アパレルウェブ ホーム
« 2014年02月   |   Main   |  2014年04月 »

ジーンズマニア真髄のブランド集う

 岡山県内の17ジーンズブランドが一堂に集まった展示即売会「デニムオンライフ」が今月30日まで、岡山県倉敷市の観光地、美観地区にある老舗ホテル「倉敷アイビースクエア」のアイビー学館で開かれた。
 岡山県内には素材であるデニムをはじめ、パターンメーキング、付属、裁断技術、洗い加工など「世界をリードしている企業が多く、歴史を含めて多くの観光客に知ってもらいたい」との考えから、今回の展示即売会を企画。「ビッグジョン」をはじめ、「ベティスミス」「ボブソン」など老舗ブランドをはじめ、「ウィン&サンズ」やフーヴァル、美東といった洗い加工、仕上げ加工企業のブランドも集まった。
 展示ではジーンズだけでなく、シャツや雑貨、インテリアなど幅広いアイテムをそろえた。さらにビッグジョンの国産第1号モデルをはじめ、純国産第1号モデル、ベルボトム、販促用パネルなど貴重なアイテムも多数展示され、国内外の観光客の関心を集めていた。(Y・O)
2014年03月31日(月)  10:00  / この記事のURL

コンビニスイーツ

コンビニスイーツが話題に上ることが多い昨今。
先日、某コンビニのスイーツ「俺のエクレア」なるものを高校生の息子が買ってきてパクついている。なんとなく見ると、包装は硬いスイーツの感じではないイメージで、大きさもかなり大きい。
「俺の・・・シリーズはおいしいんや」とつぶやきながら、「ちょっと食べてみ」と味見させてくれたが、甘さも決して控え目ではなく確かにおいしい。包装のハードなイメージが、味がうらぎっていたりするのがおもしろい。そんなことを思っている間に、息子は普通のエクレアの3倍ほどあるそれを完食。よくよく聞いてみると、そのシリーズは特定のコンビニのオリジナル商品らしく、名前の通り男性を狙った商品で、いろいろあるけれど、大きさも男性向きに増量とか。ということで、昨夕、噂のコンビニヘそのシリーズを見に行ってみた。
なるほど、「俺の」シリーズがおいてあるとみられる商品棚は、それぞれの各種類1つを残すのみで、あとは全部完売したらしく、棚は品薄。大学生の娘情報によれば、各コンビニチェーン店が、独自商品を持っていて、同じ町内にある同名のコンビニでも置いているものが違うとか。各店舗が判断した商品を一度置いてみて、売れればここの場所はこれが売れるということで、その商品は毎日並ぶことになるのだとかで、それを知る者は至近距離の同じ名前のコンビニでも全部行ってみるのだとか。
若い男子の食文化の変化を見事にとらえて発売された「俺の」シリーズにも関心したが、それだけでなく、同名コンビニが近くにあっても、つぶれず共存している理由を改めて知った気がして、その販売戦略に驚いた。
さてさて、企画に属する身としては見習うとこ満載。思わぬところで勉強させてもらった。                                   (Y・M)
2014年03月28日(金)  10:00  / この記事のURL

アニメキャラの衣装も手作り

 日本縫製機械工業会は毎年、全国の小中高生を対象にホームソーイングのコンクールを開いている。
今月8日に東京都千代田区の日本工業倶楽部で今年度の「第34回ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール」の表彰式と受賞者交流会を開いた。
 会場には最優秀賞(経済産業大臣賞)や優秀賞を受賞した作品も披露されたが、さすがに受賞作は「学生でもここまでの作品が作れるのか」と思うほどレベルの高い作品がそろっていた。
 コンクールは「小物・リメイク」や「衣服」などの部門ごとに作品が募集されるが、イマドキを表していると思ったのが、「アニメ・ゲームキャラクターコスチューム」部門があること。
 好きなアニメのキャラクターの衣装を手作りすることからモノ作りの楽しさに触れるというのは、素敵なことだと思う。(K.M)
2014年03月27日(木)  10:00  / この記事のURL

産元業と似顔絵と

 被写体の特徴を最大限に強調する画法がある。写真の似顔絵は播州織産地の産元商社、斎藤商店の齋藤太紀雄会長だ。最近は展示会などでもこの似顔絵を載せたパネルを飾っているので、ご存じの人も多いかもしれない。御仁を知っている方なら思わずニヤリと顔がほころぶほど特徴をとらえた似顔絵である。
 聞けば、この絵を描いたのは齋藤会長の息子さんらしい。息子さんは早くに米国へと飛び立ち、絵画を学んだという。あるコンテストでは世界のトップ10に入賞したこともあるとか。
 今、この息子さんは斎藤商店に入社している。平日を仕事に費やし、土日を利用して絵を描くそうだ。
 筆者はルーブル美術館を訪れても15分で退出するほど、絵画に造けいがないが、この絵が本当に被写体に似ており、ユニークな画風が見るものの目を引きつけることぐらいは分かる。これほどまでの画力を持ってしても、生計を立てていくことは難しいのか……。
 この才能を埋もれさすにはもったいない。今後はぜひ、産元業とのコラボレーションを見てみたいと思う。(T・Y)
2014年03月26日(水)  10:00  / この記事のURL

駆け込み混雑のはずが…

 消費増税前にと食料品や日用雑貨を買いに近くの量販店に出掛けた。駆け込み需要を取り込もうと、割引セールが行われているため、さぞかし混雑しているのだろうと思ったが、何のことはない。売り場は通常と変わらない。むしろ、少ないぐらい。しかも、食料品はともかく、衣料品売り場に至っては閑散状態。下着や靴下ぐらいは駆け込み需要があると思っていたので、肩透かし。判断するのは早計かもしれないが、高額品は別にして、増税前に衣料品を買い込む必要はないということか?(T・N)
2014年03月25日(火)  10:00  / この記事のURL