと」と題する書き込みが登場した。「書き込みが最も多いベスト10」として紹介されたのは次の10項目。@「スカイツリーで恋愛成就を祈る」A「ディズニーランドで童心に返る」B「銀座のにぎやかさを味わう」C「東京駅で西洋のロマンチシズムを体感する」D「原宿でおしゃれスポットを回す」E「浅草寺にお参りをして、仲見世通りで買い物する」F「新宿の“かに道楽”でカニざんまい」G「皇居を見学する」H「歌舞伎町で遊ぶ」I「秋葉原や池袋で電気製品などを買う」。
 写真は中国知名旅行サイトーが掲載した「中国人の東京観光スポットベスト20」の一部。ランキング順位と内容が少し違うが、ダブったところが多かった。(暁)
2014年12月26日(金)  10:00  / この記事のURL

「正月飾り」

 【東京支社】いよいよ今年も残り僅かになってきました。暦の加減かも知れませんが早くも注連縄や門松の飾りが見掛けられるようになりました。以前に比べると簡素になったものが多いように思う。
 「鏡餅」もその一つ。昔は実家で餅をつき、大小の鏡餅や形の変形の飾り餅を作った記憶があります。今では、パックになった既製のものが多い。供える場所によっては、違うものを飾るようだが、既製では探しようが無い。
 100円ショップでも売られている鏡餅、金額より飾る気持ちが大事か?
 来年も良い年になりますように。(章)
2014年12月25日(木)  10:00  / この記事のURL

ジャンボなサンタはバース

 【本社】本紙「繊維ニュース」月曜1面の写真コラム「ショット」の材料探しのとき、元阪神タイガースの巨砲、ランディ・バースにたまたま出会った。
 出会った場所はかつてタイガースが優勝するたびに若者が橋から飛び込んではしゃいだ道頓堀川。「想いで」の場所だけに本人も上機嫌?
 周辺にはあらかじめ知らされていたテレビやスポーツ紙の記者やカメラマンが大勢詰めかけ、バックのグリコをまねたポーズなどを求める。快諾するジャンボなサンタは絵になる。
 この日は12月19日午前。実は阪神百貨店が翌日から始めるクリスマスセールのためのキャンペーンの一コマだった。(篠)
2014年12月24日(水)  10:00  / この記事のURL

ステークホルダー

 【中部支局】先の衆議員選挙は予想通り、自民党の圧勝に終わった。大手の輸出企業を中心に中間決算では、過去最高利益の決算が発表され、アベノミクス効果を享受。市場では、株主に対して、配当を増やすことも発表し、株主還元株が続出。キャピタルゲインやインカムゲインを得た投資家たちをにぎわせている。
 ただし、これはほんの一部にすぎないと感じる。企業とは本来、公共性、社会性のほかに公益性もあるはずである。下請けの中小企業を訪問していると、むしろ経営は、円安によりコスト高・製品安から、以前にも増して艱難辛苦の状態に陥っている。
 ステークホルダーとは、株主や企業の従業員だけでなく、仕入れ先も重要なステークホルダーの一員である。「利は元にあり」という言葉がある。グローバルな競争時代とはいえ、仕入れ先がもうからなければ、企業の存続も我が国の景気も回復しないと思うのだが。(聡)
2014年12月22日(月)  10:00  / この記事のURL

2人のマイスター誕生

 【中国支局】日本の縫製品の輸入割合は95%以上で、ほとんどが中国や東南アジアからの輸入となる。一方で、学生服業界だけは別で、むしろ国内生産が圧倒的なシェアを占める。その理由は、入学シーズンに納期が集中することに加え、「入学式に一人でも制服が届かない事態になってはいけない」という強い使命感があるためだ。海外生産では手におえない部分であり、だからこそ、学生服アパレル各社は国内にきっちりとした生産基盤を持っている。
 学生服アパレルのなかでも最大手の菅公学生服の社員2人がこのほど、それぞれ厚生労働省「ものづくりマイスター」と、「鳥取県高度熟練技能者(とっとりマイスター)」に認定された。
 認定されたのは、ものづくりマイスターに勤続35年の米子工場(鳥取県米子市)生産課係長の川見伸子さん、とっとりマイスターに勤続29年の大山工場(同大山町)生産課係長の新田みどりさん。ものづくりマイスター認定者は同社にとって初めて、またとっとりマイスターは、「黄綬褒章」「現代の名工」受章者である米子工場生産課の吉良美子さんに次いで2人目の認定者となる。
 2人とも「技術の伝承」を「次世代へ伝えたい」と述べており、工場で働く社員の皆さんにとっても、大いに刺激されたに違いない。(佑)
2014年12月19日(金)  10:00  / この記事のURL