アパレルウェブ ホーム
« 2012年04月   |   Main   |  2012年06月 »

石油関連で拡大

 アクリル短繊維の主原料であるアクリロニトリルは中期的にみて年率3%程度の市場の成長が予想されている。足下ではアクリル短繊維やABSの需要が弱く、5月の相場急落が話題になっているが、その中でも好調なのがアクリルアマイドである。
 これがどこで使われているかというと、大きいのは石油の回収だという。井戸から石油を採る際、第一次回収では水を注入するが、それでも取りきれない場合は第二次回収としてアクリルアマイドから作った化学品を注入するのだという。
 石油の価格が40jを超えると化学品が使われるようになり、今後も需要拡大が見込まれるそうだ。(K.H)
2012年05月31日(木)  10:00  / この記事のURL

球技のイメージ

 先日、アシックスのスクールスポーツ向けの展示会を取材したときに目についたのが、主力のSラインとは別のラインの新商品。
 アシックスといえばシューズから陸上のイメージが強いが、中高生の間ではサッカーやバスケットボールなど球技の人気も高い。
 新商品は「球技をイメージした商品」というだけあって、巧みなカッティングや切り返しなどで見事に球技らしい雰囲気を醸し出していた。(K.M)
2012年05月30日(水)  10:00  / この記事のURL

船場の王将

 大阪・本町界隈に、念願の(?)「餃子の王将」がオープンした。
 「体の何割かは餃子の王将でできている」と言えば少々過言だが、学生時代からずっと通い続ける店の一つであり、会社近くにできたとあれば、無視することなどできない。早速残業の帰りなどに何度か訪れ、なじみの餃子や天津飯を堪能している。
 王将と言えば、店舗独自のセットメニューが有名。チャーハンセットや餃子セットなど、お得感を前面に出したもので、お店のオリジナリティーが反映される部分でもある。
 先日、当該店でメニューを見ていると、「せんばアパレルセット」なるものがあった。セット内容は焼飯、唐揚げ、カニ玉、餃子or肉シューマイ、スープというもの。王将のセットは「まんぷくセット」や「レディースセット」など、ネーミングでおよその内容が分かるものが多いが、この内容のどのあたりが“せんば”で、何が“アパレル”なのか、皆目分からない。王将の大ファン、かつ繊維業界に身を置く者として、今度店員さんに聞いてみよう、とは思わないが……。(T・Y)
2012年05月29日(火)  10:00  / この記事のURL

車窓から

 先日、取材のため、日帰りで金沢を訪れた。といっても、金沢駅と目の前にあるホテルを往復したのみで、名所は堪能せずじまい。金沢へ向かう電車内で車窓からの景色だけを存分に楽しんだ。
 実はサンダーバードを初めて利用した。当然、窓側の席をとって大阪から金沢までの3時間弱をほとんど飽きることなく、車窓を流れる景色を見て過ごした。とくに湖西線に入ってからの景色が素晴らしく、まるで今森光彦氏の写真のような景色が広がっていた。しかしよく考えると、思い出すのも当然で、今森氏は滋賀県出身なうえ、自然と人との共存をテーマに、まさに筆者が眺めた琵琶湖周辺の自然を撮り続けている人だった。(R・I)
2012年05月28日(月)  10:00  / この記事のURL

特色はツリーだけでない

 22日にオープンした東京の新名所「東京スカイツリー」とその商業施設「東京ソラマチ」。当日はあいにくの悪天候で、ツリーの先端(写真)は雲の上にあった。先行き不透明な時代を暗示するかのようなとらえ方もできるが、国内外を含めて“ツリー人気”は当分続くだろう。
 ツリー人気による集客が相当期待できるソラマチ。これまでの大型商業施設(SC)にはない特色がある。“新・下町”というコンセプトのもと300を超えるテナントで構成するが、それらの中には下町エリアにある老舗飲食店が出店するなど他のSCにはないコンテンツが多々見受けられる。ナショナルチェーンの店舗に食傷気味の消費者にとっては、少なからず関心は高いはずだ。通常注目商業施設のオープン景気は3カ月から半年とされるが、さてソラマチはどうか。
 話は変わるがツリー登場によって、今後の東京タワーが気になるところだ。高度成長時代の幕開けに登場したタワー。ちなみにその開業日も雨だったとか。(Y.N)
2012年05月25日(金)  10:00  / この記事のURL