アパレルウェブ ホーム
« 2009年08月   |   Main   |  2009年10月 »

展示会

 日本エクスラン工業の展示会が9月28日から東洋紡本社で開かれている。同社では展示会前に消費者へのアンケート調査を実施。その結果を紹介しながら、消費者の要望を解決する素材開発と同社からの新技術提案を組み合わせた提案を行っていた。
 アンケート調査は30〜50代の女性を対象に実施したもので、例えば秋冬に着用するインナーでは静電気を不快と感じるという声が多かった。展示会場の入り口付近でこういったアンケート結果を目にした後、会場の中央に進めば新開発した制電素材を、デモンストレーションを交えて提案している。展示会は企業によって様々なやり方があり、商品提案だけでなく、見せ方の工夫を見るのも面白い。(K・H)
2009年09月30日(水)  01:15  / この記事のURL

メガジッパー

 展示会でオーダーした品が怒涛のように届き、おさいふが寂しい今日このごろですが、本日も素敵な商品が大阪から届きました。
 大阪発のブランド「miraco」(ミラコ)のスポーティーなポリエステルのパーカです。「ARMY」のロゴにピースフルな刺繍を施したTシャツなど、派手な色使いが特徴のブランドですが、このパーカは黒一色。一見らしくない地味な印象を受けます。
 でもね。写真のジッパーの大きさ、なんかおかしくないですか? 通常の大きさの2倍、いや3倍以上の大きさなんです。デザイナーの佐藤さんいわく「付属屋さんにデッドストックで眠っていたものを全部確保した」とのこと。ジッパーの根元には「SKO」との文字が。今まで知りませんでしたが、大阪の老舗ファスナー会社のものみたいです。
 思わずにやけてしまうくらい大きく、上げ下げする時の音とフィーリングが素晴らしすぎます。何度も繰り返すと壊れちゃいそうな危うさも秘めてますが……。
 大阪のブランドのユーモアのセンスは本当に素晴らしいです。(K・M)
2009年09月29日(火)  06:00  / この記事のURL

懐かしさと新しさ

 先日、29日発行のスクールユニフォーム特集で、三千院などで有名な京都の観光地・大原地区にある小中一貫校、「京都大原学院」を取材した。私立校のような名称だが、京都市立の学校だ。
 洛北の豊かな自然に囲まれた同校は、「昔の小学校、中学校はこんな感じだった」と思わせる、日本の原風景的なものを感じさせる「懐かしさ」に満ちていた。
 一方で、この春から併設型の一貫校として、「4・3・2制」の小中一貫教育を進めている。一貫校に生まれ変わる過程でスクールユニフォームも変わった。
 「懐かしさ」と「新しさ」が同居する現場は、取材をしていても妙に心地よい空間だった。(K.M)
2009年09月28日(月)  01:10  / この記事のURL

「Kibiso展」開く

 棚に並んだ帽子やハンカチ、ブックカバー。すべてシルクでできているが、和風ではない。これはアートディレクターの佐野研二郎氏の繊細でユーモラスなパターンをプリントした絹の製品。作ったのは、山形県鶴岡市の企業4社で構成する「kibiso」プロジェクトである。
 19日まで東京・港区のRinで開かれた「Kibiso展」にはこうした製品が100点強集められた。「Kibiso」は、山形県鶴岡市から世界に向けて発信する絹織物のブランド。本来のキビソとは蚕が吐き出す最初の糸で、繭の表皮である。
 堅くてゴワゴワするので、手機でしか織れなかったが、糸の開発が進み、新しい世界を作った。キビソはたんぱく質の一種であるセリシンを多く含み、保湿や紫外線防止などの機能も持つ。
 鶴岡は絹織物の最北端の産地だが、養蚕から製糸、織布、加工まで一貫生産体制が残り、小幅ではなく洋装の広幅織物を生産してきた。モダンな柄も、そうした産地特性と関連がある。(Y・S)
写真は佐野氏が5柄をデザイン
2009年09月25日(金)  06:00  / この記事のURL

“山口は、いい塔を持っている”

 先日、山口県の湯田温泉で山口県繊維加工協同組合のシンポジウムが開催され、パネリストとして参加してきました。ちょうど金曜日だったので、一泊して湯田温泉から山口をぶらりと散歩。
 ということで、湯田温泉では中原中也記念館に行く。立派な記念館で、いまでも中也がファンに愛されていることがよく分かる。個人的には、中也と小林秀雄の関係が興味深い。
 バスで山口市中心部に移動し、瑠璃光寺の五重塔を見る。この塔を見て“山口は、いい塔を持っている”と書いたのは司馬遼太郎。司馬は、山口県を理解するためには、江戸期の長州藩だけでなく、小京都・山口を作り上げた「大内文化」の重要性を指摘するが、まったく同感。
 前日のシンポジウムでは、文化としてのファッションにも話が及んだが、やはり文化的蓄積の無いところではファッションは栄えない。言い換えれば、地方の産地こそがファッションの震源地たりうると、改めて感じた。(M.U)
写真=瑠璃光寺の五重塔は国宝
2009年09月24日(木)  03:50  / この記事のURL