アパレルウェブ ホーム
« 2018年10月16日   |   Main   |  2018年10月18日 »

経年変化楽しむデニムのランドセル

 【中国・四国支社】ジーンズ洗い加工の山陽ハイクリーナー(岡山県浅口市)は、老舗ランドセルメーカーの村瀬鞄行(名古屋市中村区)と共同でデニムのランドセルを開発した。4年前からデニムのランドセルを構想していたが、デニムは色落ちするなどで「ランドセルにするには難しいと何社も断られ続けた」(赤木哲朗社長)と言う。2年前に村瀬鞄行が企画に賛同し、商品化することができた。
 生地はカイハラ(広島県福山市)に特注した14・5オンスのセルビッヂデニムで、原料に茶綿を使用。限界まで経糸を緩めて織ることで、独特ながらも味わい深い表面感を出した。村瀬鞄行の野口勝司取締役は「裁断面が革と違ってほつれ、生地も厚く加工がしにくかった。切れ目を隠すなど苦戦したが、デニムは今のファッションにマッチした良い素材だと思う」と述べる。
 ランドセルの側面にはセルビッヂデニム特有の赤耳を配置。大マチ部分にはアタリが出やすいように膨らみを出すなど随所に工夫が。アンティーク調の金具を使い、高級感を出すとともに、側面や冠に反射材を付け安全性にも配慮した。
 重さは約1・45`で、価格は12万円。自社ブランド「アライヤン」と「村瀬鞄行」のダブルネームとして、東京と浅口にある直営店「イッツアビューティフルデイ」で初回限定20個を発売する。好評であれば来年以降も販売量を増やし販路を広げる予定で、赤木社長は「買い手も作り手も経年変化の楽しみを共有できれば」と語った。
 自分の子供が娘でなく、息子であったら買っていたかもしれない?(佑)
2018年10月17日(水)  10:00  / この記事のURL