アパレルウェブ ホーム
« 2009年07月   |   Main   |  2009年09月 »

いよいよ総選挙

 8月30日はいよいよ衆議院議員総選挙だ。107年ぶりの8月の総選挙ということで、立候補者にとってかなり大変な選挙戦となっているようだが、例年に比べて冷夏という点でまだ救いがある。
 そういった選挙ではマイクや冷蔵庫、ダルマなど選挙道具を貸し出したり、売ったりするビジネスが繁盛するようだが、今回は8月でお盆をはさんでいたこともあり、思っていた以上には儲かっていないそう。
 例えばTシャツやのぼり旗などの受注をもらっても、工場が盆休みで結局、生産が間に合わないとか。選挙ビジネスもなかなか大変なようだ。
 政治の世界では大きな地殻変動が起きつつあるが、繊維業界は相変わらず地殻変動どころか消滅してしまいそうなほど厳しい環境にある。政権交代で世の中がどう変わるのか、そして繊維業界がどう変わるか、新聞としては注視しておかなくてはいけない。(Y・O)
2009年08月31日(月)  06:00  / この記事のURL

「針と糸」によるアート 一見の価値あり

 東京都庭園美術館(東京都港区白金台)で「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」と題した展覧会が開かれている。秋山さやか、伊藤存、奥村綱雄、清川あさみ、竹村京、手塚愛子、ヌイ・プロジェクト、村山留里子の8組。人物や風景、イメージを、様々な布帛と糸が彩る。9月26日まで。
 コンピュータ・グラフィックスや映像編集ソフトなど、この10年ほどでアーチストの表現手法は飛躍的に自由度を増した。しかし同展はあえて「縫う」という方法にこだわった若手の感性が、作品に生々しい質感や不思議な躍動感をもたせている。組み合わせの妙で全く新しい形を創り出す。繊維業界関係者にも一見の価値あり。(S・T)
 会期中は自由参加のワークショップや「刺繍カフェ」などのイベントも行われる。一般1000円、大学生(専修・各種専門学校含む)800円。写真は清川あさみ氏の作品「Complex-voice」
 2007年
 Photo: タケミアートフォトス
2009年08月28日(金)  04:00  / この記事のURL

しゃべる「クラレちゃん」

 26日に出席したクラレの記者懇親会で、しゃべる「クラレちゃん」をいただきました。
 「クラレちゃん」は、同社のCMキャラクターを務めるアルパカです。そう、世に「アルパカブーム」を巻き起こした、張本人です。マスコットのお腹を押すと、おなじみの可愛らしい声で「ミラバケッソ」とおしゃべりしてくれます。
 実はこのアイテム、ゲームセンターなどに設置する「UFOキャッチャー」の景品とのこと。シマシマネクタイ、赤の蝶ネクタイを着けたタイプのほか、何も着けていない3型が存在し、中でもシマシマが一番の人気なのだとか。同社の売店で1個300円で販売したところ、すでに「完売してしまった」(同社広報)そうです。
 そういえば、過去にはノベルティの「ミラバケッソお守り」がネットオークションで3000円前後の“高値”をつけていました。8月下旬からUFOキャッチャーの景品となっているこのマスコット。プレミアム価格が付くのでしょうか。(M・K)
写真=お腹を押すと「ミラバケッソ」としゃべってくれます
2009年08月27日(木)  07:09  / この記事のURL

不況に立ち向かう気迫

 先日、大阪のユニフォーム販売会社ハトヤが主催する勉強会に出席した。
 同社では夏の恒例行事で、若手社員に加えて、取引先のユニフォームアパレルや金融機関の若手社員など約50人が参加した。
 講師は同社会長の岩橋修司氏。岩橋会長は太平洋戦争後、船場で “丁稚奉公”から修行した経験を持つ。その後独立し、ハトヤとして40年以上、様々な好不況をくぐり抜けてきた。
 それだけに、体験談や稲盛塾での教えをベースにした講義には教わることも多い。何よりも70歳を超えてなお、ビジネスの最前線で、不況に立ち向かう岩橋会長の元気、気迫がお手本になる。(K・M)
2009年08月26日(水)  06:33  / この記事のURL

秋冬のジーンズ売り場は・・・?

 ジーンズの低価格化、大衆化が目立つ今秋冬、婦人ジーンズでは新しいトレンドの芽が育ちにくいのが現状。百貨店ジーンズ売り場では、ブーツインスタイルに合うようスキニーをそろえたり、春夏のトレンドに引き続きボーイフレンドを継続したり、従来より手頃な価格戦略ラインをそろえる売り場が多い。「ジーンズだけを売っていては伸びない」。
 近鉄百貨店阿倍野本店では、ジーンズにあわせるシャツやジャケットをコーディネートして提案することで、着用シーンがイメージしやすいスタイリング提案を強化。苦戦が続く市況下、8月売上高は前年比3%減に食い止めた。放っておいては売上高が伸びない時代。こうした販売を促す売り場での工夫がカギを握る。(E・M)
2009年08月25日(火)  05:00  / この記事のURL