アパレルウェブ ホーム
« 2013年04月   |   Main   |  2013年06月 »

偶然の出会い

 好きな落語に出てくる行程を追いながら、上野から麻布十番までおよそ12`を散歩した。スタート地点は上野駅からほど近い地下鉄銀座線の検車区。ここは鉄道愛好家の間では非常に有名なスポットで、「踏切を通る地下鉄」という変わった風景を見ることができる。テレビで幾度が見たことがあったので、記念に1枚とカメラを取り出すと、にわかに警報機が鳴って、遮断機が動き出した。運良く、件の風景を写真に収めることができた。とくに鉄道に愛着があるわけではないけれど、確かに不思議な感覚に襲われる瞬間だった。この日は快晴。幸先の良いスタートを切った。(R・I)
2013年05月30日(木)  10:00  / この記事のURL

ビル丸ごとホームTX!

 トルコ南西部の街・デニズリ。ホームテキスタイルで世界第4位の輸出国・トルコを支える、タオル関連製品を主体とするホームテキスタイルの産地・輸出基地でもある。
 市街地には、欧米や日本でもおなじみのショッピングセンターと並んで、ビル丸ごとホームテキスタイルのショップで埋め尽くされた「ババダ・マーケット」がある(写真)。
 一歩足を踏み入れた瞬間、度肝を抜かれた。最上階の7階まで貫く螺旋階段の手すりには、タオルやテーブルクロスなどがびっしりと展示(?)されている。時々、狭い通路や階段を、トルコティーを運ぶカフェの店員が通る。数十店舗もの小さなショップは、どこも活気にあふれていた。
 ちなみに、ここ1、2年、トルコでは竹繊維使いのタオルや寝装品が人気。「色柄を変えても、綿だけじゃ飽きられちゃうからね」。ある商店の親父さんは不敵にほほ笑んだ。
2013年05月29日(水)  10:00  / この記事のURL

イチゴの魅力

 和歌山ニット産地を精力的に回るこのごろである。和歌山電鉄貴志川線を利用することが多くなる。この私鉄の特徴は、「単なる移動手段ではなく、乗る楽しさを演出する」ということではなかろうか。今回はイチゴの図柄でデコレーションされたイチゴ電車に乗った。ネコの図柄のたま電車や社内に玩具が飾られたおもちゃ電車も走る。
 ネコを駅長にしたり、奇抜なアイデアが好意的に評価され人気が出てきた。実際に乗ってみると、乗客の大半が観光客である。アジアからの団体もいる。ここまでくれば立派である。(A・A)
2013年05月28日(火)  10:00  / この記事のURL

月の満ち引きで観衆評価

 先週末の夜は「満月」だった。“恒例”の光景だが、満月は小ぶりだった。同日の昼、小さな蟻(アンツ)の集団を街中で見かけた。
 「忙しく動いている」。
 自然の摂理か、生きるためだと分かっていても、右往左往する小さな身体を見ていると「踏みつぶされるな」とつぶやきたくなる。
 専門家に言わせると、人も、月の潮汐による影響で、不可思議な体調の変化に陥る。自身、満月時には、妙に「食」を欲し、仕事柄、パソコンに向かう指の動きが活発になる。繊維関連に流せば、ファッションショーなどでも観衆の反応が「月の満ち引きによって評価が変わる」ともっぱらだ。(M・S)
2013年05月27日(月)  10:00  / この記事のURL

花の季節

 5月の花と言えば、母の日のカーネーションと言いたいところだが、私の中の印象では実は牡丹だ。暑くなりかけたこの時期に大輪の花を咲かせ、あっという間に散りゆく。その姿が強烈で、季節がくればなんとなく見る機会を得る。
 今年は5月の声を聞いたとたん気温が急上昇したので、花の季節も例年に比べ駆け足のようにやってきて、駆け足のように去った気がする。それでも、この花とはよほど縁があるのか、自宅近所のお寺で牡丹を公開しているらしいと聞き、偶然にも見る機会を得た。 この日も気温は朝から急上昇。それでも大輪の花は凛とした様子で咲き誇っていた。
 暑い夏がやってくる。どんな気温の中でもこんな風に凛と過ごせれば……と思うが、修業足らずで、永遠の課題だ。   (Y・M)
2013年05月24日(金)  10:00  / この記事のURL