アパレルウェブ ホーム
« 2012年03月   |   Main   |  2012年05月 »

コミュニティバス

 大阪市内を離れ、郊外へ仕事に出た時のこと、こんなバス停に出合った。地域を結ぶコミュニティバスの停留所のようだが、ここのコミュニティバスは、なんともかわいいキャラクターが光る「オレンジゆずるバス」とか。
 日ごろ、大阪市内の雑踏の中を歩いていては、出会えない光景だけに、思わず笑いがこぼれ、シャッターを切った。
 次回はぜひ、バス本体に出会いたいものと、次に訪れる時の楽しみができた。(Y.M)
2012年04月27日(金)  10:00  / この記事のURL

直球ネーミング

 静岡・天竜社産地の最寄り駅としてJR磐田駅に降り立った。サッカー、Jリーグの強豪、ジュビロのホームタウンとして名前は知っていたが、訪問するのは初めて。意外なほど小ぢんまりとした駅前で出迎えてくれたのが彼。そぼふる雨の中で元気いっぱいのポーズ。
 失礼ながら、彼のことを全く存じ上げなかったので帰社して調べてみると名前は「ジュビロくん」、1993年11月16日生まれ、磐田市出身。身長182センチ、体重78キロとアスリート体形。ちなみにガールフレンドがひとり(名前はジュビィちゃん)。静岡県の県鳥、サンコウチョウをモチーフにしたキャラクターだという。
 このご時勢、直球のネーミングが逆に新鮮である。ただ失礼ついでにサンコウチョウという鳥がいることも知らなかった。今後、産地はもちろん静岡の知識も深めていこうと思う。(K.S)
2012年04月26日(木)  10:00  / この記事のURL

機能ってスゴイ!

 ジーンズにこだわる人は徹底して「綿派」だが、最近では合繊混のジーンズ、いわゆる機能性ジーンズが夏、冬に多く誕生している。なかでも冬の機能ジーンズは「本当に暖かい」と子供から若者、お年寄りまで大変うけが良いという。おばあちゃんまでが“暖パン”を求めて専門店チェーンへ足を運ぶ時代だ。
 デニムジーンズや綿パンなどのカジュアルアパレルで知られるコダマコーポレーション(広島県福山市)の12秋冬コレクションには、そんな越冬がらくらくできる機能ジーンズが盛りたくさんだ。
 大手合繊メーカーの優秀な機能素材をふんだんに使っているわりには3900〜4900円とこなれている。しばらく触ってみたら、暖かさが伝わってきた。機能って本当にスゴイ!(M.S)
2012年04月25日(水)  10:00  / この記事のURL

仙台は雨

取材で初めて杜の都、仙台を訪れる。あいにくの雨。東北復興の中心地だが、飛行機の窓から見えた海岸線には、いまだ津波の爪痕を残す。
とはいえ、仙台市の中心街は、活気にあふれている。結局、人はいかなるときでも生きていかなければならない。その生活の中に復興の道筋がある。街のいたるところで目にする「頑張ろう!東北」の言葉は、関西にいるのと別のリアリティーを持っていた。(M.U)
2012年04月24日(火)  10:00  / この記事のURL

春の芽生え

東京では桜花も散り、若葉が芽吹く季節になったと思ったら、東京に原宿東急プラザ、台場にダイバーシティ東京プラザ、渋谷に渋谷ヒカリエ、隅田に東京スカイツリータウン、近隣には木更津アウトレットモールと相次いで商業施設が誕生。
消費マインドの冷え込みで売り上げが低迷している中、新たな取り組み、新鮮な話題づくりを提案しないと顧客をつなげることが難しい。
そのひとつ、すでに使っている店舗の話題を目にしていたが、ARを使ったフィッティングを初めて見た。試着した画像を携帯端末に取り込んだり、Facebook、Twitterに投稿することもできる楽しいサービス。
タッチパネルでいろんな服を選び楽しそうにやっていた。しかし、店頭にはそんなに商品は置いていないので、リアルタイムでの買い物には不向きかも。
新商業施設に対抗して、従来施設の新たな仕掛けが楽しみだ。(H.S)
2012年04月23日(月)  10:00  / この記事のURL