アパレルウェブ ホーム
« 2010年08月   |   Main   |  2010年10月 »

消費者参加型で追求

 ファッショントレンドは“街”(消費者)から誕生している。この傾向はファッションのカジュアル化が進む日本市場が先行する。欧米では“シブヤ”や“ハラジュク”などの街名は、ファッションテーストの一つのジャンルとしてとらえられるケースが少なくない。


 消費者の成熟化は、“お仕着せ”を嫌い“自分”を重視する傾向に拍車を掛けた。そのことはあらゆるジャンルに該当する。服だけでなく、もちろんインナー分野にもそれが及ぶ。トリンプ・インターナショナル・ジャパンが展開するショップブランド「アモスタイル」から発売(10月1日)する“究極のランジェリー”は、成熟化時代の商品提案といえる。
 そのインナーは2年前にスタートさせた消費者参加型の商品開発プロジェクトで具現化されたもの。「彼氏のハートをひとりじめする!」をテーマにアモスタイルのメルマガ会員にアンケートを実施し、レース柄や色、デザインなどを決めた。その開発商品の展開に関してはウエブ限定となる。(NN)
2010年09月30日(木)  10:00  / この記事のURL

連帯感

近所の病院が、病院の駐車場で地域住民を対象にイベントを実施していた。出し物は、大道芸人のショー、近所のダンス教室の子供たちの踊り、同じく近所の高校の吹奏楽部の演奏。屋台は病院職員の運営。手作り感たっぷりのイベントで、結構楽しめた。

それにしてもこのイベントの目的ななんだったのか。イベントの最後に、運営にあたった職員全員が舞台に上がって「ファイトー」と叫んでいたから、地域交流イベントを企画することで、職員の連帯感高揚を狙ったのかもしれない。
(IT)
2010年09月29日(水)  10:00  / この記事のURL

モリリンの森に行ってきた

 25日にモリリンが所有する岐阜県郡上市の明宝気良蕨野山林に行ってきた。50年以上前から植林事業を実施し、環境保全を続けているだけあって、整然と並ぶ木々には圧巻。空気も美味しくなんともすがすがしい気分となった。地元の森林組合の方の話によれば森林浴をすれば、その効果は1週間ぐらい続くという。

 その森林を歩いたのは記者、モリリンの森克彦社長だけでなく、若い社員の方々も参加。女性はみな、10月から量販店で販売開始となるアウトドアブランド「ヴォグヴォーレ」を着用していた。手ごろな値段ながらファッション性や機能性を追求し、若い女性でもファッションが楽しめるブランドだ。
 お昼はバーベキューで飛騨牛や「鶏ちゃん焼き」に舌鼓。鶏ちゃん焼きはB級ご当地グルメの祭典「B―1グランプリ」にも出場したが惜しくも入賞を逃した地元郷土料理だが、秘伝のたれに漬け込んだ肉のうまみと野菜があいまって、食欲を増進させる美味しさだった。自然のなかで美味しいものを頂くのはまた格別。どうもごちそうさまでした。(Y・O)
2010年09月28日(火)  10:00  / この記事のURL

高島屋の新販促

 「gokaiに来てね」――。高島屋大阪店が、マネキンに人格を持たせるという新しい販促にチャレンジしている。

その名も「ゴカイ・シスターズ」。今年3月の改装で若者向けの衣料品売り場に生まれ変わった大阪店5階にある10体のマネキンは、全員が姉妹(という設定)。年齢も、好みのファッションも性格もすべて異なり、関心を引く。10人それぞれのブログ、メルマガもありウエブを通じた発信が充実。この新販促、「お客様に楽しんでいただけている。今後はより認知度を高めていく」(同社広報)と、新しい世代の取り込みに少なからず貢献している様子。確かに単なるマネキンより親近感が沸くし、“擬似友達”とまでは行かなくてもまた会いたくなるような・・・。(E・M)
2010年09月27日(月)  10:00  / この記事のURL

新規用途

不織布は新規用途開拓で市場を伸ばしてきた。現在では様々な分野に使われており、普段は気づかないような用途も多い。今夏の猛暑で売れた用途の1つは飲むアイスクリームの容器用途。ロッテの「クーリッシュ」など袋状の容器に入っているもので、不織布をフィルムの間に挟むことで緩衝材の役目を果たし、手に持った時の冷たさを和らげる役目を果たす。冬には熱いものに対する緩衝材としても使われる。(HK)
2010年09月24日(金)  10:00  / この記事のURL