アパレルウェブ ホーム
« 2007年12月   |   Main   |  2008年02月 »

ナイスガイメイキング

 2月1日にオープンする阪急百貨店メンズ館(写真)のコンセプトは“ナイスガイメイキング”。“正統派のいいオトコ”“知的ないいオトコ”“最先端のいいオトコ”をイメージし、「そんなオトコでありたい」男性の思いに品ぞろえとサービスで応える。
 注目のひとつが、「パーソナルショッピングサービス」と言われる買い物代行サービス。スーツを脱ぐ団塊世代をはじめ、何を着たらいいのか迷う男性に、サイズや好み、タンス在庫やどんなシーンに着て行くかなどを専門スタッフが事前にカウンセリングし、適切に商品をピックアップするもの。既存顧客の潜在需要掘り起こしとして、阪急も力を入れている。
 このほか、年間買い上げ額や売り場との密接度から選ばれた上顧客だけが利用できるメンバーズサロン、セレクト型本屋とカフェが一体化したブックカフェなど目新しい仕掛けが。関西にナイスガイが増える日も近い・・・?(E.M)
2008年01月31日(木)  06:30  / この記事のURL

EUダウンの古着に夢中

 今秋冬はダウンブームの最終年と言われ、店頭では「モンクレール」を筆頭に多くのブランドが並んでいたが、実売的にはいまいちだったようだ。昨冬は予約で完売してしまっていたモンクレールの人気モデル「K2」がセールに出る始末で、各ショップは嵩張る在庫に頭を抱えているに違いない。
 そんな世の中の流れに反して、自分的には今年はダウンの当たり年だった。買いも買ったり買ったダウンは何と7着! 内訳は、80年代のフランス製のモンクレール3着、フランスの「ANORALP」(アノラルプ)1着、スイスの「ROGER EGGER」(ロジャー エガー)2着、リフリッジウエア1着(中身は化繊)で、リフリッジ以外は古着である。
 どれも気に入っているのだが、とくにメロメロなのが写真のアノラルプ。既に消滅してしまったフランスのブランドで、80年代当時はモンクレールより高機能かつ高価で、ポパイ少年の憧れの存在だったという。
 日本におけるEUブランドの古着ダウン市場は、非常に数が少ないうえにコアなマニアがいるジャンルなので、たまにヤフオクなどに出てきても、良いモノだと5万円を超えてしまうことがある。しかし、赤のシャイニーナイロンに紺のリブと肩部のナイロンの組み合わせがおふらんすなこいつは、なんと5200円! しかもほぼデッドストック状態というオマケ付だ。
 EUダウンは、都内の古着屋は例外なく高いので、狙い目は町田や川越といった郊外の古着屋。とくに一見ダサそうな国内仕入れの古着屋にお宝が眠ったりしている。
 こうした消滅してしまったEUブランドの資料は極端に貧しく、今一番ビンテージを紹介している媒体「FREE&EASY」でもほとんど取り上げられることがない。そのぶん自分で調べるしかないので、見たことのないモノに出会うたびに大きな喜びと感動がある。16の時から続けている古着屋通いだが、通う頻度がとみに増えている今日この頃。(K.M)
2008年01月30日(水)  07:13  / この記事のURL

大原孫三郎のこと

 日本繊維産業はその黎明期から多くの偉大な人材を輩出してきたけれども、単なる経済人の枠を越えて、近代日本社会思想史にその名を刻むのが、クラボウの2代目社長・大原孫三郎である。近代日本を代表する資本家でありながら、社会事業家の石井十次を支援し、洋画家・児島虎次郎のパトロンとして名画の収集と公開事業を行うなど、そのユニークさは群を抜く。
その大原孫三郎の社会貢献活動を紹介したクラボウの広告「やる可し、大いにやる可し」シリーズの冊子版(写真)が、このほど完成した。大原美術館、倉敷中央病院、労働科学研究所、大原奨農会、石井記念愛染園などが紹介されている。
 これに加えて記者は、大原孫三郎の功績として大原社会問題研究所(大原社研)の設立を特筆したい。日本における社会政策学の始祖・高野岩三郎を所長に1919年に設立された大原社研は、櫛田民蔵、大内兵衛などの研究者を擁し、日本における非共産党系マルクス主義経済学(いわゆる労農派)の牙城として、戦前の厳しい取り締まりのなか社会科学研究の灯を守り抜いた。
 のちに東京大学教授として、やはり非共産党系マルクス主義経済学である宇野学派を率いることになる宇野弘蔵も、若き日に大原社研で研鑽を積んだ。その意味での大原社研、そして大原孫三郎の功績は、近代日本社会思想史・経済史に名を刻むといえよう。大原社研はその後、法政大学に移管され、法政大学大原社会問題研究所として現在も日本の労働問題研究の総本山となっている。(U.M)
2008年01月29日(火)  06:07  / この記事のURL

プロのスポーツを家族で学ぶ

 子供たちに“体を動かす楽しさ”を体験してもらい、スポーツに親しんでもらう――。恒例のデサント「すこやかキッズスポーツ塾」が1月12日、大阪・舞洲スポーツセンターで開催された。今年の特徴は親子参加型。小学生や保護者513人が参加し、子供たちはもちろん、保護者も同じ種目に挑戦して楽しんだ。
 今回塾長を務めたのは、野球が元読売巨人軍投手、ヘッドコーチの鹿取義隆さん、サッカーがガンバ大阪ジュニアユースコーチの梅津博徳さん、ガンバ大阪ジュニアコーチの塩谷良介さん、バレーボールは元全日本バレーボール選手の山内美加さん、体操はアトランタ五輪体操日本代表の田中光さん。
 スポーツでよく使う英会話教室や、保護者対象のメタボリック診断コーナーも開設。塾長は技術やマナーを丁寧に指導し、プロならではのパフォーマンスも披露するなど、笑いを交えた教室になった。(M.E )

2008年01月28日(月)  11:27  / この記事のURL

縫製工場が消えた

 大阪府南部、泉州の熊取町役場は昨年夏、制菌加工キントーレ生地を使ったワイシャツを制服とした。地場産業のタオル業界が開発した素材だったので、産地振興のために採用した。生産したじばしんに、役場は今年も注文した。ところが、昨年、縫製を委託した業者がやめてしまっていた。四国、九州など代替業者を探したが、適当な業者は見つからなかった。かくて、今夏は昔の制服に戻ることに。産業を守るための地場産業振興も、産業空洞化で頓挫することとなった。(H.S)
2008年01月25日(金)  05:52  / この記事のURL