アパレルウェブ ホーム
« 2011年06月   |   Main   |  2011年08月 »

ワークショップをもっと華やかに

 広島、岡山地区のユニフォーム製造卸を中心とした期日統一展示会「三備ユニフォームフェア」は11日から16日に開かれた。
 その中で異彩を放っていたのが、福徳産業という手袋を中心に、ツナギ服やユニフォーム関連商品などを生産するメーカーだった。
 ワークショップといえば、全体的に男っぽいイメージの店が多い。ワークウエアや関連商品では紺やグレー、茶色などの色の商品が中心になっているからだ。
 しかし、同社の今年の展示会はその常識を覆す色があふれていた。恒例となっているショップ店頭を模したディスプレーも見事だったが、何よりもカラフルな商品構成が目を引いた。
 インターカラーを取り入れ、女性を意識したカラー構成は、いつものワークショップにない、心を沸き立たせる何かがあった。
 同社では来場したショップ関係者に「女性を意識した店作りを進めるために、少しでも役立ててもらいたい」という。(KM)
2011年07月29日(金)  10:00  / この記事のURL

ニューヨークコスモス

 先日、「アンブロ」の展示会でニューヨークコスモスのレプリカユニフォームを見た。
1969〜84年に活躍していた有名チームだが、自身は北米リーグに興味がなかったので特別の思い入れはない。ただレプリカ横のパネルにもあるように、8月に行うマンチェスターUとの試合はある意味で見たい気がする。
現在、ニューヨークコスモスのディレクターを務めているのはカントナ。彼がオールドトラフォードに戻ってファーガソンとどういう形で顔を合わせるのかは、現地でも大きな話題になっているということだ。個人的には、ファーガソンとの関係つながりでベッカムも入れてみたら- -と思う。(HK)
2011年07月28日(木)  10:00  / この記事のURL

ダイエット

 何度目かのダイエットに挑戦している。開始してほぼ1カ月で体重は4〜5キロ減少した。まだまだ太いが、お腹はベルト穴1つ分スリムになったし、顔や首まわりの贅肉も削げた。しかし、家族以外で気付いてくれる人は皆無と、やや寂しい。
 採用した方法は食事制限。朝昼晩の3食はきっちり食べるが、油物を避けたり、炭水化物を抑えたりと、主に昼と夜で質と量を制限し、間食や夜食も禁じた。お酒を断つのは、生きる意味が半減するので制限なし。これだけで1カ月5キロ痩せたのだから、ダイエット前の暴飲暴食ぶりがすごかったということだろう。
 会社の先輩が1年間で10キロやせたそうだが、採用したのは食事療法のみ。「運動なんて必要ないことが分かった」とのこと。とはいえ、運動を併用したほうが効率的なのは明白なので、ウオーキングを計画中。取材先で「痩せたなー」と言われる日もそう遠くはない。はずだ。(T・Y)
2011年07月27日(水)  10:00  / この記事のURL

パッケージ変え売れ筋に

 今治産地のタオルメーカー、オリムのボディータオルが好評だ。以前からの定番アイテムだが、昨年統一パッケージに一新して以来、雑貨チェーンやインテリアショップでもコンスタントに売れているという。
 小紋柄をアクセントにした和のパッケージで、ふわふわやわらか、あわあわしっとり、こりこりしっとり――など風合いも分かりやすい。あわあわしっとりの「夢泡布(ゆめホープ)は、ポリエステルのループ糸を綿100%のガーゼで挟んだ肌触りのいい新商品。ごしごし洗える「鬼の洗濯板」「強者(つわもの)」は、男性のリピーターが多いという。
 使い心地がイメージしやすく、遊び心にあふれたネーミングも人気の理由だろう。(ON)
2011年07月26日(火)  10:00  / この記事のURL

浴衣の売れ行き

 節電対策が叫ばれる今、ファッション業界もノーネクタイや涼感素材など、クールビズが重要なキーワード。そういう意味では、夏らしく涼やかな装いの浴衣などは売れ行きがいいのかと思いきや、そうではないらしい。
 ある和装を手掛けるメーカーによると、むしろ今年は浴衣の売れ行きがいまひとつだという。東日本大震災に端を発し、恒例だった夏祭りなどのイベントの多くが中止になったためだ。位置づけとしてはあくまでもイベントを楽しむ一つのアイテムということか。ちなみに和装関連で言うと手ぬぐいも売れていないらしい。こちらは地震の影響で海外からの観光客が減り、おみやげ需要が減ったためだという。
 節電の中、無情な暑さが続く今日このごろ。うちわ片手に浴衣をまとい、風鈴の音で涼を感じるのも一興では?(AK)


2011年07月25日(月)  10:00  / この記事のURL