アパレルウェブ ホーム
« 2011年07月   |   Main   |  2011年09月 »

スーパートレイン「さくら」

 新幹線の車両の名称でよく知られるのはのぞみ、こだま、ひかりなどだが、あまりなじみのなかったというよりも、その存在を知らなかった「さくら」に乗車した。
 岡山、広島など西日本の産地の出張の帰路で利用した。比較的ゆったりと座れて混雑していないことや社内のシートのトーンがもみじ色とブルーでなんとなく和風のデザインがとてもいい。パーサーの愛嬌も良く、“なでしこ”のような雰囲気に、つい「コーヒーを」と頼んだ。疲れもとれる。
 新大阪止まりで、岡山からだと次に止まる駅は新神戸。時間にして岡山、新神戸間は30分少々だ。非常に近い。
 今から30数年前、新幹線が開通していなかった頃、受験のために広島から大阪に来るまでに在来線で5時間30分かかっていたことを思えば、新幹線はスーパートレイン。日本の技術力の高さ、進歩を「さくら」に乗車して改めて感じた。(MS)
2011年08月31日(水)  10:00  / この記事のURL

ヘビーデューティーが好き

 人にはそれぞれ、こだわりのブランドがあり、それしか買わないというケースがある。わたしの場合は、トレンチコートは「アクアスキュータム」、腕時計は「オメガ」に限るということになる。といっても、別に舶来品至上主義というわけでなく、靴は「リーガル」しか履かない。これはメードイン・ジャパンである。ジーンズは「エドウィン」派だ。
 最近、長財布が壊れたので、新しく買い替えた。いろいろ迷った結果、「エッティンガー」を選ぶ。もらい物のビジネスバッグが壊れたので、やはり安物はダメだと実感しながら「トゥミ」のビジネスバッグを購入した。
 いずれもデザイン的にはベーシックだし、あか抜けないともいえるのだが、共通項は「丈夫で長持ち」。要するにヘビーデューティーが好きなのだ。
 コート10万円、腕時計40万円というのは、人によっては高いと感じるかもしれない。ましてやナイロン製ビジネスバッグで6万円なんて、狂気の沙汰と思うかもしれない。ただ、長期に渡るランニングコストということを考えると、案外安上がりともいえる。
 代表例が時計だろう。わたしは日常使い用の「オメガ スピードマスター」のほか、フォーマル用に「オメガ コンスタレーション」を持っているが、これは祖父から受け継いだアンティーク品だ。30年以上前の時計だが、何度かのオーバーホールを経て現在でも正確に動いているのだから、ランニングコストという面ではお買い得だった。
 「良い物を安く」はモノ作りの理想だが、やはりこれは“理想”であって、現実は「そこそこの物を安く」か、「良い物を適正価格で」のどちらかになる。モノ作りは物理・工学・化学の世界であるから、計算以上の結果は出ない。だから「抜群に良い物を激安で」というのは、インチキくさいのだ。(M.U)
2011年08月30日(火)  10:00  / この記事のURL

きしめん

 名古屋の名物と言えば、ひつまぶし、味噌カツ、あんかけスパゲティなど様々あるが、きしめんも忘れてはいけない。近所のきしめん屋さんは、場所が辺ぴなところにあるものの、いつも混んでいる。
 その理由の一つにまず、安さ。普通の玉で300円。大玉(1・5人分)で400円ほどとリーズナブル。そこにてんぷらなどの具をトッピングするわけだが、そのてんぷらも100円から200円程度。大海老でさえ150円と非常にお得。それで美味しいときたら、誰もが行くに決まっている。
 先週、行ったときは「ころ」に野菜てんぷらのトッピングで注文。ここの店は好みの温度で食べることができるのも特徴。「熱」「湯付き」「冷やし」「ぬる」といろいろ種類があるが、ころとは冷たいぶっかけうどんのこと。暑い夏にぴったりのメニューだ。食欲がないときもツルッと美味しく食べることができて満足満足。(Y・O)
2011年08月29日(月)  10:00  / この記事のURL

閃光と歓声の後に

 夏の風物、花火大会。写真は先日、神奈川県横須賀市で行われた「よこすか開国祭 開国花火大会」。広い会場で快適に楽しむことができた。
東日本大震災の影響で、今年はいくつかの大会が中止、延期となっている。自粛や節電などやむを得ない事情はあるだろうが、花火には鎮魂の意味もあると聞く。空に咲く大輪の花。歓声の後、もう見られない人々を静かに偲ぶ。そのような見方があってもいい。(TS)
2011年08月26日(金)  10:00  / この記事のURL

商業洗濯試験

 大きな機械。これは日本染色検査協会(ニッセンケン)の商業洗濯用の試験機である。製品を販売する前、洗濯耐久性などの試験を行うときに利用される。
 試験結果によって洗い方、ドライクリーニング、絞り方、干し方などの繊維製品の取扱絵表示が規定される。これは「JIS L0217」という規定によるものだが、現在、欧州規格「ISO3758」(取扱表示記号)、「ISO6330」(家庭洗濯試験及び乾燥試験方法)との整合化作業が繊維評価技術協議会を中心に行われている。絵表示も世界統一化に進んでいく。(Y・S)
2011年08月25日(木)  10:00  / この記事のURL