アパレルウェブ ホーム
« 2008年01月   |   Main   |  2008年03月 »

甲州商人の心意気

 甲府に出張。NHKの大河ドラマ「風林火山」に乗じたポスターや看板が目立ち、ドラマ終了後も観光PR熱はさめやらぬ印象だ。
 この地に本社を置くユニフォーム小売業者を取材した。オンライン販売にいち早く取り組んだこと、通販王国の米国のイーコマースを意識したビジネスモデルで業界での知名度はダントツだ。しかし主戦場である山梨県の景気回復は鈍く、今月は県内トップクラスの建設業が倒産するなど市況は厳しい。
 そこで同社は現在、大手企業の支社へのアプローチを強化している。本社決済がいらない小口の案件を掘り起こし、納品後はとにかく商品を切らさない。イーコマースで培った在庫管理と対人販売のち密なフォローが評価され、支社に納入した商品が本社や他の支社でも採用されるという実績もできた。「甲州商人」のバイタリティーは健在のようだ。 (S.T)
2008年02月29日(金)  06:25  / この記事のURL

あのサイトでも服が買える!

 本屋に行って、立ち読みをするのも好きだが、最近は気になった本をネットの通販サイトで検索して、その本を買って読んだ人のレビューなどを見るのも楽しみになっている。
 本の通販サイトといえば、やはり「Amazon」。インターネットを利用し始めたときから、書店に置いていない本を買うなど活用していた。最近では本以外にパソコンソフトや日用雑貨、電化製品まで扱いはじめ、ついにアパレル製品までを販売しだした。
 服など実際、見て試着しなければ分からない、なんていう人も多いだろうが、自分もそのひとり。しかし、だんだん見ているうちに「なかなかセンスがいい服ばかり売っているなあ」と思う始末。ネットの高速回線の発達で、繊細な商品写真が見られるのも、ここ数年、インターネットでの買い物利用件数が増えている要因だろうと推測できる。
 が、それとは別にネットで服を買う理由を新たに発見した。それは本に購入者のレビューがあるのと同時に、服にも購入者のレビューが付いているのだ。店で買おうと試着すれば、必ず「お似合いですね」とか「いい感じです」などの店員の決まり文句。しかし、レビューは買った感想の本音しか書かれていない。
 もっとも、レビューが載せられている商品はまだ少なかったが、「意外に着膨れする」とか「色めがカッコ良く注目を集めた」などのレビューがあれば、それを見てから買う人も多いはず。
 そうなると、ますます店頭での衣料販売が難しくなってくるのではないだろうか。(Y.O)
2008年02月28日(木)  06:08  / この記事のURL

故郷が観光地に?!

 2月に茨城の実家に帰るのは久しぶりだった。帰省してビックリ。石材業以外は何もない(筑波山はあっても名所はつくば市側、バブル崩壊とともに石材業も韓国に押され低迷)わが故郷が、ちょっとした観光地になっていたのだ。



 城下町の古い蔵の残る街並みを生かし「蔵の街・真壁」として再生。2月〜3月3日までの1カ月間は、町中の家や店、公共施設など約170カ所にたくさんの雛人形を飾り、公開している。蔵に眠っていた江戸・明治・大正時代の由緒あるお雛さまから、ネコやウサギ、ネズミなどの変わり雛、石の町を象徴する石造りの雛飾りなど実に多彩。空き地は次々と駐車場に整備され、取り壊し寸前の家屋は1日一組・女性(夫婦)限定の趣ある旅籠に変身した。それほど人が訪れる。
 懐かしい味の“すいとん”は「うまかべすいとん」として、それぞれの食事処がバラエティー豊かな味を競い合う。母親も案内人の一人として、観光客に雛人形の見所や食事処、土産物屋など紹介して回る。
 やはりピークはひな祭りの1カ月間に集約されてしまうが、色褪せて見えていた街が彩りと活気を取り戻したようだ。これも一つの地域資源の有効活用。何より、1カ月間も自宅を開放する市民のガンバリに脱帽した。 (N.O)
2008年02月27日(水)  05:43  / この記事のURL

“砂漠化”に光のはずが…

 この写真、何だか分かりますか――。馬の尻尾ではありません。実はコレ、TVコマーシャルでもおなじみのプロピアの「頭髪用汎用型ヘアコンタクト」。頭髪に悩む男の、強い味方です。昨年末、東京繊維記者会の忘年会で頂戴しました。「これで失われた10年を取り戻せる!」と喜び勇んだのも束の間、今では “使い時”に迷っています。
 某合繊メーカーの技術も使われているというこの商品。「ご使用上の注意」によると、「部分使用向けに開発された使い切り商品」で、毛根部分に接着剤が組み込まれ、直接頭皮に装着するという。ただ、この商品は「円形タイプ」。私のように前面から“砂漠化”が進む者にとっては、ちょいとばかし使用が難しい。「頭の端に付けてさ、おでこになでつけて、髪の分け目を10対0にしてみたら?」と某社女性広報担当者の優しい?アドバイスもむなしく、私にはどうがんばってもフィットしないのです。豊富な黒髪を誇る記者会加盟の記者、ならびに各社広報担当者が、まるで私のためだけに用意してくれたような景品なのですが、頭髪問題に悩みを抱く“同志”に差し上げようかと考えています。
 ちなみに。「くちヒゲ」用と「あごヒゲ」用もいただいたのですが、ヒゲは十分すぎるほど生えているので、同僚にあげてしまいました。 (M・K)
2008年02月26日(火)  06:40  / この記事のURL

作業服専門店はサロンを目指す……

 バタイユを愛読し、朝比奈隆が振った大フィルのベートーベンとマーラーをこよなく愛する、そんなオーナーが、作業服のあれこれについて相談にのってくれるワーキングウエア専門店が大阪にある。
 外観を見ても、店内に入ってもカフェバーのような作りの不思議な作業服専門店、その名前は「Ven」という。
 学生や芸術家などの常連客が多く、オーナーの松本健一郎さんは「ユニフォームに興味のある人が集まるサロンを目指したい」と言う。
 興味のある人は「ユニフォームプラス」の最新3号で紹介しているので、ご一読を……。(K.M)
2008年02月25日(月)  06:53  / この記事のURL