アパレルウェブ ホーム
« 2007年10月   |   Main   |  2007年12月 »

師走に似合うシブイ黒

 カラスルック引きずる日本人――。ファションカラーとしての「黒」がシブイ。20年ほど前の1980年代半ば、日本の街を行き来する若者のファッションの共通色は東西とも、黒一色だった。いわゆるデザイナー&キャラクター(DC)ブランドの黄金期である。
 仕掛けたのはこの黒を基調にしたコレクションを世に送り出したカリスマデザイナー、山本耀司と川久保玲の両氏。
 当時、参加したパリコレクションでは世界中から集まる辛口のバイヤーやマスコミを黙らせた。その後もコレクションの度に誰よりも多くのフラッシュを浴びた。デニムと同じ大きく変化することのない“素材”としての黒色は、冠婚葬祭に欠かせないが、一方で決める際のファッションの指色に欠かせない。
 ただ、黒が認知されるまでは苦難の道も。「不況の色」とか「喪に服す色」と敬遠もされた。しかし「そんなの関係ねぇ」(両氏の考えとは無関係です)とばかりに、奥深い黒のシブサを引き出した両氏はマジシャンのようなデザイナーでもある。
 世相は、グリコ・森永事件(84年)、海外ではチェルノブイリ原発事故(86年)、東西ドイツ統一(89年)、ソ連崩壊(91年)と続く暗〜い時期。明るい話題は俵万智の「サラダ記念日」「ちびまる子ちゃん」。瞬間的だが感傷に浸ったり、なごんだ。
 11月も終わり、明日から師走(しわす)。師走は陰暦十二月の異名で、年の極(きわ)まる月の意から極月(ごくげつ)とも言う。シブイ黒が似合う月でもある。(M・S)
2007年11月30日(金)  06:20  / この記事のURL

オイルドコットンの魅力

 僕は昔の機能素材に目がない。ゴム引き、オイルドコットン、60/40(ロクヨンクロス)……。雨風を防ぐために開発されたこれらの素材は、現代には不便な点も多々あるが、何とも抗しがたい清廉とした魅力がある。
 なかでも大好きなのが、英ミラレーン社のオイルドコットン。分厚い綿織物にオイルを塗りこんで防水性、防風性を持たせたもので、英国では伝統的なレインコートとして、あるいは社会的な地位をあらわすアイテムとして揺るぎないポジションを確立している。
 代表的なのが100年以上の歴史のあるバーブァーの製品で、日本にも多くのファンがいる。自分も19の時に買って以来愛用しているが、ここ数年凝っているのが古着である。
 最近ではクリーニング技術が発達してクリーニングも可能になったようだが、オイルドコットン素材は基本的に洗えない。つまり30年前の古着はその間の垢が蓄積しているということで、その汚れ具合と匂いは半端じゃない。ハンティングに使う人が多いこともあり、ゲームポケットは獲物の染みだらけなんてこともある。
 そのまま着るには電車&会社で冷たい視線を浴びるので、ファブリーズやら色々試してみたのだが、抜本的な解決には至らない。で、捨てる覚悟で挑戦してみたのが丸洗い。やや縦方向に縮み、ファスナーが波を打つが、匂いと汚れとは完全におさらばできる。
 クラシックなバーブァーの古着もいいが、もちろんドメスティックブランドのモダンな商品も大好物。写真は、表地にミラレーン社のオイルドコットン、インナーに東レの機能素材「アグレブ」を使い、モダンなドライビングジャケットに仕立てた「トキト360」。新旧の機能素材が融合したハイブリッドな逸品だ。(K.M)
2007年11月29日(木)  06:30  / この記事のURL

少々高くても…

 「少々高くても良いものを買うとお得」。料理も家事もほとんどやることがないから、フライパンや鍋なんて消耗品。「安物で良い」と思ってホームセンターやスーパーで低価格のものを買っていた。何も知らずに。
 たまに洗い物を手伝うと、そんな低価格の鍋は焦げ付き、スポンジタワシでごしごし洗ってもなかなか取れない。洗剤も水もたくさん使う。もちろん、毎日、家事をする主婦の皆さんの手が荒れるのもよく分かるというものだ。
 それが、たまたま売り出していた仏製の不織布フライパン・鍋セットに買い替えてみた。すると焦げ付かない。洗うのも簡単。結局、手間暇を考えると安物を買って、何度も買い替えるよりはよほど良い。しかも、それほど高くもない。これはお買い得。繊維製品も同じだと思うのだが…。(T.N)
2007年11月28日(水)  06:32  / この記事のURL

ファッション雑貨強化へ

 アパレルの来春夏展示会が最終段階を迎えている。婦人服は軽く、光沢感を打ち出すものが多い。そうした中でファッション雑貨を拡充するアパレルが増えているのも特徴だ。
 婦人服のスペッチオは、「スペッチオ」ブランドのフィルターを通したバッグ&小物の新しいラインを「スペッチオ バッグ」(写真)として打ち出した。スパンコールなど光物が同ブランドの特徴のひとつでもあるが、後ろに飾ってあるパンツと同じテーストでバッグもかなり光沢感がある。
 こうしたファッション雑貨は他のアパレルでも強化しており、レナウンでも雑貨を倍増するブランドが多い。背景にはトータルコーディネート、ライフスタイル提案があるが、最近の消費者が服だけでは満足しないこともあるだろう。大型のショップは雑貨を置くスペースがある。しかし、30平方メートルを切る狭い売り場は什器の工夫で対応しようとしている。(Y.S)
2007年11月27日(火)  06:02  / この記事のURL

セーラー服の元祖・その後

 「マスコミの問い合わせは数百件に達しましたよ」と苦笑いを浮かべるのは学生服アパレルのトンボ。先日のブログで紹介した「セーラー服の元祖は?」という記事。同社が調査結果を発表してから、新聞やテレビ、雑誌などから問い合わせが殺到し、その対応に追われたという。
 それでも、「学校が『「いい宣伝になりました』と喜んでくれたのが幸い」と胸をなでおろす。確かに、同社に最古のセーラー服と認定された平安女学院(京都市)は学校説明会で、当時の制服を復元して紹介するなど、反響は広がりを見せている。
 ちなみに「両校の現在の制服を納めているメーカーは」と聞くと、「偶然ですが、どちらも当社です」。
2007年11月26日(月)  06:35  / この記事のURL